「世界が注目する日本映画たち」11回目の今年は前夜祭で落語も!

その他

tokorozawa-chirashi.jpg
所沢で恒例のイベントとなっている「世界が注目する日本映画たち」。 各年の公開映画の中で、国内のみならず、海外でも評価を得た作品を一挙上映します。 今年の上映作品は、以下の6本。

≪上映作品≫
『パーマネント野ばら』(吉田大八監督)
『BOX袴田事件 命とは』(高橋伴明監督)
『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』(大森立嗣監督)
『ユキとニナ』(諏訪敦彦監督/イポリット・ジラルド監督)
『川の底からこんにちは』(石井裕也監督)
『アウトレイジ』(北野武監督)

ファンタジー、コメディ、バイオレンスアクションまで、
多様な最新日本映画を2日間でご覧いただけるチャンスです!
上映後には、監督をお招きしてのトークショーを予定しています。

そして今年は初の試みとして、「特別対談と落語の夜」と題して前夜祭を開催します。
オフィス北野代表取締役社長で、北野武監督作品のプロデュースを手掛ける森昌行氏と、
映画評論、映画監督を務めるなど映画への造詣も深い落語界の鬼才、立川志らく師匠をお招きし、
日本の映画や芸能、世界展開などについて対談いただくとともに、
志らく師匠の落語もお届けいたします。

チケットは1月23日(日)より発売開始!
どうぞ皆様お誘い併わせの上、ご来場下さい。

イベントの詳細は>>こちら