今夏、PFFスカラシップ作品、2作品連続公開決定!小松孝監督『猫と塩、または砂糖』&工藤梨穂監督『裸足で鳴らしてみせろ』

映画祭ニュース

PFFが新人監督デビューをトータルプロデュースする、長編映画製作プロジェクト「PFFスカラシップ」

第42回&第43回の「ぴあフィルムフェスティバル」でお披露目した、二人のグランプリ監督による、PFFスカラシップ作品の劇場公開が決定しました!

『食卓』がPFFアワード2016でグランプリを受賞した、小松孝監督の『猫と塩、または砂糖』
そして、『オーファンズ・ブルース』がPFFアワード2018グランプリ&ひかりTV賞をダブル受賞した工藤梨穂監督の『裸足で鳴らしてみせろ』の2作品です。

劇場公開に向けた、両監督からのコメントとあわせてご紹介します。


20220324-1.jpg

第25回PFFスカラシップ作品
『猫と塩、または砂糖』
監督・脚本:小松 孝
出演:田村健太郎、宮崎美子、吉田凜音、池田成志、諏訪太朗
主題歌:NILKLY
2020年/119分/カラー/DCP 英題:Cat and Salt, or Sugar
【公式サイト】

社会を拒絶し母のペット「猫」になった長男、慎ましい母、アル中&糖尿病の父の3人で暮らす佐藤家。母と元彼の再会をきっかけに、その娘も巻き込み、ひとつ屋根の下、5人の奇妙な同居生活が始まる--。シニカルなユーモアで「幸せ」とは何かを模索する家族を描く。

<小松孝監督コメント>
四十才にしての長編映画デビュー作になります。二十代半ばならもっとよかったですが、健康寿命を伸ばして引退を遅らせる事にします。常温保存してしまった白トリュフのような風味の映画です。よろしくお願いします。


20220324-2.jpg

第27回PFFスカラシップ作品
『裸足で鳴らしてみせろ』
監督・脚本:工藤梨穂
出演:佐々木詩音、諏訪珠理、伊藤歌歩、甲本雅裕、風吹ジュン
2021年/128分/カラー/DCP 英題:Let Me Hear It Barefoot
【公式サイト】

「代わりに世界を見てきてほしい」という盲目の養母のために、“世界の音”を届けようとする二人の青年の関係を紡いだドラマ。レコーダーを手に旅の記録をテープに刻みながら、彼らは次第に惹かれ合うのだが…。二人の青年の言葉にならない心の叫び、ヒリヒリするような青春を繊細に瑞々しく描く。

<工藤梨穂監督コメント>
劇場公開のために注力してくださった皆さんに感謝をすると共に、映画を上映して頂けるということの何にも代え難い幸福を噛み締めています。
『裸足で鳴らしてみせろ』は、私自身どうしても撮らずにはいられなかったそんな作品です。
映画でしか伝えることの出来ない物語を追求し、他で見ることの叶わない光景を捉えました。
この映画が観た人の心に残り続けていくことを願っています。
ぜひ劇場へ観に来て下さい。お待ちしています。


『サイモン&タダタカシ』(小田学監督)以来、約4年ぶりに劇場公開となる、PFFスカラシップの2作品。
今夏、渋谷ユーロスペースを皮切りに、全国順次公開となります。ご期待ください!