第43回PFF招待作品部門「森田芳光70祭」上映作品&ゲスト発表!<35mmフィルム上映+旬の監督たちが語る>

映画祭ニュース

20210806-0.jpg
「森田芳光70祭」のひとつ、監督ゆかりの映画館で森田芳光の映画人生を辿る特集上映の旅がはじまります。

東京都内での特集上映の二番手となる「第43回ぴあフィルムフェスティバル」(会場:国立映画アーカイブ)では、森田監督作品の35mmフィルム上映と、森田愛溢れるゲストによるたっぷりのトークを実現します。

『ときめきに死す』を冨永昌敬監督に、『メイン・テーマ』を松居大悟監督に、『それから』を沖田修一監督に、『39刑法第三十九条』を石川慶監督と脚本家の向井康介さんに語っていただく時間で、森田マジックを解きあかし、次世代へとその魅力を伝えていただきます。

また、この4作品に加え、9月8日には、8ミリフィルムなど森田監督の初期作品にフォーカスしたユーロスペースにて、第43回ぴあフィルムフェスティバル共同企画として『劇的ドキュメント レポート'78~'79』を上映します!

いずれも貴重な、二度とない時間。
是非ご参加ください!


第43回ぴあフィルムフェスティバル 招待作品部門
森田芳光70祭~伝えたい、モリタを~

【会場:国立映画アーカイブ】

20210806_1.jpg
9月12日(日)12:00~
『ときめきに死す』
ゲスト:冨永昌敬(映画監督)

1984年/104分/35mmフィルム上映
監督・脚本:森田芳光 出演:沢田研二、杉浦直樹、樋口可南子
(C)1984 ハネシネマ

森田監督のオフビートが刻まれた最高にクールなサスペンス!!
とある田舎町。自称・医者の男は、ある組織から依頼を受け若い男の面倒を見はじめる。そこに謎の女も加わり共同生活が始まるが・・。原作を大幅改変したストーリー、セリフまわしや空間演出など、随所に監督のセンスが光る!


20210806_2.jpg
9月12日(日)16:00~
『それから』
ゲスト:沖田修一(映画監督)

1985年/130分/35mmフィルム上映
監督:森田芳光 出演:松田優作、藤谷美和子、小林 薫
(C)東映

日本文学最高峰の古典を新感覚で魅せた恋愛映画の傑作
松田優作とのタッグ2作目は、明治後期の東京を舞台に男女の燃え上がる愛と葛藤を描いた夏目漱石の同名小説を映画化。美術や小道具、衣装など斬新でスタイリッシュな映像世界が圧巻!キネマ旬報ベスト・テン第1位を獲得。


20210806_3.jpg
9月19日(日)12:30~
『39 刑法第三十九条』
ゲスト:石川 慶(映画監督)&向井康介(脚本家)

1999年/133分/35mmフィルム上映
監督:森田芳光 出演:鈴木京香、堤 真一、岸部一徳
(C)光和インターナショナル/松竹

鈴木京香×堤真一 共演のスリリングな法廷劇
「心神喪失の状態にある者は罪に問えない」という刑法がモチーフの心理サスペンス。虚ろな表情、"銀残し"の色調、敢えてピントをぼかすなど、怪しげで個性的な演出が炸裂!ベルリン国際映画祭コンペ部門出品。


20210806_4.jpg
9月19日(日)17:00~
『メイン・テーマ』
ゲスト:松居大悟(映画監督)

1984年/101分/35mmフィルム上映
監督・脚本:森田芳光 出演:薬師丸ひろ子、野村宏伸、桃井かおり
(C)KADOKAWA1984

角川映画のスター薬師丸ひろ子主演 異色のアイドル映画
恋に揺れるヒロインが大人へ成長していく姿を描く青春ロードムービー。森田監督の遊び心たっぷりの演出が随所に見られる。薬師丸ひろ子が歌う主題歌が大ヒットし、「愛ってよくわからないけど、傷つく感じが素敵」という歌詞の一節が映画のキャッチコピーに。

=======

【会場:ユーロスペース】

20210806_5.jpg
9月8日(水)19:00~
『劇的ドキュメント レポート'78~'79』
1979年/59分
製作:ぴあ

浅利慶太・寺山修司・唐十郎・野田秀樹等を取材した、森田監督幻のドキュ
当時「ぴあ」誌上で行われていた読者投票の演劇部門で人気を集めていた気鋭演劇人たちを追いかけた貴重な記録映像。「劇団四季」の浅利慶太、「天井桟敷」の寺山修司等の稽古場風景が生々しく刻まれている。


【70祭公式サイト<ゆかりの映画館で森田芳光の映画人生を辿る特集上映の旅>】


第43回ぴあフィルムフェスティバル
日程:2021年9月11日(土)~25日(土) ※月曜休館
会場:国立映画アーカイブ(東京都中央区京橋 3-7-6)