過去最多!監督6名が福岡に集結!福岡直前情報③

映画祭ニュース

20160428_1.jpg
「第37回PFFin福岡」、いよいよ明日より開催!
今年の福岡開催は、当初チラシに記載していたゲストから大幅に増え、
過去最多となる6名の監督が、東京から会場にやってきます。

急遽、来場が決まったのは、『モラトリアム・カットアップ』の柴野太朗監督
本作は、田辺・弁慶映画祭でもグランプリを受賞し、6月にテアトル新宿で劇場公開も決定。
公開期間中には「映画・演劇・音楽」の複合イベントを展開するという、
新たな試みにチャレンジしている柴野監督が、会場に駆け付けてくれます。
【『モラトリアム・カットアップ』公式サイト】

上映後のトークはもちろん、ロビーでの監督との交流も大歓迎です。
個別に質問したり、サインをもらったりと、ぜひ映画祭ならではの体験をしてください。

■第37回PFFin福岡 来場ゲスト情報

<4月29日(金・祝)>
11:00~
『わたしはアーティスト』藪下雷太監督
『嘘と汚れ』猪狩裕子監督
17:00~
『みんな蒸してやる』大河原恵監督

<4月30日(土)>
11:00~
『異同識別』佐々岡沙樹監督
14:00~
『モラトリアム・カットアップ』柴野太朗監督

<5月1日(日)>
11:00~
『あるみち』杉本大地監督、スタッフ&キャスト


会場ロビーでは、福岡会場のグランプリ「福岡賞」の投票を受け付けています。
上映後にお配りするシールを、お気に入りの作品の欄に貼り付けてください。

*今回の福岡会場では、映画祭のメインビジュアルにも登場する、
「奈緒子」の投票シールを配布します。
全部で5パターンありますので、ぜひお好きな「奈緒子」シールを1枚選んで、投票してください!

「福岡賞」は最終日5月1日(日)の夜に発表!
果たして福岡賞に輝く作品は?皆さまのご投票、お待ちしております。

20160428_2.jpg

「奈緒子」シール

20160428_3.jpg
投票パネル

当日券もご用意しておりますので、ぜひ会場に遊びにいらしてください。


「第37回PFF in 福岡」
4月29日(金・祝)~5月1日(日)、福岡市総合図書館にて開催
【公式サイト】