過去の映画祭 PIA FILM FESTIVAL ARCHIVES

2006年:第28回PFF

会場
東京 : 2006年7月15日(土)~21日(金) 渋谷東急
大阪 : 2006年9月16日(土)~18日(月・祝) HEP HALL
神戸 : 2006年9月29日(金)~10月1日(日) 神戸アートビレッジセンター
北九州 : 2006年9月29日(金)~10月1日(日) ヒューマンメディア財団 マルチメディアホール
名古屋 : 2006年9月30日(土)~10月3日(火) 愛知芸術文化センター、名古屋シネマテーク
仙台 : 2006年10月6日(金)~9日(月・祝) せんだいメディアテーク スタジオシアター
大分 : 2006年10月13日(金)~15日(日) iichiko総合文化センター iichikoスペース・ビー 映像小ホール
福岡 : 2006年10月26日(木)~29日(日) 福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ
概要
昨年に引き続き、東京は渋谷で開催。「日本映画最前線」と題して、「いいこ。」「ねこのひげ」「紀子の食卓」といった最新日本映画を上映。また、第16回PFFスカラシップ作品「14歳」の監督&脚本コンビが、スカラシップ前に製作した「鼻唄泥棒」も上映。また、恒例となったマクセル特別協賛企画では、森田芳光監督の「水蒸気急行」と「ライブイン茅ヶ崎」を上映。その他、PFF史上初となるサプライズ上映企画として、内田けんじ監督、荻上直子監督がセレクトした「幕末太陽傳」「狂った一頁」も登場。シネフィル・イマジカ10周年記念として、2003年のカンヌ国際映画祭でグランプリを獲得した「UZAK/冬の街」も上映した。
第16回PFFスカラシップ作品「14歳」(監督:廣末哲万 脚本:高橋 泉)上映。
最終審査員
伊藤俊也、緒方 明、やまだないと、小川真司、伊勢谷友介