1. ホーム
  2. PFFディレクターBLOG
  3. 2009年8月

PFFディレクターBLOGRSS

2009/08/29 02:31:55

驚き

090820_1140~01.jpg

話に出た映画をみたくなることの続きです。
大島渚講座企画で、プロデューサーの若松孝二監督を迎えて「愛のコリーダ」を上映した際に、田中登監督の「実録阿部定」の話が出て、み始めたらやっぱり止まらず、立て続けに「?女郎責め地獄」「人妻集団暴行致死事件」と朝になりました。
いつもながら「何も知らずにロマンポルノを見に行って二本立ての一本目か二本目かに、こんな映画をみてしまう30年前の男子たちは凄いなあ。技術陣も俳優たちも日本映画の底力驚くなあ。文化度高いなあ」としみじみと感慨深いのでした。止まらない。
でもスクリーンでみた人の驚きにはかなわない。
「驚き」
それをごく最近一番感じたのは、これまで全く知らなかった「松尾塾」という、子供に歌舞伎を教えるところです。14歳までの子供たちを月謝なしでみっちり仕込んで、一年に一回、舞台、つまり発表会をやるのです。
その会をみに行けなくなった方から、代わりに是非と頼まれ、ちょっと覗く程度と思い出掛けたら、気圧されて、最後までじっくり鑑賞してしまいました。
ここまで本格的な舞台装備であること、ここまで4歳から14歳までの普通の子供たちが歌舞伎をやれること、人間の可能性に感嘆する驚きの体験でした。
あれ?なんだか歌舞伎三昧の八月だったかもしれません…

2009/08/27 10:43:55

全国ツアープログラミングちゅう

090820_1143~01.jpg

あっというまに東京開催終了から月日が経ってしまいました。
この間はコンペティション部門「PFFアワード2009」各賞発表後の諸手続きや、映画祭でお借りしたものお預かりしたものの返却、そして全国ツアーの準備に明け暮れました。お世話になった皆様ありがとうございました。映画祭は開催準備より完全終了までの諸事のほうが、気の張る作業かもしれません。
全国開催5都市、京都、福岡、仙台、名古屋、神戸は、アワード全作品とスカラシップ最新作の上映は共通で、更に招待作品として、イーストウッドと大島企画をいくらかでも実施できないか相談中です。九月早々にはプログラム発表、を目指しています。
ところで、以前、アワード作品「青春墓場〜問答無用〜」の奥田監督から舞台挨拶で深作欣二監督の名がでたので「仁義なき戦い」をつい見てしまった話をしましたが、奥田さんが具体的に挙げたのは、64年の「狼と豚と人間」です。物凄い三兄弟の話。
深作監督から、昔、撮影場所は銀座のすぐそばだったと伺い仰天しました。先日は手許にこの作品がなかったので、他をみた次第です。すいません。
映画祭開催中話題に出た作品はつい見たくなります。

2009/08/05 00:17:28

仁義なき戦い

コンペティション入選作品「青春墓場〜問答無用〜」の奥田監督が、舞台挨拶で『撮影現場に深作欣二監督が降りてくると』言ってから、そんな場合かと思いつつ、ついつい気になって観てしまいました。「仁義なき戦い」シリーズ。
おお、あの時代の血糊の赤さは、日米共通だなあ...と、一応、現在進行形のイーストウッド特集とシンクロする研究課題をみつけてみました。

東京開催も残すところあと一日。
まだイーストウッドをスクリーン体験したことがない方は、初体験をおすすめしたい最終日です。

2009/08/01 23:51:54

一段落

090801_1549~01.jpg

30日の大島渚講座とスカラシップ作品お披露目、31日の表彰式、と、激動の二日間が終了し、今日から名残惜しいイーストウッド特集最後の上映に入りました。変わらずプリントの美しさに感動しています。

30日大島渚講座の最後を飾ったのは、是枝裕和監督による、大島監督のテレビドキュメンタリーについての講座でしたが、予定の進行も、予定の時間も、大きく変わり、なんと三時間の講座に!
講師も参加者もへとへとになったような...
他の監督の作品を実作者が語る困難を、今回の大島渚講座ではそれぞれの講師に強いてしまったことを感じましたが、それ故の刺激的な時間になったとも思います。

大島渚講座、まだまだ追求していけたらと考え始めている自分が危険です。

講座には、是枝監督の長い友人である橋口亮輔監督も来場し、休憩時間には自身の自主作品を集めたDVDのサインつきディスカウント販売もしてくださいました。

続く最新スカラシップ作品「川の底からこんにちは」の舞台挨拶も予定と大きく変わってしまい、どたばたでしたが、作品は笑いと涙をご提供できたのではと思います。今回を逃した方は、是非公開時にご来場をお願い致します。

そしてコンペティション部門「PFFアワード2009」表彰式も昨夕終了。
プレゼンテーターからの素晴らしい授賞コメントや、監督たちからの近年最も感情的な受賞コメントを、写真もあわせ近日中に特設ページでアップします。

&写真の花は、最終審査員の胸につけていただいたブーケです。

そしてあっというまにもう八月。
全国開催のプログラミングに入ります。

ページ上部へ