完成!PFFスカラシップ最新作『裸足で鳴らしてみせろ』第43回PFFにてお披露目上映決定

映画祭ニュース

20210730-1.jpg 9月11日に開幕する「第43回ぴあフィルムフェスティバル」のオープニング上映として、PFFスカラシップ最新作『裸足で鳴らしてみせろ』のお披露目が決定しました!

PFFアワードの受賞監督からオリジナル企画を募り、毎年1名を選出する「PFFスカラシップ」
PFFが企画、製作、劇場公開までをトータルにプロデュースし、これまで、李相日監督(『流浪の月』22年公開)、荻上直子監督(『「川っぺりムコリッタ』21年公開)、石井裕也監督(『アジアの天使』『茜色に焼かれる』公開中)などの商業映画デビュー作を世に送り出してきました。

第27回PFFスカラシップの権利を獲得したのは、PFFアワード2018グランプリを受賞後、全国10か所を超える劇場で公開された『オーファンズ・ブルース』工藤梨穂監督です。
本作では、盲目の養母のために“世界の音”を届けようとする2人の青年の関係を丁寧に紡いだ切ない人間ドラマを完成させました。

<工藤梨穂監督からコメントが到着しましたのでご紹介します>
ラストシーンが頭に思い浮かんだ時からずっと「この光景を誰かに観てほしい」というどうしようもなく強い欲望に取り憑かれて、この映画を撮りました。
私自身は撮影中、明日も明後日も同じように撮れるものではない、この瞬間を逃したらもう二度と捉えることのできないようなものを目の当たりにして映画を撮ることへの恐ろしさを改めて感じました。
人が生涯忘れられないような映画を作ることを目指して、素晴らしいキャストとスタッフに携わってもらい、今の自分にできる全てを注いだつもりです。
『裸足で鳴らしてみせろ』が誰かの脳裏で反芻され続ける映画であるようにと切に願っています。
大変な状況下ではありますが是非観に来てください、と言わせてください。

20210730-2.jpg
工藤梨穂監督

お披露目上映(9月11日)では、監督&キャストによる舞台挨拶も予定しています。
ご期待ください!


◎第27回PFFスカラシップ作品
『裸足で鳴らしてみせろ』
監督・脚本:工藤梨穂
出演:佐々木詩音、諏訪珠理、伊藤歌歩、甲本雅裕、風吹ジュン

(C)PFFパートナーズ、一般社団法人PFF


第43回ぴあフィルムフェスティバル
日程:2021年9月11日(土)~25日(土) ※月曜休館
会場:国立映画アーカイブ(東京都中央区京橋 3-7-6)