過去の映画祭 PIA FILM FESTIVAL ARCHIVES

2005年:第27回PFF

会場
東京 : 2005年7月9日(土)~15日(金) 渋谷東急
名古屋 : 2005年9月23日(金・祝)~25日(日) 愛知芸術文化センター アートスペースA
北九州 : 2005年9月30日(金)~10月2日(日) HDメディアラボ東田 マルチメディアホール
神戸 : 2005年9月30日(金)~10月2日(日) 神戸アートビレッジセンター
大阪 : 2005年10月4日(火)~6日(木) HEP HALL
大分 : 2005年10月14日(金)~16日(日) iichiko総合文化センター iichikoスペース・ビー 映像小ホール
仙台 : 2005年10月21日(金)~24日(月) せんだいメディアテーク スタジオシアター
福岡 : 2005年10月27日(木)~30日(日) 福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
概要
東京では、18年ぶりに会場を渋谷に移して開催する第27回PFF。
ヌーヴェル・ヴァーグを支えた映画狂アンリ・ラングロワや、映画が愛した監督フランソワ・トリュフォー、ハワイの伝説的女性サーファー、レル・サンの生き様を映した作品など、今年の招待作品部門は、今なお世界中に影響を与えている人々のドキュメンタリーを上映。また、黒沢 清監督が唸った映画監督・山岡信貴監督の最新作「天然性侵略と模造愛」、女池 充監督のユニークなピンク・コメディ「花井さちこの華麗な生涯」など、時代を切り開くような監督たちの作品をピックアップ。その他、マクセル特別協賛企画として、石井聰亙監督の門外不出の傑作8ミリ「高校大パニック」と「突撃!博多愚連隊」をDVDで上映した。また、前夜祭として、NHKの「人形劇 三国志」で知られる川本喜八郎監督の「死者の書」を上映した。
また初の開催となった北九州では、園 子温監督の「紀子の食卓」をジャパンプレミア上映したほか、北九州出身の光石 研さんや板谷由夏さんが来場する特別プログラムを実施した。
第15回PFFスカラシップ作品「水の花」(監督:木下雄介)上映。
最終審査員
恩地日出夫、青山真治、椎井友紀子、曽我部恵一、オダギリジョー