7月7日(水)正午、「PFFアワード2021」入選作品を発表します。

映画祭ニュース

20210705-2.jpg
(審査会議の様子)

大変お待たせしました。

第43回ぴあフィルムフェスティバルのコンペティション部門「PFFアワード2021」の入選作品を、7月7日(水)正午に公式サイトにて発表します。

2月1日(月)~3月23日(火)の受付期間に全国の皆さんからご応募いただいた489作品を、PFFディレクターを含む16名のセレクション・メンバーが拝見しました。

約3か月にわたる審査は、下記のプロセスで行われました。

■1次審査(3月中旬~4月下旬)
「1作品を3名が必ず最初から最後まで、1分1秒もらさず観る」というルールのもと、全作品をセレクション・メンバーで手分けして鑑賞。1次審査会議では、鑑賞した3人の審査員が他のメンバーにぜひみせたい作品を推薦し「1次通過作品」を決定。

■2次審査(4月下旬~6月下旬)
「1次通過全作品」をセレクション・メンバー全員が鑑賞。2次審査会議では、丸2日間かけて全員で合議を行います。個々の作品に対する、セレクション・メンバーの想いが溢れる、白熱した会議になりました。

最終的なプログラミングはPFFディレクターに委ねられ、入選作品が決定します。

7月7日(水)の発表、どうぞご期待ください。


◎第43回ぴあフィルムフェスティバル
【日程】2021年9月11日(土)~25日(土)※月曜休館
【会場】国立映画アーカイブ