1. ホーム
  2. PFFディレクターBLOG
  3. 2013年6月

PFFディレクターBLOGRSS

2013/06/17 21:04:01

NIPPON CONNECTIONのこと

前回少しだけ書いたNIPPON CONNECTIONのこと。
公開の迫る『賢い狗は、吠えずに笑う』が招待された渡部亮平監督の体験記が、間もなく「海外映画祭レポート」にアップされる予定ですので、そちらも是非ご覧ください。

そう。そこにあるように、自由時間がこんなに不安なく充実する映画祭もそう多くはありません。
更に、日本語のできる人に囲まれ、言葉が出来なくてもほぼ大丈夫。
しかし残念ながら私は、滞在中ずーーーーと仕事が詰め込まれておりまして、一週間で食事をしたのは3回、飲んだのは最終日、という素晴らしいダイエットライフが送れましたが(痩せない)、あまりの強い日差しに、肌がひりひりのぼろぼろのしわしわの史上最悪の乾燥地獄になり、焦った焦った。
ただいま、祝!ヒット公開中のインド映画『きっと、うまくいく』主演のアーミル・カーン(44歳)が、18歳の役づくりにやったことのひとつに、「一日に水を5リットル飲んだ=肌にハリが出る」という言葉があり(胃液が薄められすぎて危険そうですけど・・・)「そうだ!水分で乾燥は緩和するはず」と水を飲んでみても、なんといってもドイツは硬水で更に炭酸水ですから、そう多くは飲めない。そして硬水のシャワーも、なんだか乾燥促進剤のように、痒みが増すばかりでございました。
「次回からは水をスーツケースに入れてくるかな~」とか、バカなことを考えるのでした。
そういえば、フランクフルトのスーパーには、ベルリンのように水の種類が多くなかったなあ・・・いえ、スーパー一軒しか行ってないですけど・・・

同じドイツのベルリン国際映画祭は91年から毎年通っていますが、NIPPON CONNECTIONは04年に来たっきり。
第13回の本年、会期も会場も大きく変わった新展開年に立ち会えました。
以前は駅を挟んで反対側にあるゲーテ大学校舎を会場に、3月末か4月に開催していた、学園祭な雰囲気の強かった記憶があります。
04年参加時は、丁度ホテルの部屋に『運命じゃない人』のカンヌ出品決定の電話を貰ったのです。そこから内田監督に電話して(当時の携帯からの国際電話はなんだか音がぼやぼやと通じにくかったことを思い出しました)ふたりで意味もなくただ笑っていた記憶が甦りました。
その内田監督の最新作、『鍵泥棒のメソッド』が、今回、観客の人気投票で決定する「NIPPON CINEMA賞」を受賞し、不思議な縁を感じました。

「NIPPON CINEMA賞」は、商業映画の人気投票と言えます。
一位『鍵泥棒のメソッド』、二位『横道世之介』、三位『テルマエ・ロマエ』と笑える映画が上位を占めていました。世相でしょうか。
前記の『賢い狗は、吠えずに笑う』は、渡部監督の自主制作長編で、ひとりでゼロから始めた力作なのですが、自主映画を集めた「NIPPON VISION」ではなく、プログラマーの熱狂的な感動から「NIPPON CINEMA」部門にラインナップされていました。
エンターテインメント過ぎるからかしら?でも感激です。

同時上映作が、同じく昨年のPFFアワード2012入選作品から、加藤秀則監督の短編『あの日から村々する』。英語タイトルがMORE FUKUSHIMAとあるように、FUKUSHIMAの原発事故で生まれ故郷を離れることを余儀なくされた曾祖母のためにつくられた、怒りを込めたコメディです。「コメディ映画にする」その表現方法が賞賛されての招待です。

今回私は、1:NIPPON VISIONSの審査員を務める 2:『あの日から村々する』と『賢い狗は、吠えずに笑う』の上映後のトークに渡部監督と出席する 3:現在の日本の映画制作状況についてのシンポジウムへ、東京芸術大学のみなさんと一緒に出席する 4:映画に描かれる福島について、『おだやかな日常』の杉野プロデューサーと、『A2』のイアン・トーマス・アッシュ監督と、加藤監督に代わって参加する 5:PFF CLASSICSという特別プログラムの解説をする
と、5つの仕事がびっちり詰め込まれていることを現地で知りびっくり仰天。
同時に驚いたのは、ヨーロッパ中、日本からも、日本映画の専門家や優秀な通訳を招聘していることです。

シンポジウムのモデレーターとして、日本からトム・メスさん、ベルギーから、ロッテルダム映画祭の通訳としてもお馴染みのリュックさんが登場しましたし、廣木隆一監督、西川美和監督、沖田修一監督をそれぞれフィーチャーしたディレクターズ・トーク進行には、お二人のほか、ロッテルダムの日本映画祭「カメラアイ」のアレックスさんがいらっしゃいましたし、各地の日本映画通大集合です。
更に、後半にはベルリン国際映画祭フォーラム部門で、毎年素晴らしい通訳をしてくださる梶村さんが登場。他に5名、すごいなあと唸る通訳が集められ、いやはや通訳の充実にもびっくりです。

ボランティアスタッフも日本語の堪能な人が多く、ひとりひとりに「日本に興味持ったのはなぜ?」と聞きたくて仕方なくても時間なしで涙をのみました。

ドイツは、小学校から英語が第一外国語として義務教育となってから(15年位前と聞きましたが、確認してない情報です)急速に英語の通じる場所になっています。
ここ数年、ベルリン国際映画祭がすっかり英語字幕での上映と質疑応答に切り替わったのを茫然とみていましたが、今回のNIPPON CONNECTIONも英語一色。スタッフにはドイツ語の出来ない人もいて、英語で全てが回っている感を強くしたのでした。

これまでの映画祭訪問体験からは、スカンジナビア半島や、スロベニアなどの小国、そしてオランダでは昔から当たり前に英語が使えましたが、大陸の大国のこの英語化のスピードには、毎度驚かされます。
また、EUになって国境を超えるとき、一番簡単な英語が自然と浸透することになったのか、自国を離れて働く人たちの共通語は、英語になっています。
タクシーに乗る時も、言葉の変化を切実に感じます。
近年ベルリンに多いのが、ポーランドから来たタクシードライバーたち。
英語通じます。スペインやギリシャからの労働者も同じく。

ベストシーズンのフランクフルトだったからでしょうが、極寒の2月しか体験していないベルリンと随分雰囲気の違う街に感じました。おだやかで、優しい。心がほどけます。
上映の環境は決していいとは言えない~本来はダンス劇場である会場と、石鹸工場をリノベした特設会場での映画祭ですので~NIPPON CONNECTIONですが、そこが気にならない人には、世界で一番安心して参加できる映画祭と言えることを改めて確認しました。

そういえば、今回の上映130作品のうち、35ミリフィルムが2本、16ミリフィルムが2本、他はすべてデジタルでした。
これまた驚きの現実です。
2本の16ミリは、PFF CLASSICの作品でしたが、この上映のために、映写機を用意してフランクフルト一の映写技師を手配してくれたことには感激です。

ベルリンの話と交錯した書き方ですいません。
共和国ドイツは、土地によって随分とカラーが違うことを感じたものですから。
ところで、前記、ベルリンで通訳をしてくださる梶村さんから伺ったのですが、ベルリン映画祭フォーラム部門が経営する映画館「アルセナール」の設立50周年パーティーが先日行われたそうです。
ウルリッチ&エリカ・グレゴール夫妻の創設したこの小さなアートシアター。現在では
2館となっていますが、グレゴール夫妻を讃えるとても暖かな会になったとのこと。
フォーラム部門は、スタッフを大切にすることも有名ですが、歴代のフォーラム関係スタッフも集まり楽しい時間だったそうです。
50年。半世紀。あっという間に過ぎていくのかもしれませんね。

私もなんだかんだでもう20年この仕事に携わっているのを、今回、ソウルとフランクフルトの旅で実感しました。昔会った人たちとの再会が多くて。
同時に、映画祭世界での上映作品や、登場する監督たちに、明確な世代交代を感じて、頼もしく思います。
カンヌでの、是枝監督とジャ・ジャンクー監督の受賞には、特にそのことをしみじみと思いました。
常に、新時代が生まれているからこそ、この仕事を続けられるんだなあと実感しつつ帰国しました。

2013/06/17 02:05:25

駆け足で、九州、関西、ソウル体験を記してみます

あらま!どしどし旅のレポートをする心積りが、すでに帰国から5日経過・・・
慌てて、九州から記憶を甦らせてみます。

初めてGWに実施した「PFFin福岡」。休日のイベント開催はいいなあと実感です。
遠方から駆けつけてくださったお客様もいらした様子(上映作品の関係者ではないかと推定・・・)だったのですが、お話できず、気楽な雰囲気をつくれていなかったかなあと反省しました。
例年より活気のある会場に、来年もGWの福岡開催が決定しそうです。
嶺監監督と廣原監督が東京から来場され、廣原監督は憧れの青山真治監督が観に来てくださり大感激していました。

福岡での会場「福岡市総合図書館 シネラ」は、いささか博多駅や天神から距離があるのですが、日本でも指折りの装備の整った稀有な場所ですから、上映のクオリティーに自信があります。
来年のGWには、是非九州の旅+PFFを計画して欲しいなあと思うのでした。
福岡からなら、佐賀、長崎、鹿児島、熊本、あっというまの距離ですので、九州旅の拠点としてもばっちりです!

そして、同時期に開催されていた「北九州映画祭」も訪問しました。
『任侠外伝 玄界灘』上映に惹かれて出掛けたのですが、つい、続けて『斬り込み』と『一条さゆり 濡れた欲情』もみてしまいました。
北九州の古い映画館「小倉昭和館」を会場に、地元出身の監督たちに彩られた濃い映画祭です。もしかしたら、湯布院映画祭に似ている?・・・と言っても、私は湯布院映画祭未体験ですので、人からの又聞きですが。

『任侠外伝 玄界灘』の壮絶なラストシーンに「誰か止めて~~~」と心で祈りました。命がけの撮影です。
まだご健在と聞いた安藤昇さんが劇中で詩を呟く、その素晴らしさも忘れ難く、唐十郎さん唯一の映画監督作品として、情念の込め方、尋常ではありません。
プリント状態はかなり劣化しておりましたが、ここでしか観ることの出来ない作品でした。

『斬り込み』は始まってから、吉川潮さん原作の映画化であることに気付き、これまたみたかった作品でした。菅原文太さんが現在ほぼ引退状況なのが残念でなりません。
勿論、『一条さゆり 濡れた欲情』はいつみても大傑作。ちなみに、神代辰巳監督は佐賀出身です。

そして九州から、神戸アートビレッジセンターで開催の「第2回爆音映画祭in関西」へと移動です。今年も東京会場に行くのは難しそうでしたので、神戸と京都で体験です。

かつてとんでもない衝撃を受けた『汚れた血』を再見するのが一番のドキドキだった今回のラインナップ。結論としては、「今観ると更に更によかった!」
こんな複雑な撮影を可能にしている当時の技術と予算の大きさをしみじみと感じたのは、自分が映画の仕事をするようになったからでしょうか。
これ、大作ですよ。今みると。

未見作品では、『湖畔の2年間』と『ブルース・ピックフォード作品集』がとんでもなかった。是非みてほしい・・・と書きながら、すいません。東京の爆音終了してましたので別のチャンスに是非是非!
そして、みるたびに新たな発見と感動の『ディア・ハンター』。
モブシーン右に出るものなしのマイケル・チミノ!としみじみしたと同時に、クリストファー・ウォーケンしか記憶に残らなかった初体験から、今回は、ロバート・デニーロの凄さを心から認識するまでに成長した我が身。遅いですかね。これからもチャンスの度に観る予感がしますが、爆音上映でこれまで気づかなかった何かが刺激されるのを感じます。

会場のギャラリースペースでは、GOMAさんの画も飾られ、『フラッシュバックメモリーズ』も2D上映ながら大変盛り上がりました。この作品で、松江監督やスタッフの技術の高さに感動したのですが、半月後、フランクフルトのNIPPON CONNECTIONで一緒にお仕事することを、このときはすっかり忘れていました。
余談ですが、後日、松江監督から、立川での上映が自分の立ち会ったなかでは史上最高の音と画だったと聞き、俄かに立川への興味が高まるのでした。

2週間おいて、大雨続きの韓国のソウル国際女性映画祭へと飛びます。初めての参加です。
発起人の中心は大学教授を中心とした女性学を専攻する知識人たちと女性監督たち。プログラマーは、映画専攻の女性たち。という、日本ではなかなか起こらない動きから生まれた映画祭です。

釜山国際映画祭も、そういえば、釜山大学の映画研究会の先輩後輩で構成され、大学で教えてもいましたし、他の韓国の映画祭も、映画研究者からのルートが主流です。いえ、既に、そのルートが確立されている感もあります。
いろんな映画祭の成り立ちがあるなあと、近年感じることが多々あり、もう少し系統立てて整理してみたいものです。

ここには明治学院大学の斎藤綾子先生が毎年通っておられるそうで、めったにない機会にお話させていただいたのですが、日本では女性学が映画と繋がっていないことを少しだけ伺いました。
日本のアカデミックと映画祭と映画産業の分離は、それはそれでアナーキーで面白いのですが、これはつまり映画のポジションのバラバラさを表しているのか、女性映画祭に特化しては、根本的なところで、社会に於ける女性の意識が違うのか、これまた考えてみたい課題満載の刺激的な滞在でした。

今回10年ぶりのソウルへの旅に、私をパネル・ディスカッションのパネラーとして招聘してくださったプログラマーのMiyojo hwangさん(うまく発音できないのでカタカナで書けずすいません)は、非常に情熱的な人で好きな監督の作品を見るためなら、インタビューする為なら、どこにでも飛んでいくようです。
近々では、映画祭が終わったら、すぐ大阪に『リアル』の封切りをみにいくと物凄く楽しみにしていました。

彼女の親友で、映画祭の通訳をしてくれたユミさんの日本語力が素晴らしく、昨年の釜山に続き、韓国の映画祭の日本語通訳レベルのアップに感心です。
彼女は、なんと、大島渚監督への憧れが嵩じて京都大学の院に進んだそうで、大島監督が住んでいたと聞いた学生寮でネズミや虫に大いに悩まされる学生生活を送ったとか・・・(結局それはガセネタで、大島監督は住んだことがなかったそうですが・・)
今は、シンガポールで引き続き学んでおられ、英語もばっちりです。

そんなふたりの情熱に、「私は純粋に、熱く、誰かを追いかけたことがあるだろうか・・」と我が身を振り返ったソウル滞在。
更にソウルでは、つい東京の仕事を部屋で続けたり、上手なマッサージ屋さん情報を聞きつい出かけたり「毎日朝から晩まで劇場で映画三昧」になっていなかったことも、深く深く反省しました。

そして今年の開催は、韓国最大の企業であるサムソンの労働状況を撮影したドキュメンタリー(たくさん生まれているようです)を1本上映する、と決定したこの映画祭から、映画祭最大のスポンサーであるサムソンが手を引く、という直前の大きな経済的打撃があったそうですが、映画祭の存在を世界に広めるべく、各国の女性映画祭ディレクターを招待したり、映画祭会期を、学生が来場しやすい試験後の6月に移動したり、さまざまな試みをやっていました。

韓国では「国際映画祭」という名称を許可され、予算を貰う為には、100本以上の上映作品を持ち、半数以上が外国作品で、海外からの招聘ゲストの数の規定もあるとか。あまり細かくヒアリングしていなかったので曖昧ですが~
ですので、どんな状況でもやることはやらなくてはならず、予算によって内容を変えるのが難しいという現実もあるようです。
・・・という曖昧なことを無責任に言ってるのもいけませんので、今度きちんとレポートしたいと思います。

日本からは、昨年のPFFアワード2012入選の山戸結希監督が、コンペティションに『HerRes~出会いをめぐる三分間の試問3本立て』招待作品に『あの娘海辺で踊ってる』と2作品が招待されて参加。フランスの監督が大層山戸ファンになっていました。
他に、西川美和監督が、Japan Foundationの援助で招待が実現し、皆さん感激していました。
2監督とは、その後、NIPPON CONNECTIONでもお会いすることになります。

ひゃ~!写真もなく(撮るのも撮られるのも習慣がなくてスイマセン)こんな長い文章になって、読む人いなさそうですので、ここまでに致しまして、次は記憶のあるうちに、先週訪れたNIPPON CONNECTIONを綴ってみます。

NIPPON CONNECTIONには、審査員として参加しましたので、勿論朝から晩まで映画三昧で、一年間で一番気候のいい、素晴らしい6月のヨーロッパを体験できずちょっと悲しかっった。ソウルのように雨ならよかったな~とか、罰当たりなことを思ったのでした。
そこでは、山のような日本研究者が集合し、さながらヨーロッパの日本語堪能映画大好きな人のメッカと化しておりました。面白いバックグラウンドを持つ人も多く、10年ぶりのソウルに続き、これまた10年ぶりのNIPPON CONNECTION。驚き満載でした。

2013/06/11 15:45:15

ドイツから帰国しました。旅また旅の46日間でした。

タイトルでいきなり"ブログ無更新記録の言い訳"をしております・・・
今日から暫く時差ぼけ出そうです。
*以前は帰国日に徹夜すると改善すると思っていましたが、今では効果はないことを実感しています。

GWの「PFFin福岡」開催と「北九州映画祭」への参加後、神戸と京都で「爆音映画祭」に参加(東京ではなかなか出向けないので)しながら、ゆるゆると東京に戻り、5/26から4日間、10年ぶりのソウルで、「ソウル国際女性映画祭」に参加し、6/3から本日まで、フランクフルトの「NIPPON CONNECTION」に参加してきました。
気づくと、旅と、第35回PFFの準備とあいまって、「いつどこで何をしていたか?」記憶の時間軸が交錯しそうなこの46日間でした。
そして、韓国もフランクフルトも、どちらも羽田発着だったことも、成田闘争を思い出すと、なんとも複雑な気分なのでした。

ホテル暮らしの楽しみは、「他人が毎日掃除してくれること」にあります。
「こうして毎日掃除しないと部屋ってきれいにならないのよね~」と毎度毎度実感しますが、何故か習慣付かない自分の暮らし・・・
では習慣になってる、ってことはなんだ?と検証してみたりします。

わざわざ言うまでもなく、現在、概ねどのホテルにも大型テレビが置かれています。
実は人生で初めてNHKの連続テレビ小説(しかし「テレビ小説」ってすごいタイトルですね)『あまちゃん』の"録画"をみている私。テレビアンテナ繋いでない暮らしなので友人の好意のおかげです。
旅に出る前には「ホテルではテレビで毎日『あまちゃん』放映チェックができるのでは!人生初リアルタイム鑑賞!?」と楽しみにしていたのですが、見事に「テレビをつける習慣ゼロ」を痛感する日々になりました。全く一度もスイッチをいれなかった・・・

というわけで、『あまちゃん』のこの一か月の展開をみずに日々は過ぎて、このままでは、7月にオンエア2か月分を一挙鑑賞することになりそうです・・・2か月分って、どんだけ?そもそも録画入手できないかも・・・

そんな中、キネマ旬報社から出た松田龍平さんのインタビュー本(泣けるほど映画に誠実です)をいただいたので、早速読みましたら、どうも松田さん演じるマネジャーによって、主人公のあきちゃんは芸能界に入るらしい。
ここで大島弓子さんの『クレイジーガーデン』のテルちゃんを勝手に想像したのは私だけでしょうか。どうもかぶってしまい、いろいろと今後の展開を想像するのであります。

しかし『あまちゃん』のキャスト&スタッフはすごい!素晴らしい。
あれだけの芸達者に長い間囲まれる新人の幸運をしみじみおもうのでした。
とりあえず、7月の楽しみは『あまちゃん』という気分に、それでいいのか?と自問自答中です。

と書いていて、ふと思い出したことがあります。
「アイドル」という日本語の翻訳に困っている人は多い。
「アイドル」という職業(?)は、日本独自のものですから、その言葉はそのままでは全く通じない。
以前、映画祭の通訳さんに「どう訳せばいいんでしょう」と相談されたことを思い出します。同時に、私自身がよくわかっていないことを知ったのでもありますが・・・・
「文化」って、確立されたもの=翻訳が難しいもの、なのかもしれないな~

『あまちゃん』をリアルタイムでみなかった体験によって(あらま!ここまで6回もタイトル書いてますよ・・・)、映画をみる習慣についても考えてしまいました。
現在、映画館に行くのも、習慣の成せる技とも言えそうです。
子供時代に年中誰かが映画に連れて行ってくれた人は、確実に映画館通いが習慣付けられる。映画監督には、その習慣を持つ人が圧倒的だと感じています。
そして、映画祭に通うという習慣を持つ人も、確実に生まれていると感じます。
北九州、爆音, ソウル国際女性映画祭、NIPPON CONNECTIONと、印象的だったことや驚いたことなどをこれからご紹介していきたいと思います。

そして、もちろん、第35回PFFの開催準備も進行中です。
進行中というより、むしろ、「PFFアワード2013」のセレクションは佳境です。
本年は、第35回を記念して、渋谷シネクイントでの開催となることで、開催期間は1週間と短くなりますが、たくさんプログラムを詰め込む計画です。
決定次第、ご紹介していきます。

話は変わりますがご報告です。
「キネマ旬報」の★とりコーナー参加をすることにしました。
映画の「★」つけには正直興味はありませんが、自主映画と邦画最優先生活が加速し、外国映画を観る機会が増々減っていることに危機感を感じていたこともあり、「他人の選んだ作品を強制的にみる」ことを自分に義務付けてみました。
一年間で100本弱の洋画をみることによって、何かの発見があることを期待もしています。
もうひとつ、私個人はfacebookもtwitterもやっていないことをお知らせしておきます。
どなたにも友達申請できずに失礼しております。すいません。

ページ上部へ