1. ホーム
  2. 最新情報
  3. 「第40回ぴあフィルムフェスティバル」コンペティション部門「PFFアワード2018」入選作品発表!

最新情報RSS

2018/07/05

「第40回ぴあフィルムフェスティバル」コンペティション部門「PFFアワード2018」入選作品発表!

20180705-1.jpg

「第40回ぴあフィルムフェスティバル」メインビジュアル

約4か月に及ぶ審査を経て決定した、「第40回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」のコンペティション部門「PFFアワード2018」の入選作品を発表します。

下記18本の入選作品は、9月8日(土)から国立映画アーカイブで開催する「第40回ぴあフィルムフェスティバル」で上映され、9月20日(木)に行われる表彰式にて、最終審査員らにより各賞が発表されます。

なお、今年は映画祭の初日から、動画配信サイト「青山シアター」にて、「PFFアワード2018」入選作品を同時配信します!


■PFFディレクター 荒木啓子より

「自主映画だからこそできること」
について更に深く考え、更にセレクションに時間を費やした2018年です。
自主映画だから、規制はない。何故ならそこには発注者がいないから。
作者自身が、発注者であることへの期待、個々人のアイデアがどう作品に結実していくのか、個々人の他者への距離が、どう作品を彩るのか、の期待、つまり<創作>というものへの期待です。529作品には529種の想像力が開花していることへの期待です。

そして、ご応募くださった皆様には大変お待たせしました。入選作品を発表します。
長編、中編、短編、ドラマ、ドキュメンタリー、アニメーション、混ざりました。
第40回ぴあフィルムフェスティバルでは、この18作品を8プログラム構成で上映します。

勿論、多くの強い力を放つ作品があるからこその悩みの時間でした。他に『グッドバイ』『BADDREAM』『食べる虫』『老人ファーム』は長時間の多角的な討議を呼びました。『うたた寝の少女』『ケイタネバーダイ』『びっぐすり~』『なぎさ』『プロジェクトM』は多くの支持者を得ました。『声』『運命線電車』『睡魔を祓う』『の・622』『ファッションランナー』『面接の日』『REAL WORLD』には、熱いファンが生まれました。

ぴあフィルムフェスティバルの会場となる「国立映画アーカイブ」は、通常の映画館ではありません。映画を生んできた国に、少なくともひとつは建立される、映画を保存し、そして、観せる、という「映画の歴史を絶えず刻んでいく」「映画を後世に伝えて行く」ことを使命とする場所です。その大スクリーンで上映されるとき、映画は<映画とは何か>という希望の集約となって輝きます。
この、映画祭ならではの映画体験に、是非ご参加ください。


■「PFFアワード2018」入選作品

*作品名五十音順。上映時間、年齢、職業(学校名)は応募時のものです。


Award2018-01.jpg

『愛讃讃』8分
監督:池添 俊
(29歳/大阪府出身/フリーランス)

Award2018-02.jpg

『ある日本の絵描き少年』20分
監督:川尻将由
(30歳/東京都出身/映像制作会社経営)


Award2018-03.jpg

『一文字拳 序章 -最強カンフー少年対地獄の殺人空手使い-』66分
監督:中元 雄
(26歳/広島県出身/WEBデザイナー)


Award2018-04.jpg

『オーファンズ・ブルース』89分
監督:工藤梨穂
(22歳/福岡県出身/京都造形芸術大学 芸術学部)


Award2018-05.jpg

『からっぽ』52分
監督:野村奈央
(23歳/静岡県出身/武蔵野美術大学 造形学部)


Award2018-06.jpg

『カルチェ』70分
監督:植木咲楽
(22歳/大阪府出身/京都造形芸術大学 芸術学部)


Award2018-07.jpg

『川と自転車』44分
監督:池田昌平
(33歳/千葉県出身/アルバイト)


Award2018-08.jpg

『貴美子のまち』37分
監督:芦澤麻有子
(22歳/神奈川県出身/武蔵野美術大学 造形学部)


Award2018-09.jpg

『Good bye, Eric!』18分
監督:高階 匠
(28歳/東京都出身/会社員)


Award2018-10.jpg

『最期の星』27分
監督:小川紗良
(21歳/東京都出身/早稲田大学 文化構想学部)


Award2018-11.jpg

『山河の子』57分
監督:胡 旭彤
(22歳/中国出身/日本映画大学 映画学部)


Award2018-12.jpg

『シアノス』40分
監督:松本 剛
(33歳/島根県出身/フリーランス)


Award2018-13.jpg

『シャシャシャ』31分
監督:亀井史興
(36歳/新潟県出身/派遣社員)


Award2018-14.jpg

『19歳』29分
監督:道本咲希
(20歳/大阪府出身/ビジュアルアーツ専門学校大阪)


Award2018-15.jpg

『すばらしき世界』40分
監督:石井達也
(20歳/茨城県出身/東放学園映画専門学校)


Award2018-16.jpg

『小さな声で囁いて』110分
監督:山本 英
(26歳/広島県出身/東京藝術大学大学院 映像研究科)


Award2018-17.jpg

『モフモフィクション』7分
監督:今津良樹
(32歳/静岡県出身/東京藝術大学大学院 映像研究科)


Award2018-18.jpg

『わたの原』51分
監督:藤原芽生
(22歳/東京都出身/会社員)

■一次審査通過作品

※作品名五十音順。

『穴を掘る』
監督:矢川健吾
『いっちょらい』
監督:片山 享
『うたた寝の少女』
監督:山羊博之
『運命線電車』
監督:栗原 開
『おそろし村』
監督:加藤正顕
『温泉しかばね芸者』
監督:鳴瀬聖人
『ガーデンアパート』
監督:石原 海
『からっぽの横』
監督:川上知来
『キドアンラク』
監督:片岡拓海
『極東ゲバゲバ風雲録』
監督:中島悠作
『グッド・アフタヌーン』
監督:山本 英
『グッドバイ』
監督:今野裕一郎
『クマ・エロヒーム』
監督:坂田貴大
『ケイタネバーダイ』
監督:中村友則
『声』
監督:串田壮史
『ゴムの木』
監督:鹿出俊恵
『最悪なハタチの誕生日』
監督:佐々木 茜
『幸せな家庭』
監督:鈴村 悠
『睡魔を祓う』
監督:高島優毅
『席のむこう』
監督:丹野幸一郎
『Z-a-Z』
監督:横山源二
『背中に歌う』
監督:植松眞人
『線香花火』
監督:菊地美咲
『前後左右○□』
監督:脇田颯人
『その消失、』
監督:狩野比呂
『Songs All Unsung』
監督:Kanne Vee
『大回転ワゴン撃ち』
監督:並河信也
『食べる虫』
監督:金子由里奈
『注射針をブルーシートで』
監督:小宮山みゆき
『Tokyo 2001/10/21 22:32-22:41』
監督:奥山大史
『弔』
監督:ムラマツ健太
『なぎさ』
監督:古川原壮志
『2月29日』
監督:香西 怜
『の・622』
監督:横川寛人
『バージンロード』
監督:長谷川裕加
『灰色』
監督:鈴木康太
『BADDREAM』
監督:宇佐美 基
『Happybirthday Raymond』
監督:渡邉高章
『花の上』
監督:林 暢彦
『パンクロックベイビー』
監督:吉田麻希
『びっぐすり~』
監督:湯淺 士
『ファッションランナー』
監督:小野峻志
『不毛』
監督:余 暁瑞
『プロジェクトM』
監督:千葉大輝
『亡霊は笑う』
監督:石川泰地
『窓際の部屋』
監督:池田昌平
『みそら』
監督:黒澤悠大
『昔の恋人』
監督:道本咲希
『向こうの家』
監督:西川達郎
『面接の日』
監督:西 貴大
『戻る場所はもうない』
監督:笹井歳春
『葉子のこと』
監督:山西竜矢
『夜のテニスコート』
監督:羽蚋拓未
『夜の果て』
監督:佐藤安稀
『REAL WORLD』
監督:清水 遼
『リビング』
監督:十城義弘
『REC』
監督:鹿草正軌
『老人ファーム』
監督:三野龍一
『惑乱』
監督:直井佑樹


■「PFFアワード2018」セレクション・メンバー

青木希羅(IT企業社員) 荒木啓子(PFFディレクター)
五十嵐耕平(映画監督) 江村克樹(PFFスタッフ)
尾形友利亜(映画会社社員) 小原 治(映画館スタッフ)
神原健太朗(映画イベント主宰) 木村奈緒(フリーライター)
佐藤杏奈(映画館スタッフ) 杉浦真衣(書店員)
長井 龍(レコード会社社員) 中山雄介(PFFスタッフ)
新谷和輝(中南米映画研究者) 原 武史(レンタルビデオ店スタッフ)
安川有果(映画監督) 結城秀勇(ライター・映写技師)

*敬称略。五十音順


■応募作品・入選作品データ

【入選作品データ】
入選本数 ... 18本
年齢 ... 平均:25.9歳 最年少:20歳 最年長:36歳
男女比 ... 男性(10本):55.6% 女性(8本):44.4%
上映時間 ... 平均:44.2分 最短:7分 最長:110分

【応募全体データ】
応募本数 ... 529本
年齢 ... 平均:30.0歳 最年少:13歳 最年長:67歳
男女比 ... 男性(414本):78.3% 女性(115本):21.7%
上映時間 ... 平均:35.2分 最短:1分 最長:205分


「第40回ぴあフィルムフェスティバル(PFF)」
【会期】2018年9月8日(土)~22日(土) ※月曜休館
【会場】国立映画アーカイブ(旧 東京国立近代美術館フィルムセンター)

★関連記事
・働きながら、映画祭を楽しもう!「第40回ぴあフィルムフェスティバル」ボランティアスタッフ募集

ページ上部へ