第43回PFFクロージングは、熊坂出監督最新作『プリテンダーズ』プレミア上映!

映画祭ニュース

20210810-1.jpg
「第43回ぴあフィルムフェスティバル」のクロージングとして、熊坂出監督最新作『プリテンダーズ』の世界最速上映が決定しました。

熊坂出監督は、『珈琲とミルク』でPFFアワード2005審査員特別賞、企画賞(TBS賞)、クリエイティブ賞(エイベックス・エンタテインメント賞)の3冠を受賞し、続くPFFスカラシップ作品『パーク アンド ラブホテル』(07年)が、第58回ベルリン国際映画祭にて日本人初となる最優秀新人作品賞を獲得。
現在、テレビドラマなど活躍の場を広げていましたが「映画を撮りたい!」と一念発起し、画面から溢れんばかりの圧倒的な熱量で本作を完成させました。

<熊坂出監督からコメントが到着しましたのでご紹介します>
1999年の夏にPFFと出会い僕は映画作りを始めました。
原点でお披露目できる事に深く感謝します。
これは、フィクションで世界を変えていこうとする少女の青臭い物語です。
小野花梨さんを筆頭に、無二のスタッフキャスト一人一人のお力を丸ごと尽くして作りました。
皆さんへこの映画が深く到るよう、力を尽くします。


クロージング上映(9月23日)では、監督&キャストによる舞台挨拶も予定しています。
お楽しみに!


第43回ぴあフィルムフェスティバル 招待作品部門
[クロージング作品]
熊坂出監督最新作『プリテンダーズ』プレミア上映

9月23日(木・祝)17:00~
『プリテンダーズ』
2021年/日本/カラー/117分
監督・脚本・編集:熊坂 出 出演:小野花梨、見上 愛、古舘寛治
(C)2021「プリテンダーズ」製作委員会

女子高生がSNSでニッポンを世直し!?前代未聞の問題作!
「右にならえ」「空気を読め」を美徳とするニッポン社会に、二人の女子高生が物申す!?武器はSNS。次々と型破りなドッキリを仕掛け、フィクションの力で世界を変えようと突き進む緊張と興奮のシスターフッド作品。
※10月16日(土)渋谷ユーロスペースほか全国順次公開


第43回ぴあフィルムフェスティバル
日程:2021年9月11日(土)~25日(土) ※月曜休館
会場:国立映画アーカイブ(東京都中央区京橋 3-7-6)