<速報>今週末1/15(土)、「森田芳光70祭」にライムスター宇多丸さん来場決定!「PFF in 京都」開催中

映画祭ニュース

京都文化博物館にて現在開催中の「第43回ぴあフィルムフェスティバル in 京都」

今週末1/15(土)のプログラム「森田芳光70祭」では、『ライブイン茅ヶ崎』『の・ようなもの』『(ハル)』をスクリーンで上映し、トークゲストとしてプロデューサーであり公私に渡るパートナーの三沢和子さんが各回に登壇します。

そしてさらに、『ライブイン茅ヶ崎』『の・ようなもの』の上映後トークに、森田監督の熱狂的ファンであるライムスター宇多丸さんの登壇が急遽決定しました!

現在発売中の森田芳光監督の全キャリアが一望できる「森田芳光全映画」の著者でもあるおふたりにお話をたっぷり伺いましょう!

ご来場お待ちしております。


1/15(土)
20210112-1.jpg
11:00~『ライブイン茅ヶ崎』
★ゲスト:三沢和子さん、ライムスター宇多丸さん

茅ヶ崎で生まれ育った湘南ボーイ達の飾り気のないリアルな日常が、独特のリズミカルな構成で綴られる、瑞々しい青春映画。森田監督の最後の8mm映画であり、商業映画へのステップとなった記念碑的作品。
出演:青木真巳、石井 保、三沢信子

20210112-2.jpg
14:00~『の・ようなもの』
★ゲスト:三沢和子さん、ライムスター宇多丸さん

古典落語の修業に励む二ツ目の落語家の恋と青春を描いた、森田監督の鮮烈な劇場映画デビュー作。35mm長編映画を自主制作するという、まさかの挑戦に話題沸騰。軽快でスタイリッシュ、そして愛らしい夢の映画だ。
出演:秋吉久美子、伊藤克信、尾藤イサオ
(C) 1981N.E.W.S. CORPORATION

20210112-3.jpg
17:00~『(ハル)』
★ゲスト:三沢和子さん

パソコン通信によって見知らぬ男女が出会い、恋が生まれるまでを描いたラブストーリー。96年当時、まだ一般化していない「メール」を世界で初めて取り入れた。メール特有の距離感や心の繋がりが、今だからこそより鮮明に伝わる!
出演:深津絵里、内野聖陽、戸田菜穂
(C) 光和インターナショナル


会場でのチケット販売はありませんので、上映当日の開映時間までに購入・発券の上ご来場をお願いします。

★チケット購入マニュアルはこちらから★
セブン-イレブンで直接購入
チケットぴあでインターネット購入←チケットは会場では発券できません。必ず、セブン-イレブンかファミリーマートで発券してお越しください


◎「第43回ぴあフィルムフェスティバル in 京都」
日程:2022年1月8日(土)~16日(日) ※11日(火)休館
会場:京都文化博物館・フィルムシアター
【「第43回ぴあフィルムフェスティバル in 京都」公式サイト】

43rd PFF_FLYER_KYOTO_COVER.jpg