【速報】決定!「第1回大島渚賞」受賞は小田 香監督。審査員長・坂本龍一氏、審査員・黒沢 清監督、受賞の小田監督登壇の記念上映会を、3月20日に実施

映画祭ニュース

「第1回大島渚賞 記念上映会」の開催につきまして

⇒⇒ 【詳細】

guest.jpg
1977年から40年以上にわたり、国内外に自主映画を紹介してきた、ぴあフィルムフェスティバル(PFF)。
そのPFFが、新たなる映画賞「大島渚賞」を創設しました。

★大島渚賞とは?

ここに、第1回の受賞者をお知らせします。
「第1回大島渚賞~Oshima Prize 2020~」は、ハンガリーの巨匠タル・ベーラの愛弟子として話題を呼び、『鉱 ARAGANE』、『セノーテ』と、独自の映画言語で強靭な作品を生み出している小田 香監督に決定しました。
本賞の選定は、審査員長に坂本龍一氏(音楽家)、審査員に黒沢 清氏(映画監督)を迎え、PFFディレクターの荒木啓子も審査員として参加し討議されました。

OdaKaori.jpg
(C)Miura Hiroyuki

【 小田 香監督 プロフィール】
1987年大阪府生まれ。イメージと音を通して人間の記憶(声)― 私たちはどこから来て 、どこに向かっているのか―を探究するフィルムメーカー/アーティスト。
13年、映画監督のタル・ベーラ(『サタンタンゴ』『ニーチェの馬』)が陣頭指揮する若手映画作家育成プログラム「film.factory」(3年間の映画制作博士課程)に第1期生として参加し、16年に同プログラムを修了。14年度ポーラ美術振興財団在外研究員。15年ボスニアの炭鉱に入った第一長編作品『鉱 ARAGANE』が大きな話題を呼ぶ。16年劇場公開。17年エッセイ映画『あの優しさへ』が完成。19年最新作長編『セノーテ』が完成。山形国際ドキュメンタリー映画祭、ロッテルダム国際映画祭でプレミア上映。6月劇場公開予定。

3月20日には、東京・丸ビルホールで、記念上映会を実施します。
是非ご来場ください!

【第1回大島渚賞 記念上映会】 2020年3月20日(金・祝)
会場:丸ビルホール
★記念上映会チラシ

「大島渚賞 記念上映会」では、毎年、受賞監督作品と大島渚監督作品を1作品づつ上映していく計画です。

第1回の本年は、6月に劇場公開を控える小田 香監督の最新作『セノーテ』をいち早くご紹介します。
『セノーテ』上映後には、小田 香監督×坂本龍一氏(音楽家)×黒沢 清氏(映画監督)によるトークをたっぷりお届けし、その後、大島 渚監督作品の上映です。
1960年に大ヒットを記録し、社会現象にもなった、大島監督28歳のオリジナル作品『青春残酷物語』をご堪能ください。

■上映作品

cenote_main.jpg
(C)Oda Kaori

『セノーテ』(原題:TS'ONOT 英題:Cenote)
2019年/75分/デジタル【日本語/英語字幕付き上映】
監督・撮影・編集:小田 香

メキシコ、ユカタン半島の北部に点在する洞窟内の泉「セノーテ」。マヤ文明の時代から、現世と黄泉を結ぶと信じられてきたセノーテでは、かつて雨乞いの儀式のために人々が生贄として捧げられてきた。神秘的で美しい水源の映像と、セノーテをめぐる歴史と記憶が交差していく…。小田監督が自らダイビングを学び、水中撮影に挑んだ意欲作。

seishun_main.jpg

(c)1960/2014松竹株式会社

『青春残酷物語 デジタル修復版』 1960年/96分/デジタル【英語字幕付き上映】
監督・脚本:大島 渚
出演:桑野みゆき、川津祐介、久我美子

"松竹ヌーヴェルヴァーグ"の言葉を生み、大島渚の名を世に知らしめた、初期の伝説的作品。セックス&バイオレンスな<青春>、生の実感の掴めない<青春>、青春の普遍的なテーマをエッジの効いた言葉と映像で描き、本作で第1回日本映画監督協会新人賞を受賞したオリジナル作品。

■トーク
小田 香監督×坂本龍一氏(音楽家)×黒沢 清氏(映画監督)
進行:荒木啓子(PFFディレクター)

■タイムテーブル
13:00 開場 ※チケット整理番号順入場
13:30 『セノーテ』
14:50 上映後トーク
15:50 『青春残酷物語 デジタル修復版』
17:30 終映予定
*途中休憩あり

■チケット
1日通し券(全席自由席/整理番号制)
前売券:2,000円(Pコード:551-024)
当日券:2,500円(当日12時より販売予定)

前売券はチケットぴあにて、2/19(水)10時より発売!
(インターネット、ぴあ店舗、セブン-イレブンで購入可能)
★購入はこちらから

・前売券は、3/19(木)までの販売。
・前売券が完売した場合、当日券の販売はありません。
・前売券は必ず発券して会場までお越しください。会場では発券できません。
・発券手数料、システム手数料はかかりません。
・チケットの払い戻し、交換、再発行はできません。

■会場・アクセス
丸ビルホール (東京都千代田区丸の内2-4-1丸ビル7階)
・JR東京駅丸の内南口より徒歩1分
・丸ノ内線東京駅、千代田線二重橋前駅より直結