開催日決定!2020年、「第42回ぴあフィルムフェスティバル」

映画祭ニュース

20200220-1.jpg
昨年のグランプリ『おばけ』中尾広道監督と最終審査員の白石和彌監督

本年42回を数える「ぴあフィルムフェスティバル」は、9月12日(土)~26日(土)の月曜休館を挟み13日間、「国立映画アーカイブ」を会場に開催します。

国立映画アーカイブは、8ミリ、16ミリ、35ミリ、70ミリ、そして、デジタルなどあらゆる素材に対応した最高の上映環境を誇る、日本唯一の国立の映画機関。
一年を通じて上映以外にも展示が行われ、また、映画の専門図書室もあります。
最寄駅は、京橋、宝町、銀座一丁目ですが、東京駅からも徒歩10分のアクセス便利な会場です。

本映画祭のメインプログラムである自主映画のコンペティション「PFFアワード2020」は、現在作品を募集中!
入選作品は「第42回ぴあフィルムフェスティバル」で上映され、表彰式にてグランプリ各賞が発表されます。

◎映画祭「第42回ぴあフィルムフェスティバル」 会期:2020年9月12日(土)から26日(土)まで ※月曜休館
会場:国立映画アーカイブ(東京都中央区京橋3-7-6)
【公式サイト】

◎コンペティション部門「PFFアワード2020」作品募集概要 締切:3月24日(火)
【作品募集ページ】

応募される作品の長さ(短編・中編・長編)、ジャンル(ドラマ、CG、アニメーション、ドキュメンタリーetc)や、応募者の年齢、性別、国籍などの制限は一切ありません。
1年以内に完成した自主映画であれば、どんな作品でもご応募いただけます。