PFFの歴史 History

1970年代

1977

「第1回ぴあ展〈映像部門〉」(東映大泉撮影所)にて自主映画をオールナイト上映。大森一樹&長谷川和彦監督。

1978

「第2回自主製作映画展 OFF THEATER FILM FESTIVAL1978」3会場同時オールナイトで自主映画を上映。森田芳光、長崎俊一、石井聰亙監督らが入選。

1979

「OFF THEATER FILM FESTIVAL '79」 4映画館で同時開催。自主映画の公募作品をぴあ編集部選考から、大島 渚監督らプロがセレクションする方向に改革。高校性の犬童一心、手塚 眞監督らが入選。

1980年代

1981

名称を「ぴあフィルムフェスティバル」と改め、池袋文芸坐で開催。「一般公募部門」「海外招待部門」「特別企画」の3本柱の多彩な映画祭に。黒沢 清、松岡錠司、緒方 明、利重 剛監督らが入選。

1982

世界的巨匠のレトロスペクティブ第1弾「フランソワ・トリュフォー全集」を実施。日本初上映作や監督来日で沸きかえる。この年から公募作品選考に寺山修司氏参加。

1983

審査員が登壇しての公開審査が行われる。海外招待部門で上映した『ピンク・フロイド/ザ・ウォール』『危険な年』が公開嘆願運動を巻き起こす。

1984

高校生の風間志織監督で「PFFスカラシップ」スタート。ホウ・シャオシェン監督日本初紹介(写真は後年のもの)。怒涛の「ルイス・ブニュエル全集」実施。塩田明彦監督入選。

1985

名匠マキノ雅裕監督回顧展。一般公募部門応募数760作品。14作品入選となる。諏訪敦彦監督入選。

1986

「特別企画」でNYインディペンデント特集。ジム・ジャームッシュ、スパイク・リー、ジョン・ウォーターズ監督らが来日。公募部門に橋口亮輔、成島 出、園 子温、平野勝之監督らが入選。

1987

ケン・ラッセル監督レトロスペクティブとイギリス映画大特集。フィリピンの新鋭、レイモンド・レッド監督特集。

1988

「一般公募部門」を「PFFアワード」と改称し、コンペティションに変わる。初のグランプリは塚本晋也監督『電柱小僧の冒険』8mm。

1989

グランプリに橋口亮輔監督『夕辺の秘密』他。篠原哲雄監督入選。NYU卒業制作作品を特集。

1990年代

1990

ヨーロッパ、アジア、北米の短編30本を特集。グランプリは矢口史靖監督の『雨女』8mm。審査員特別賞の天願大介監督は翌年劇場映画デビュー。

1991

「PFFアワード」がビデオ作品の応募受付を開始。賞金やスカラシップ制度の改革も。小松隆志監督『はいすくーる仁義』プレミア上映。大谷健太郎監督入選。

1992

東宝60周年とPFF15周年記念で東宝(株)と共催開始。シャンテシネで開催。PFFスカラシップ『二十才の微熱』、『裸足のピクニック』完成披露。グランプリは古厩智之監督『灼熱のドッジボール』16mm。

1993

中村義洋、奥原浩志監督ら8mm作品で入選。河瀨直美監督の初フィクション作品『白い月』16mmを招待上映。

1994

グランプリは佐藤信介監督『寮内厳粛』16mm作品。熊澤尚人、杉浦昭嘉、豊島圭介監督入選。東宝(株)とYESレーベルを設立し、第1弾として『渚のシンドバッド』(橋口亮輔監督)を製作。

1995

邦画最新話題作16本を上映。グランプリに初の女性、初のビデオ作品の大月奈都子監督『さようなら映画』。YESレーベル第2弾『ひみつの花園』(矢口史靖監督)を製作。

1996

応募総数690作品11作品入選。招待作品ではフランス映画に注目し、アルノー・デプレシャン監督来日ほか5名の若手監督を紹介。

1997

20周年記念で世界の巨匠のデビュー短編を特集。グランプリ作品『シンク』(村松正浩監督)と準グランプリ作品『鬼畜大宴会』(熊切和嘉監督)が劇場公開されヒット。古澤健監督入選。

1999

「PFFパートナーズ」による共同主催の運営となる。応募総数914本、入選16作品。『一瞬の夢』上映でジャ・ジャンクー監督来日。

2000年代

2000

中国語圏のインディペンデント映画を特集。PFFアワードで『青~chong~』(李 相日監督)がグランプリほか3賞を受賞、翌年劇場公開される。

2001

ミヒャエル・ハネケ監督アジア初のレトロスペクティブが実現。「キング・オブ・カルト石井輝男」特集。PFFアワードグランプリ『モル』タナダユキ、『犬猫』井口奈美、『自転車とハイヒール』深川栄洋監督が劇場公開に。荻上直子監督入選。

2002

日本独自の文化ピンク映画の特集「PINK 2002」実施。応募作品の大半がビデオでの制作となる。内田けんじ、村田朋泰監督入選。

2003

PFF25周年。三池崇史監督『極道恐怖大劇場 牛頭〈ごず〉』韓国映画アカデミー卒業製作やテレビからの新作家を紹介。グランプリ上田大樹、準グランプリ木下雄介、三浦大輔監督ら。

2004

髙橋 泉&廣末哲万監督によるユニット「群青いろ」の『ある朝スウプは』『さよならさようなら』が衝撃を与え、劇場公開へ。PFFと重ねて「テオ・アンゲロプロス映画祭」を行う。

2005

人形アニメーションの巨匠・川本喜八郎監督『死者の書』をワールドプレミア。PFFアワード応募作品が786本となりセレクション方法更新を続ける。

2006

熊谷まどか『はっこう』グランプリ。報道に“女性監督”という言葉消え始める。準グランプリ市井昌秀『隼』が海外でも人気に。

2007

前年逝去したロバート・アルトマン監督を特集。映画祭終了後もユーロスペースにて上映企画を続ける。PFFアワードグランプリは石井裕也監督『剥き出しにっぽん』

2008

PFF30回を記念してダグラス・サークとミロス・フォアマンを特集上映。グランプリは市井昌秀監督『無防備』。岨手由貴子、内田伸輝、松野 泉、吉田光希監督らが入選。

2009

日本唯一の国立映画機関である、東京国立近代美術館フィルムセンターとの共催が実現し、同機関の大ホールで初めて自主映画が上映される。招待作品ではイーストウッドと大島渚に注目。

2010年代

2010

「こわくない!はじめての若松体験」と題して、ソフト化されていない作品を中心とした若松監督の特集。PFFアワードでは片岡 翔、廣原 暁、奥田庸介監督らが入選。

2011

白黒映画を特集上映。タル・ベーラの代表作『サタンタンゴ』438分も。映画のコツプログラムでは長谷川和彦監督が岩井俊二監督、河瀨直美監督それぞれと対談する企画を。

2012

映画の「画」の力に注目しマイケル・パウエルの特集。森田芳光監督の追悼企画。グランプリ『くじらのまち』鶴岡慧子監督、海外での人気も高く日本のみならず台湾でも劇場公開へ。

2013

35回の節目となり「手仕事としての映画」を再考察。特別講座「今、改めて特撮」や、レイ・ハリーハウゼンの特集も。審査員特別賞『山守クリップ工場の辺り』が海外でも人気に。

2014

常に新しい映画体験を与えてくれる羽仁 進監督を特集。「素晴らしい特撮の世界」では黒沢 清監督も登壇。審査員特別賞の渡辺大知監督『モーターズ』、日本映画ペンクラブ賞の我妻和樹監督『波伝谷に生きる人びと』公開へ。

2015

アメリカの偉才=異才、サミュエル・フラー監督を特集。グランプリ『あるみち』がベルリン国際映画祭に招待され、杉本大地監督ベルリン参加最年少長編監督に。

2016

ベルリン+香港+PFFの3映画祭共同企画「8mmマッドネス」11作品を2Kデジタル変換世界巡回上映。準グランプリ作品の岩切一空監督『花に嵐』が話題に。

2017

鈴木卓爾&矢口史靖監督に若手監督7名が挑む「ワンピース・チャレンジ!」が大人気。グランプリ『わたしたちの家』と観客賞『あみこ』が2作品同時にベルリン国際映画祭から招待。

2018

節目の40回目の開催では、生誕100年を迎えた名匠、ロバート・アルドリッチ監督を特集。10作品を上映し大盛況。さらに、名カメラマン・たむらまさきの追悼企画も。