いよいよ発進!「第42回PFF」オープニングは、石井裕也監督の『生きちゃった』を世界初上映!最新PFFスカラシップ作品のお披露目も決定

映画祭ニュース

「第42回ぴあフィルムフェスティバル」は、9月12日(土)から東京・国立映画アーカイブにて、新型コロナウィルス感染予防の消毒や検温、換気を徹底し、定員数を約3分の1に減らし、ソーシャル・ディスタンスを確保して実施いたします。


本日は、映画祭のオープニング作品と第25回PFFスカラシップ作品を発表します!

オープニングは、石井裕也監督が自身でプロデュースも行ったオリジナル長編『生きちゃった』の世界最速上映です。

石井監督は、『剥き出しにっぽん』でPFFアワード2007グランプリを受賞。翌年、これら学生時代の自主映画の数々で、アジアの俊英に贈られるエドワード・ヤン賞を受賞した後、第19回PFFスカラシップ作品『川の底からこんにちは』で第53回ブルーリボン賞監督賞、『舟を編む』(13年)で、第37回日本アカデミー賞最優秀監督賞を、どちらも史上最年少で受賞するなど、早熟さを印象付けました。2018年には、『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』で最果タヒの詩集を見事に映画化。新たな才能をみせました。

『生きちゃった』終映後には、監督、出演の仲野太賀さん、若葉竜也さん他キャストによる時間たっぷりのトークを予定しています。

<石井裕也監督からコメントが到着しましたのでご紹介します。>
コロナはもちろんですが、仮にコロナがなくても大変な世の中です。困ったり悩んだりしたら原点に立ち返る必要があると思うのですが、僕にとっての原点は自主映画でありPFFです。映画を愛するPFFファンの皆さんと共に、これからの映画や生き方について真面目に改めて考えるきっかけにするために、新作の世界初上映をPFFでやってもらうことにしました。この場所でなら、きっと映画についての本当の話ができると思うからです。
『生きちゃった』は、衝動と魂だけで撮ったほとんど自主映画のような映画です。僕にとっての原点回帰の映画だからこそ、PFFで上映できることに深い意義と喜びを感じています。ですがそれ以上に、若い作り手たちの情熱と観客の方々のために、無事に映画祭が開催されることを心から願っています。

20200803-1poster.jpg 『生きちゃった』(91分)
脚本・監督・プロデューサー:石井裕也
出演:仲野太賀、大島優子、若葉竜也
(c)B2B, A LOVE SUPREME & COPYRIGHT @HEAVEN PICTURES All Rights Reserved

幼馴染の男女3人は、ある出来事をきっかけに、想像もしなかった未来に飲み込まれていく。「何が起こるか想像もできない」現代日本の恐ろしさ、滑稽さ、そして、愛。寄る辺なきこの人生で本当に大切なものとは?


そしてもう1本、このたび、最新の第25回PFFスカラシップ作品『猫と塩、または砂糖』を、第42回PFFでお披露目上映いたします。

「PFFアワード」の受賞監督から毎年1名を選出し、 製作から劇場公開までをトータルプロデュースをするシステム「PFFスカラシップ」。
第25回作品の監督を務めたのは、自身の人生経験を活かし、リアルな家族関係をシニカル且つコミカルに描いた『食卓』で、PFFアワード2016グランプリを獲得し、バンクーバー国際映画祭にも招待された小松 孝監督です。
⇒これまでのPFFスカラシップ作品

上映は、9月24日(木)。上映前に、小松 孝監督、出演の田村健太郎さん、宮崎美子さん、吉田凜音さん、諏訪太朗さんによる舞台挨拶を予定しています。

<小松 孝監督からコメントが到着しましたのでご紹介します。>
折しもこのコロナ禍の中、『経済と人命が同じ天秤にある』という『常識』の一面にハッとした方も多いのではないでしょうか。そんな理不尽で窮屈な社会にはうんざりだという価値観の主人公・一郎を中心に、幸か不幸か『常識』から逸脱した2家族5人の『幸せのベクトル探し』の模様を、悲哀とユーモアを込めて描きました。
とても素晴らしいキャスト陣に恵まれて、魅力的に立ち上がった登場人物達。そして、多肉植物や小物ガジェットや主題歌を担当してくれた『NILKLY』など、僕の好きなものを詰め込んだ一軒家を、ぜひ覗き見て頂けたら幸いです。

20200803-2.jpg 『猫と塩、または砂糖』(120分予定)
監督・脚本:小松 孝
出演:田村健太郎、宮崎美子、吉田凜音、池田成志、諏訪太朗
(C)PFFパートナーズ=ぴあ、ホリプロ、日活/一般社団法人PFF

社会を拒絶し母のペット「猫」になった長男、慎ましい母、アル中&糖尿病の父の3人で暮らす、佐藤家。母と元彼の再会をきっかけに、その娘も巻き込み、ひとつ屋根の下、5人の奇妙な同居生活がスタートする…。


8月11日(火)には、「第42回ぴあフィルムフェスティバル」全プログラム発表を予定していますので、お楽しみに!

チケットは、8月15日(土)に、チケットぴあにて発売開始です。
*今年は前売券のみ!(全席指定席制)当日券の販売はございません。


「第42回ぴあフィルムフェスティバル」
【会期】2020年9月12日(土)~26日(土) ※月曜休館
【会場】国立映画アーカイブ