テオ・アンゲロプロス映画祭
■Contents
・タイムテーブル
・チケット情報
・会場地図

・上映作品紹介
・イベント情報
・監督プロフィール


OLYMPUS
【会期】 2004年7月10日(土)〜16日(金)
【会場】 東京国際フォーラム ホールD1
●新着情報
2004/07/09
●7月10日(土)、11日(日)は、全作品の前売券が完売いたしました。
●以下の上映作品の前売券も完売しております。
 (当日券は、若干枚数の販売を予定しております)
7月12日(月) 19時 「こうのとり、たちずさんで」
7月13日(火) 14時30分 「アレクサンダー大王」
7月14日(水) 17時 「旅芸人の記録」
7月16日(金) 11時 「THEO ON THEO」
●その他の前売券も売り切れが予想されますのでお早めにお買い求め下さい。

2004/06/24
7/11のトークゲストは、黒沢清監督に決定しました。
人生を揺さぶる映画体験
黒澤、大島、ジャームッシュなど、世界の名だたる映画人が、その才能に最高の賛辞を贈る映画作家、テオ・アンゲロプロス。
活躍中の若い映画監督でこの才能に影響を受けずにいる者はない、ギリシャのみならず、世界を代表する巨匠です。
「つくり続ける」という姿勢を貫き、革新的な映像作品を次々に生み出してきた彼の世界をまだ知らぬ人のために、世界で最初の、アンゲロプロス作品を特集上映する映画祭です。
長く劇場未公開となっていた、彼の長編第1作を含む全長編映画から、自作を語るドキュメンタリーまで、全12作品のテオ・アンゲロプロスの世界が今、幕を開けます――。
【主催】 ぴあ株式会社
【共催】 株式会社 東京国際フォーラム
【後援】 テオ・アンゲロプロス・プロダクション
  テサロニキ国際映画祭
  ギリシャ国立映画センター
  ギリシャ大使館
【協力】 フランス映画社
【特別協賛】 オリンパス株式会社
     
【お問い合わせ】   「テオ・アンゲロプロス映画祭」事務局(PFF事務局内)
TEL:03-3265-1425(平日10:00〜18:00)
日本未公開作「再現」「1936年の日々」は、
第26回ぴあフィルムフェスティバルでも上映します!

[日時] 2004年7月5日(月) 11:00am 「再現」
     2004年7月5日(月) 1:45pm 「1936年の日々」
[会場] 日比谷・シャンテ シネ
[料金] 前売り券1200円 / 当日券1400円
※詳細は、ぴあフィルムフェスティバル公式ホームページにて
第26回ぴあフィルムフェスティバル