「空の穴」 トップページスタッフ/キャスト空の穴ニュース予告編/サントラ
   
 
空の穴
 
トークライブ
2001/08/07 熊切VS奥原
2001/08/17 熊切VS柴田
2001/09/29 初日舞台挨拶
2001/11/03 熊切VS沙藤
2001/11/19 寺島VSアナム&マキ
2001/11/21 熊切VS菊地
トークライブ Vol.2
俳優・寺島進 VS ミュージシャン・アナム&マキ
2001/11/19

トーク風景寺島進トーク風景
この日のトークを盛り上げてくれたのは、「空の穴」主演の寺島進氏と、ミュージシャン・アナム&マキのおふたり。月曜日の18:30という時間にも関わらず、たくさんのお客様がユーロスペースに集まってくれました。年齢もジャンルも全く違い、一見何の接点もないように思われますが、実はアナム&マキの「確認」という曲のPV(プロモーションビデオ)に寺島氏が出演していて、それ以来お互いのライブや試写会に招待したりという交流が始まったのだそう。まずはそのPVをスクリーンで上映することからトークは始まりました。

マキ:このPVは、ある意味「カオ大会」でして・・・。みんなの顔が濃いですねー。

アナム:かなり恥ずかしいですね。

寺島:「空の穴」の撮影の橋本君がこのPVのスタッフで、声をかけてもらったんでCD聞いてみたら、実はその時は(ふたりのことを)知らなかったんだけど、「いいじゃん」と思って、それで出ることにしたんです。

マキ:寺島さんに出ていただけるなんて、緊張しました。

アナム:最初はすごいコワかったんですよ。でもお話してるうちに、気さくな方だなぁと。

−「空の穴」について−

マキ:正直、すごいリアルな話というか・・・、うまくいかない恋愛について「隠したい部分」ってあるじゃないですか。それがすごい出てましたね。女の人の切り替えの早いとことか遠慮なく描かれてて、「イタイ」って思ったり、「自分も気をつけよう」って思ったりしました。

アナム:女性として、市夫は「イヤッ!」と思いましたね。特に修羅場のシーンなんか。でも松田美由紀さんが「市夫は寺島進そのまんま」って言ってたじゃないですか。そうなんですか?

寺島:まぁ、ああいう一面もあるんじゃない? 世にいる男の人はみんなああいうとこあると思うよ。年取るとみんな隠したがるけどさ。

アナム:(劇中のシーンを真似して)「妙ちゃんホントにごめん、ごめん。許してよ」

マキ:「イッちゃんやめてー」

アナム:・・・っていうシーンがすごい印象的で。どうなるんだろう?ってハラハラしました。

マキ:観た後ふたりで「こんなんあったよなー」とか、すごい語ってました。自分の恋愛と重なるところがあって落ち込んでしまったり。「楽しかった」だけでは終われない、何か感じずにはいられない映画ですね。

寺島:それは作戦成功だね。そういう映画にしたかったから。

自分たちも曲を作る時に「リアルさ」を求めるほうだというアナム&マキのおふたり。「空の穴」のリアルなストーリーや演出には共感を覚えるところが多かったようです。話が「恋愛論」に及ぶにつれて関西人のふたりに押され気味の寺島氏でしたが、言葉を選びながら照れくさそうに話す姿が印象的でした。

トークの後に行われた3人のサイン会も大盛況で、サインを求めるファンの長い列ができていました。
アナム&マキグッズも販売サイン会風景
 
| トップ | スタッフ/キャスト | 空の穴ニュース | 予告篇/サントラ | GO PFF |
 
「空の穴」