年末年始はやっぱり映画!PFFアワード作品の放映、配信も目白押し!

映画祭ニュース

今年開局50周年を迎えたチバテレが、子供達を中心にした「未来のため」のチャンネルとして進化させた「チバテレミライチャンネル(第2チャンネル)」。

10月からスタートしたPFFアワード・ベストセレクションの第3弾が、12月より放映されます。他にも年末年始にかけて、PFFアワード作品の放映・配信が続きます。

作品や監督の情報を随時お知らせしていきますので、どうぞご期待ください!


◆番組概要◆
チバテレミライチャンネル
~ミライの巨匠たち~PFFアワード・ベストセレクション
※チバテレミライチャンネルのページはこちら

以下にご紹介する4作品が、火曜~金曜にかけて日替わり放送されます。
更なる活躍を続ける各監督の近況もお伝えします。


★毎週火曜日 17時~
20211201-1.jpg

『もっけのさいわい』(45分) 監督:中泉裕矢 ※PFFアワード2016入選

2017年に超絶ヒットを記録したあの『カメラを止めるな!』の助監督だった中泉監督。近年は『カメラを~』の上田監督と『イソップの思うツボ』を共同監督するなど、目覚ましい活躍を見せている監督がPFFアワードで入選した作品は、思わぬ展開でほっこりできるファンタジー!


★毎週水曜日 17時~
20211201-2.jpg

『さようなら、ごくろうさん』(43分) 監督:城 真也 ※PFFアワード2017入選

城監督は、ちょっぴりこわい夜の小学校を舞台にした本作でPFFアワードに入選したあと、『アボカドの固さ』で再びPFFアワードに入選。その作品が2020年に劇場公開されるやいなや、瞬く間に人気が広がりロングランとなった、要注目のセンスあふれる若手監督。


★毎週木曜日 17時~
20211201-3.jpg

『うつらうつら』(36分) 監督:高橋カンナ ※PFFアワード2017入選

多摩美術大学のデザイン学科在学中に完成させた本作には、20代前半だった監督にしか描けない、複雑な心情が淡々と、しかししっかりと記録されている。現在は、軽やかなフットワークで世界を飛びまわり、肩書にとらわれないクリエイターとして活躍中。


★毎週金曜日 17時~
20211201-4.jpg

『散歩する植物』(35分) 監督:金子由里奈 ※PFFアワード2019入選

2019年にPFFアワードに入選した本作品のユニークでキュートな作風が話題となり、その後、山戸結希監督プロデュースのオムニバス作品『21世紀の女の子』への参加や、劇場公開作『眠る虫』も評判を呼んだ。映画の他にも「チェンマイのヤンキー」というユニットで音楽活動を行ない、舞台出演もするなど、多才な若手監督だ。

火曜から金曜の夕方はチバテレで!
多彩な作品が並ぶPFFアワード・ベストセレクションをお楽しみください。