上映作品

コンペティション部門
PFFアワード2022
スクリーン上映


PFFアワードは自主映画のためのコンペティションです。
今年は、520本の応募作品の中から入選した、16作品をスクリーンで上映。
上映後は監督を迎えてのトークを行います。
観客賞の投票は、国立映画アーカイブの会場に加え、配信サイト「DOKUSO映画館」でも実施します。

★今年も2つのプラットフォームでオンライン配信!9月10日(土)から、映画祭会期後の10月31日(火)まで

DOKUSO U-NEXT

詳細はこちら

★映画祭最終日、受賞作上映あり!
9月25日(日)12:00~準グランプリ含む受賞作、15:00~グランプリ含む受賞作

※年齢、職業(学校名)は応募時のものです。


> 最終審査員はこの5名
> 賞一覧はこちら
Aプログラム
9月10日(土)11:30~/9月15日(木)18:30~

『アクト』

監督:田中 夢(38歳/俳優)

私はどう生きる?切実なセルフ·ドキュメンタリー

母として子供を育て、俳優として舞台に立ち、学生として大学に通う。そんな生き方に疑問を持ち、忙しい中で自分と家族を記録し始めた。カメラの前で感情をあらわにする"私"と、冷静に撮影する"私"のバランスが面白い!

2022年/カラー/78分
監督:田中 夢

『MAHOROBA』

監督:鈴木竜也(27歳/飲食店勤務)

苦しい時代、想像力と創造力で辿り着く理想郷

2020年。ブラック企業に勤める"僕"は、東京から脱出する。次々と襲いかかる不幸の先に、彼が見たものとは...。世の中への不信感を、躍動感あふれる自由な表現で打破しようとする、魂を揺さぶる唯一無二のアニメーション。

2022年/カラー/14分
監督:鈴木竜也
会場チケットを買う
  • 東京 チケットぴあ
オンラインで観る(9/10(土)より)
  • DOKUSO
  • U-NEXT
Bプログラム
9月11日(日)17:30~/9月16日(金)12:00~

『石川君、行け!!』

監督:高階 匠(32歳/映像制作会社勤務)

変なテンポが癖になる!正真正銘のエンタメ作品

かつて学生監督として名を馳せたサラリーマンの石川。ある日、地方の町のPR映画を撮ってほしいという男が現れ、しぶしぶ依頼を引き受けるが...。溢れる映画への情熱と、予測不能な展開、最後は感動。こんな映画、誰もつくれない!

2022年/カラー/80分
監督:高階 匠

『彼は誰時(かわたれどき)』

監督:谷本桃子(21歳/名古屋学芸大学 メディア造形学部映像メディア学科)

母のカメラと娘の編集が、亡き父との関係を捉え直す

境内を歩く父と娘。二人の像が重なる。カメラを持つ母の息遣いも重なる。石段の前で立ち止まると、あの日一緒に見れなかった景色が広がる。振り返る父は、家族が会いに来てくれて嬉しそうだ。しばらくお墓はいらないのかもしれない。

2022年/カラー/15分
監督:谷本桃子
会場チケットを買う
  • 東京 チケットぴあ
オンラインで観る(9/10(土)より)
  • DOKUSO
  • U-NEXT
Cプログラム
9月11日(日)11:00~/9月16日(金)18:30~

『J005311』

監督:河野宏紀(26歳/フリーター)

正反対の男二人の静かなる衝突が生む奇跡!

生きることに絶望したサラリーマン・神崎は、同じく人生を諦めている青年・山本のひったくり現場を目撃する。神崎は高額報酬で、山本にある場所への運転を依頼し...。二人の重苦しくも奇妙な旅路の行きつく先とは!?

2022年/カラー/93分
監督:河野宏紀

『バンド』

監督:河村 陸(24歳/フリーランス)

想像した未来を捨てて向かう、青春の終わり

「人を殴ってみたいと思ってさ」大学生の石田はボクシングを始めた。元々組んでいたバンドの解散を巡って、バンドメンバーで幼馴染の小峰と喧嘩をしてしまう。不器用な2人が最後にとった選択の、悲哀が胸を打つ。

2022年/カラー/28分
監督:河村 陸
会場チケットを買う
  • 東京 チケットぴあ
オンラインで観る(9/10(土)より)
  • DOKUSO
  • U-NEXT
Dプログラム
9月10日(土)14:45~/9月15日(木)12:00~

『瀉血』

監督:金子優太(20歳/青山学院大学 理工学部物理学科)

少年を苦しめるのは家族の"血"か。衝撃の復讐劇!

兄の暴力に耐える高校生の悠晟は、自分の"血"を嫌悪している。塾で仲良くなった男子生徒の言動をマネし始めて......。地獄のような家と、主人公の狂気をモノクロで描く!主演も務めた監督の半自伝的映画。

2022年/白黒/86分
監督:金子優太

『幽霊がいる家』

監督:南 香好(31歳/フリーター)

「幽霊」と「映画」の驚くべき邂逅

とある家で男と女が奥ゆかしい会話をしている。映画撮影の現場らしいが、彼らの科白が重ねられるたびに、嘘と本当はゆらぎ溶け合っていく。映画に映るすべては幽霊で、すべては真であると謳う、優しくも野心的な作品。

2022年/カラー/12分
監督:南 香好
会場チケットを買う
  • 東京 チケットぴあ
オンラインで観る(9/10(土)より)
  • DOKUSO
  • U-NEXT
Eプログラム
9月13日(火)12:00~/9月17日(土)18:30~

『水槽』

監督:中里有希(20歳/東北芸術工科大学 デザイン工学部映像学科)

雪景に煌めくガール・ミーツ・ボーイ

放課後、図書室で見かけた男子生徒に心ひかれた主人公は、衝動的に彼を追いかける。彼女は彼を救おうと、雪が舞う世界を歩み、彷徨う。彼女の一挙一動とほとばしる情動をカメラが掴むとき、鮮烈な詩情が立ち現れる。

2022年/カラー/53分
監督:中里有希

『暮れる』

監督:竹田優哉(25歳/神戸大学大学院 国際文化学研究科)

ただ「在る」ことの豊かさを映す珠玉の52分

中川悠二、22歳、ニート。祖母と愛犬との静かな暮らし。月に一度襲われる原因不明の腹痛。将来への漠とした不安。それでも日は暮れて夜が明ける。結果を追い求めず目的を手放したときに気づく。世界はこんなにも豊かなのだと。

2022年/カラー/52分
監督:竹田優哉
会場チケットを買う
  • 東京 チケットぴあ
オンラインで観る(9/10(土)より)
  • DOKUSO
  • U-NEXT
Fプログラム
9月13日(火)18:30~/9月18日(日)11:15~

『スケアリーフレンド』

監督:峰尾 宝(23歳/会社員)、髙橋直広(23歳/無職)

「つくる」ことのエネルギーに満ち溢れた力作

自作のぬいぐるみが友達の孤独な少女・ぬいこ。街で恐れられる殺人鬼・ヤバチャリ。彼らが織りなす「友達」をめぐる物語。針一本、布一枚、カメラ一台から生まれる世界に驚愕必至!観たら誰もが「つくりたい」衝動に駆られるはず。

2022年/カラー/76分
監督:峰尾 宝、髙橋直広

『Lock Up and Down』

監督:Minami(27歳/東京大学大学院 総合文化研究科)

回復へ向かう眼差しのアンビエント映画

ロックダウン下のハノイ。バルコニーから街を見下ろす日々の記録を超え、眼差しは夢想を語り始め回復の記録として綴られていく。ただじっと観察する事で自由への渇望は追体験となって世界を美しくするに違いない。

2022年/カラー/34分
監督:Minami
会場チケットを買う
  • 東京 チケットぴあ
オンラインで観る(9/10(土)より)
  • DOKUSO
  • U-NEXT
Gプログラム
9月14日(水)12:00~/9月18日(日)17:30~

『ふちしすこ』

監督:亀井史興(40歳/フリーター)

東京ひとり暮らし。思い出す家族のこと。

お兄が昔作った"ふちしすこ"を思い出し、久しぶりに実家に電話をする亀ちゃん。いつもの友人に、家族の昔話ばかりする亀ちゃんが、くすっと笑えてちょっと切ない。さりげないのに面白い、センスに溢れた意欲作!

2022年/カラー/69分
監督:亀井史興

『最も無害で、あまりにも攻撃的』

監督:中田江玲(23歳/慶應義塾大学 環境情報学部)

瑞々しく映したマイノリティの抵抗の物語

性自認に違和を感じている高校生の夏帆。家族と滞在する別荘地で、ユニークな女の子に恋をする。一方で母は、父の浮気が原因で精神を病み......。「わけわかんないこと」ばかりの世界に抵抗しようとする主人公が力強い!

2022年/カラー/40分
監督:中田江玲
会場チケットを買う
  • 東京 チケットぴあ
オンラインで観る(9/10(土)より)
  • DOKUSO
  • U-NEXT
Hプログラム
9月14日(水)18:30~/9月17日(土)11:15~

『ポラン』

監督:中村洸太(23歳/立教大学 社会学部)

誰かの大切な居場所。ある古本屋の話

宝箱のような古本屋が、コロナ下で店を閉じた。店主は閉店の日まで「お客さんに探す楽しみ、出会う喜びを」と、丁寧に本を並べる。監督自身が、幼い頃から親しんできた書店の最後の日々を、温かな眼差しで記録したドキュメンタリー。

2022年/カラー/74分
監督:中村洸太

『the Memory Lane』

監督:宇治田 峻(27歳/フリーター)

映像も街も廃校舎も。世界は大きな遊び場だ

コロナ禍で人知れず閉鎖が決まった大学キャンパス。かつてそこを遊び場としたヤツらがいた。スケボーの車輪は移ろいゆく季節と、去りゆく時間を巻き込みながら回り続ける。これは彼らの「遊び」であり、消えゆく場所への「弔い」だ。

2022年/カラー/25分
宇治田 峻
会場チケットを買う
  • 東京 チケットぴあ
オンラインで観る(9/10(土)より)
  • DOKUSO
  • U-NEXT