1. ホーム
  2. PFFアワード

PFFアワード

ぴあフィルムフェスティバル開催当初より続く
世界でも珍しい自主製作映画のコンペティション

1977年に開催した「第1回ぴあ展」の一企画「'77自主製作映画展」として発足。一般公募で集まった自主製作映画を選定・上映する、「PFF(ぴあフィルムフェスティバル)」の自主製作映画部門です。1988年より「PFFアワード」と呼称し、コンペティションとして新たな展開を始め、今日まで新しい才能を発見し、紹介し続けています。

これまでに「PFFアワード」で紹介した多くの監督たちがプロの映画監督として第一線でご活躍され、新しい才能が集う場所として広く認知されるようになりました。

現在の審査方法と上映までのフロー

応募締切
毎年、募集期間は2ヶ月間。締切を過ぎると、すぐに1次審査が始まります。
1次審査
応募された全作品を、1作品につき、最低3人以上で審査します。
必ず最初から最後まで1分1秒もらさず観るのをルールに鑑賞し、鑑賞した3人の審査員の話し合いにより、1次審査通過作品を決定します。
2次審査
1次審査通過作品を、全審査員で鑑賞。
多数決ではなく、全審査員の討論により2次審査通過作品(入選作品)を選定し、PFFディレクターが決定します。
最終審査
全入選作品を対象に、グランプリ、準グランプリ、審査員特別賞を最終審査員が審査。
PFFパートナーズ各賞は、PFFパートナーズ各社で決定します。
映画祭にて上映
入選を果たした作品は、映画祭にて上映。多くの映画ファンにお披露目いたします。
そして、映画祭の最終日に、グランプリ等各賞を発表となります。
受賞作品決定後…
受賞作品決定後は、引き続き名古屋、京都、福岡等で開催する映画祭での上映があります。
その後、劇場公開や海外映画祭出品、DVD発売等へと広がる可能性もあります。

これまでの主な入選監督たち

監督名 入選年 主な監督作など
監督名 入選年 主な監督作など
小林 仁 1977年 『五日市物語』
長尾直樹 1977年 『東京の休日』『鉄塔武蔵野線』『さゞなみ』『アルゼンチンババア』『吉田類の「今宵、ほろ酔い酒場で」』
石井聰亙
(石井岳龍)
1978年 『高校大パニック』『狂い咲きサンダーロード』『爆裂都市 BURST CITY』『逆噴射家族』『エンジェル・ダスト』『水の中の八月』『ユメノ銀河』『五条霊戦記』『鏡心』『生きてるものはいないのか』『シャニダールの花』『ソレダケ that's it』『蜜のあわれ』
長崎俊一 1978年 『九月の冗談クラブバンド』『闇打つ心臓』『ロックよ、静かに流れよ』『死国』『8月のクリスマス』『西の魔女が死んだ』『少女たちの羅針盤』『唇はどこ?』
森田芳光 1978年 『の・ようなもの』『家族ゲーム』『メイン・テーマ』『(ハル)』『失楽園』『黒い家』『39 刑法第三十九条』『模倣犯』『間宮兄弟』『サウスバウンド』『椿三十郎』『わたし出すわ』『武士の家計簿』『僕達急行 A列車で行こう』
犬童一心 1979年 『ジョゼと虎と魚たち』『タッチ』『メゾン・ド・ヒミコ』『黄色い涙』『眉山』『グーグーだって猫である』『ゼロの焦点』『のぼうの城』『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』
今関あきよし 1979年 『アイコ十六歳』『グリーン・レクイエム』『十六歳のマリンブルー』『ツルモク独身寮』『すももももも』『タイム・リープ』『ルーズ・ソックス』『モーニング刑事。抱いてHOLD ON ME!』『十七歳』『カリーナの林檎~チェルノブイリの森~』『クレヴァニ、愛のトンネル』『ライカ』
手塚 眞 1979年
1981年
『白痴』『ブラックキス』『ブラック・ジャック ふたりの黒い医者』『東京シャッターガール』『星くず兄弟の新たな伝説』
松井良彦 1979年 『追悼のざわめき』『どこにいくの?』
山川直人 1979年
1984年
『ビリィ・ザ・キッドの新しい夜明け』『SO WHAT』『時の香り/リメンバー・ミー』
山田勇男 1979年 『アンモナイトのささやきを聞いた』『つげ義春の蒸発旅日記』『シュトルム・ウント・ドランクッ』
飯田譲治 1981年 『NIGHT HEAD』『らせん』『アナザヘヴン』『ドラゴンヘッド』
緒方 明 1981年 『独立少年合唱団』『いつか読書する日』『のんちゃんのり弁』『死刑台のエレベーター』『友だちと歩こう』
黒沢 清 1981年 『神田川淫乱戦争』『ドレミファ娘の血は騒ぐ』『スウィートホーム』『ニンゲン合格』『カリスマ』『回路』『ドッペルゲンガー』『アカルイミライ』『叫』『トウキョウソナタ』『リアル 完全なる首長竜の日』『Seventh Code』『岸辺の旅』『クリーピー 偽りの隣人』『ダゲレオタイプの女』『散歩する侵略者』
松岡錠司 1981年
1984年
『バタアシ金魚』『きらきらひかる』『トイレの花子さん』『私たちが好きだったこと』『ベル・エポック』『アカシアの道』『さよなら、クロ』『歓喜の歌』『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』『深夜食堂』『続・深夜食堂』
笹平 剛
(利重 剛)
1981年 『ZAZIE』『BeRLiN』『クロエ』『さよならドビュッシー』
島田 元 1982年 『LOCO DD 日本全国どこでもアイドル』
関 顕嗣 1982年 『ハードライフ~紫の青春・恋と喧嘩と特攻服』
中島哲也 1982年 『夏時間の大人たち HAPPY-GO-LUCKY』『Beautiful Sunday』『下妻物語』『嫌われ松子の一生』『パコと魔法の絵本』『告白』『渇き。』
木村 淳 1983年 『あいつ』
佐野和宏 1983年 『変態テレフォンONANIE』『熟女のはらわた 真紅の裂け目』ほか、ピンク映画を多数監督
『バット・オンリー・ラヴ』
中西健二 1983年 『青い鳥』『花のあと』『星に願いを ―償い―』『恋する歯車』『二度めの夏、二度と会えない君』
葉山陽一郎 1983年 『サル』『死霊波』『君はまだ、無名だった。』『モルモット』『THE OSHIMA GANG』『ムンクの叫び』『情事』『瞳をとじて』
樋口尚文 1983年 『インターミッション』
山崎幹夫 1983年
1984年
『PU プ』
風間志織 1984年 『冬の河童』『火星のカノン』『せかいのおわり』『チョコリエッタ』
塩田明彦 1984年 『月光の囁き』『黄泉がえり』『害虫』『カナリア』『この胸いっぱいの愛を』『どろろ』『抱きしめたい-真実の物語-』『風に濡れた女』
クマガイコウキ 1985年 『ぼのぼの クモモの木のこと』
黒坂圭太 1985年 『緑子 MIDORI-KO』
斎藤久志 1985年 『フレンチドレッシング』『sundaydrive』『いたいふたり』 『なにもこわいことはない』
七里 圭 1985年 『眠り姫』『あなたはわたしじゃない』
諏訪敦彦 1985年 『2/デュオ』『M/OTHER』『H story』『不完全なふたり』『パリ、ジュテーム』『ユキとニナ』『ライオンは今夜死ぬ』
常本拓招 1985年 『制服本番 おしえて!』『変態ピアノ教師・月光の戯れ』ほか、ピンク映画を多数監督。『蒼白者 A Pale Woman』
平野勝之 1985年
1986年
1987年
『由美香』『流れ者図鑑』『白/THE WHITE』『監督失格』『青春100キロ』
小松隆志 1986年 『はいすくーる仁義』『仮面学園』『ワイルド・フラワーズ』『奇談』『幸福な食卓』
園 子温 1986年
1987年
『部屋 THE ROOM』『桂子ですけど』『うつしみ』『HAZARD』『自殺サークル』『紀子の食卓』『Strange Circus 奇妙なサーカス』『夢の中へ』『気球クラブ、その後』『エクステ』『愛のむきだし』『ちゃんと伝える』『冷たい熱帯魚』『恋の罪』『ヒミズ』『希望の国』『地獄でなぜ悪い』『TOKYO TRIBE』『新宿スワン』『ラブ&ピース』『リアル鬼ごっこ』『映画 みんな!エスパーだよ!』『ひそひそ星』『新宿スワンII』『アンチポルノ』
成島 出 1986年 『油断大敵』『フライ,ダディ,フライ』『ミッドナイト イーグル』『ラブファイト』『孤高のメス』『八日目の蝉』『聯合艦隊司令長官 山本五十六』『草原の椅子』『ふしぎな岬の物語』『ソロモンの偽証 前篇・事件』『ソロモンの偽証 後篇・裁判』『ちょっと今から仕事やめてくる』
橋口亮輔 1986年
1989年
『二十才の微熱』『渚のシンドバッド』 『ハッシュ!』『ぐるりのこと。』『ゼンタイ』『恋人たち』
原田 浩 1986年 『地下幻燈劇画・少女椿』(作画監督)
吉雄孝紀 1986年 『食器を洗う男』『へのじぐち』
藤田秀幸
(藤田容介)
1987年 『グループ魂のでんきまむし』『全然大丈夫』『福福荘の福ちゃん』
秋山貴彦 1988年 『ヒノキオ』『BLACK NIGHT』
大谷健太郎 1988年
1991年
『アベックモンマリ』『とらばいゆ』『約三十の嘘』『NANA』『NANA2』『ラフ』『ジーン・ワルツ』『ランウェイ☆ビート』『八月のラヴソング』『LOVE まさお君が行く!』『黒執事』『がじまる食堂の恋』
大嶋 拓 1988年 『カナカナ』『火星のわが家』『凍える鏡』『影たちの祭り』『鎌倉アカデミア 青の時代』
鈴木卓爾 1988年 『パルコフィクション』『コワイ女』『私は猫ストーカー』『ゲゲゲの女房』『楽隊のうさぎ』『ジョギング渡り鳥』
塚本晋也 1988年 『鉄男』『妖怪ハンター ヒルコ』『BULLET BALLET』『双生児』『六月の蛇』『ヴィタール』『悪夢探偵』『鉄男 THE BULLET MAN』『KOTOKO』『野火』
小池 隆 1989年 『大いなる学生』
篠原哲雄 1989年 『月とキャベツ』『洗濯機は俺にまかせろ』『はつ恋』『死者の学園祭』『木曜組曲』『深呼吸の必要』『欲望』『地下鉄(メトロ)に乗って』『山桜』『真夏のオリオン』『つむじ風食堂の夜』『恋の正しい方法は本にも設計図にも載っていない』『小川の辺』『種まく旅人 くにうみの郷』『起終点駅 ターミナル』『スイートハート・チョコレート』『花戦さ』『プリンシパル 恋する私はヒロインですか?』
谷口正晃 1989年 『時をかける少女』『スノーフレーク』『乱反射』『シグナル 月曜日のルカ』『父のこころ』
天願大介 1990年 『アイ・ラブ・ニッポン』 『AIKI』『暗いところで待ち合わせ』『世界で一番美しい夜』『デンデラ』
矢口史靖 1990年 『アドレナリン・ドライブ』『ひみつの花園』『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』『ロボジー』『WOOD JOB! 神去なあなあ日常』『サバイバルファミリー』
古厩智之 1992年 『まぶだち』『ロボコン』『さよならみどりちゃん』『奈緒子』『ホームレス中学生』『武士道シックスティーン』『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』『無花果の森』『キリング・カリキュラム 人狼処刑ゲーム 序章』
杉浦昭嘉 1992年
1993年
『奴隷性愛 私のおもちゃ』『出会い系不倫 堕ちた人妻たち』ほか、ピンク映画を多数監督
奥原浩志 1993年
1994年
『タイムレスメロディ』『波』『青い車』『16[jyu-roku]』『黒四角』
富永 舞
(富永まい)
1993年 『ウール100%』『食堂かたつむり』
中村義洋 1993年 『アヒルと鴨のコインロッカー』『ジャージの二人』『チーム・バチスタの栄光』『ジェネラル・ルージュの凱旋』『フィッシュストーリー』『ちょんまげぷりん』『映画 怪物くん』『ポテチ』『みなさん、さようなら』『奇跡のリンゴ』『マダム・マーマレードの異常な謎 出題編』『マダム・マーマレードの異常な謎 解答編』『白ゆき姫殺人事件』『予告犯』『残穢/住んではいけない部屋』『殿、利息でござる!』『忍びの国』
水戸英樹 1993年 『ストレンジ ハイ』『脳の休日』『ホームシック』
山岡秀雄
(山岡信貴)
1993年 『Zeki,Florin and Kelly!』『ソラノ』『天然性侵略と模造愛』『死なない子供、荒川修作』
佐藤信介 1994年 『LOVE SONG』『修羅雪姫』『いぬのえいが』『砂時計』『ホッタラケの島 遥と魔法の鏡』『GANTZ』『GANTZ:PERFECT ANSWER』『図書館戦争』『万能鑑定士Q モナ・リザの瞳』『図書館戦争 THE LAST MISSION』『アイアムアヒーロー』『デスノート Light up the NEW world』
熊澤尚人 1994年 『ニライカナイからの手紙』『虹の女神 Rainbow Song』『親指さがし』『雨の翼』『ダイブ!!』『おと・な・り』『君に届け』『ジンクス!!!』『近キョリ恋愛』『スリリングな日常』『心が叫びたがってるんだ。』『ユリゴコロ』
豊島圭介 1994年 『明るい場所』『怪談新耳袋 ノブヒロさん』『幽霊VS宇宙人』『ソフトボーイ』『花宵道中』『海のふた』『ヒーローマニア 生活』『スリリングな日常』『森山中教習所』
中嶋莞爾 1994年 『箱-TheBox-』『クローンは故郷をめざす』
村松正浩 1996年
1997年
『手の話』『シンク』『「トニー滝谷」メイキング「晴れた家」』『スラッカーズ』
渡辺一志 1996年 『19』『スペースポリス』『キャプテントキオ』『新選組オブ・ザ・デッド』
有馬 顕
1997年
2000年
『ねこばん3D とび出すにゃんこ』
熊切和嘉 1997年 『鬼畜大宴会』『アンテナ』『フリージア』『青春☆金属バット』『ノン子36歳(家事手伝い)』『海炭市叙景』『莫逆家族―バクギャクファミーリア』『夏の終り』『私の男』『光の音色 THE BACK HORN Film』『ディアスポリス DIRTY YELLOW BOYS』『武曲 MUKOKU』
福島拓哉 1997年 『PRISM』『自由』『over8』『アワ・ブリーフ・エタニティ』『ヴァージン』『LEGACY TIME』
古澤 健 1997年 『home sweet movie』『ロスト★マイウェイ 』『オトシモノ』『トワイライトシンドローム デッドクルーズ』『making of LOVE』『アベックパンチ』『Another』『今日、恋をはじめます』『ルームメイト』『クローバー』『ReLIFE』『恋と嘘』『一礼して、キス』
川合 晃 1999年 『他、3本。』『IKKA:一和』
白石晃士 1999年 『ノロイ』『口裂け女』『オカルト』『グロテスク』『タカダワタル的ゼロ』『テケテケ』『シロメ』『超・悪人』『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!史上最恐の劇場版』『ある優しき殺人者の記録』『殺人ワークショップ』『ボクソール★ライドショー 恐怖の廃校脱出!』『貞子vs伽椰子』『不能犯』
長屋正志 1999年 『プロゴルファー虎木』『ダンサー・イン・ザ・シャーク』
上田大樹 2000年
2003年
『マダム・マーマレードの異常な謎 出題編』『マダム・マーマレードの異常な謎 解答編』
神酒大亮 2000年 『サイクロプスの涙』
古本恭一 2000年 『キオリ』
深川栄洋 2000年
2001年
『紀雄の部屋』『自転少年』『狼少女』『真木栗ノ穴』『60歳のラブレター』『半分の月がのぼる空』『白夜行』『洋菓子店コアンドル』『神様のカルテ』『ガール』『くじけないで』『神様のカルテ2』『トワイライト ささらさや』『先生と迷い猫』『サクラダリセット 前篇』『サクラダリセット 後篇』『いつまた、君と 何日君再来』
李 相日 2000年 『69 sixty nine』『スクラップ・ヘブン』『フラガール』『悪人』『許されざる者』『怒り』『ブルーハーツが聴こえる』
井口奈己 2001年 『犬猫』『人のセックスを笑うな』『ニシノユキヒコの恋と冒険』
荻上直子 2001年 『バーバー吉野』『恋は五・七・五!』『かもめ食堂』『めがね』『トイレット』『レンタネコ』『彼らが本気で編むときは、』
タナダユキ 2001年 『モル』『タカダワタル的』『赤い文化住宅の初子』『俺たちに明日はないッス』『百万円と苦虫女』『ふがいない僕は空を見た』『四十九日のレシピ』『ロマンス』『お父さんと伊藤さん』
藤川佳三 2001年 『サオヤの月』『石巻市立湊小学校避難所』
内田健二
(内田けんじ)
2002年 『運命じゃない人』『アフタースクール』『鍵泥棒のメソッド』
佐々木 紳 2002年 『Life ライフ』
菱沼康介 2002年 『はじめての家出』『くノ一忍法帖 影ノ月』『ライフ・イズ・デッド』
村田朋泰 2002年 『睡蓮の人』『白の路』
内田伸輝 2003年
2008年
『ふゆの獣』『おだやかな日常』『さまよう獣』『ぼくらの亡命』
筧 昌也 2003年 『美女缶』『Sweet Rain 死神の精度』
木下雄介 2003年 『水の花』
高柳元気 2003年 『日が暮れても彼女と歩いてた』『マジ!?』
三浦大輔 2003年 『ボーイズ・オン・ザ・ラン』『愛の渦』『何者』『裏切りの街』
浅野晋康 2004年
2006年
『A DAY IN THE LIFE』
岩田ユキ 2004年 『ヘアスタイル』『檸檬のころ』『8ミリメートル』『指輪をはめたい』
高橋 泉 2004年 『ある朝スウプは』
廣末哲万 2004年 『14歳』『夕日向におちるこえ』『阿佐ヶ谷ベルボーイズ』『鼻唄泥棒』
山田雅史 2004年 『ひとりかくれんぼ 劇場版』『ひとりかくれんぼ 新劇場版』『天使突抜六丁目』『×ゲーム2』『トイレの花子さん 新劇場版』『コープスパーティー』『コープスパーティー Book of Shadows』
遠藤尚太郎 2005年 『TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)』
岡 太地 2005年 『屋根の上の赤い女』『川越街道』
川原康臣 2005年
2006年
『寝てるときだけ、あいしてる。』
熊谷まどか 2005年
2006年
『話す犬を、放す』
熊坂 出 2005年 『パーク アンド ラブホテル』『人狼ゲーム』『リルウの冒険』『人狼ゲーム ビーストサイド』『スリリングな日常』
岨手由貴子 2005年
2008年
『グッド・ストライプス』
丸(丸山健志) 2005年 『悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46』
甲斐博和 2006年 『イノセント15』
市井昌秀 2006年
2008年
『無防備』『箱入り息子の恋』『僕らのごはんは明日で待ってる』『ハルチカ』
内藤隆嗣 2006年 『不灯港』『狼の時代』『狼の生活』
中江和仁 2006年 『嘘を愛する女』
石井裕也 2007年 『ばけもの模様』『ガール・スパークス』『君と歩こう』『川の底からこんにちは』『あぜ道のダンディ』『ハラがコレなんで』『舟を編む』『ぼくたちの家族』『バンクーバーの朝日』『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』
井上真行 2007年
2009年
『正しく忘れる』『なけもしないくせに』
タテナイケンタ 2007年 『幸福なる食卓』
角田裕秋 2007年
2008年
『TERROR OF HOUSE』
中島 良 2007年 『俺たちの世界』『RISE UP』『幕末奇譚 SHINSEN5 剣豪降臨』『俺たちの明日』
水本博之 2007年
2008年
『縄文号とパクール号の航海』
山口 学 2007年 『背』
松野 泉 2008年 『さよならも出来ない』
吉田光希 2008年 『家族X』『ヴァージン』『三つの光』
奥田庸介 2009年
2010年
『東京プレイボーイクラブ』『クズとブスとゲス』『ろくでなし』
大畑 創 2009年 『へんげ』『劇場版 稲川怪談 かたりべ』
加治屋彰人 2009年 『ホペイロの憂鬱』
加納 隼 2009年 『死んだ目をした少年』『シンデレラゲーム』
木村承子 2009年 『恋に至る病』
頃安祐良 2009年 『あの娘、早くババアになればいいのに』『スリリングな日常』
蔦 哲一朗 2009年 『祖谷物語-おくのひと-』『蔦監督 高校野球を変えた男の真実』
松村真吾(まつむらしんご) 2009年 『恋とさよならとハワイ』
天野千尋 2010年
2011年
『どうしても触れたくない』『放課後ロスト』
片岡 翔 2010年 『1/11 じゅういちぶんのいち』『たまこちゃんとコックボー』
勝又 悠 2010年
2011年
『はい!もしもし、大塚薬局ですが』『See You』『いつかの、玄関たちと、』
庭月野議啓 2010年 『仁光の受難』
廣原 暁 2010年 『HOMESICK』『ポンチョに夜明けの風はらませて』
堀内博志 2010年 『加地等がいた ‐僕の歌を聴いとくれ‐』『私の悲しみ』『耳をかく女』『絶対領域』『縁 The Bride of Izumo』『Please Please Please』『Sea Opening シー・オープニング』
森岡 龍 2010年
2011年
『ニュータウンの青春』
佐藤考太郎 2011年 『山犬』
加藤綾佳 2012年 『おんなのこきらい』
鶴岡慧子 2012年 『過ぐる日のやまねこ』『うつろいの標本箱』
山戸結希 2012年 『5つ数えれば君の夢』『おとぎ話みたい』『溺れるナイフ』
市川悠輔 2013年 『飛べないコトリとメリーゴーランド』
山下洋助 2013年 『ハロウィンナイトメア2』
我妻和樹 2014年 『願いと揺らぎ』
飯塚俊光 2014年 『ポエトリーエンジェル』
小林勇貴 2014年 『孤高の遠吠』『全員死刑』
藤村明世 2014年 『見栄を張る』
首藤 凜 2016年 『なっちゃんはまだ新宿』
PFFアワード作品募集の詳細へ

PFFアワード作品紹介

PFFアワード1993~1999 未返却フィルム作品の応募者を探しています
ページ上部へ