『Recreation』が、第30回バンクーバー国際映画祭コンペティション部門にてスペシャルメンションを授与されました!

海外映画祭ニュース

rec2修正.jpg
バンクーバー国際映画祭のコンペティション部門「Dragon & Tiger Award」にて、現地時間10月6日夜、「PFFアワード2011」入選作品『Recreation』がスペシャルメンションを授与されました! 審査員のサイモン・フィールド(英国・映画プロデューサー・元ロッテルダム国際映画祭ディレクター)、アン・ホイ(香港・映画監督『夜と霧』『愛に関するすべてのこと』他多数)、ヤン・イクチュン(韓国・映画監督『息もできない』)で構成されたコメントを下記にご紹介します。 「殺人事件となった少年犯罪を題材としたこの作品に対し、 我々審査員は恐怖感と倦怠感が混ざったユニークな空気と、 キャスト同士の素晴らしいふれあいを賞賛した。 不思議なことに、話の残酷性と絶望感にも関わらず、 この作品は一時たりとも登場人物への同情心を失うことがない。」 PFFアワード2011 『Recreation』 英題:Recreation 監督:永野義弘 第30回バンクーバー国際映画祭 [会期]2011年9月29日(木)~10月14日(金) >>公式サイト