「第43回ぴあフィルムフェスティバル」開催日決定!本日2月1日より「PFFアワード2021」応募受付開始

映画祭ニュース

20210201_1.jpg 「第43回ぴあフィルムフェスティバル」の開催日が決定しました。
9月11日(土)より25日(土)までの13日間(月曜休館)、東京都・京橋にある映画の殿堂「国立映画アーカイブ」を会場に開催します。

メインプログラムであるコンペティション「PFFアワード2021」の応募受付は本日よりスタート!
締め切りは3月23日(火)。

入選作品は「第43回ぴあフィルムフェスティバル」にて上映され、憧れの監督、クリエイターが、グランプリ他各賞を決定します。

「PFFアワード」は、応募作品の時間(短編・中編・長編)、ジャンル(ドラマ、CG、アニメーション、ドキュメンタリーetc)、応募者の年齢、性別、国籍などの制限が一切ない、<自主映画>のためのコンペティションです。

また、今回から新たな試みとして、18歳以下の監督を対象とした応募料の「U-18割」を開始しました。
応募料3,000円のところ、2002年4月1日以降生まれの監督は1,000円に割引します。
初監督作品、大歓迎!

皆様からのご応募、お待ちしております。

「第43回ぴあフィルムフェスティバル」
【日程】2021年9月11日(土)~25日(土)※月曜休館
【会場】国立映画アーカイブ(東京都中央区京橋3-7-6)
【公式サイト】

コンペティション「PFFアワード2021」作品募集
【募集期間】2021年2月1日(月)~3月23日(火)
【作品募集ページ】