1. ホーム
  2. PFFディレクターBLOG
  3. 賞男?熊坂出監督

PFFディレクターBLOGRSS

2012/08/31 23:01:00

賞男?熊坂出監督

『パークアンドラブホテル』で、日本人初のベルリン国際映画祭最優秀新人作品賞を受賞した熊坂出監督ですが、またまた「日本人初の受賞」を達成しました。
28日に閉幕したCINDI=シネマデジタルソウルフィルムフェスティバルで、5年ぶりの新作長編『リルウの冒険』が、グランプリにあたる「レッドカメレオン賞」を日本人で初めて受賞。更に国際的な批評家による賞「ブルーカメレオン賞」も授けられるという、ダブル受賞も達成です!
レッドカメレオン賞、今回の審査員は、イム・サンス、瀬々敬久、ワン・ビンという、気骨ある監督たちと、女優のキム・へナさん。
そして、『リルウの冒険』現在のところ、まだ公開の予定は固まっておらず、第34回PFFの招待作品部門にて、ただ一度、9/21金曜日18:30~の上映が決定しているだけなのです!
熊坂出監督が、脚本、撮影、製作も行った、ばりばりの自主長編映画『リルウの冒険』。ひとことで言えば「ファンタジー」と言えるこの映画を、是非多くの方に楽しんでいただきたいと願っています。

間もなく8月31日も終わり、9月1日に突入です。
PFF開催まであと17日。2週間と3日に迫りました。
今日からは、このブログはじめ、様々な方法で、映画祭上映作品のあんな情報、こんな情報を伝えていきたいと思います。


プロフィール

PFFディレクター
荒木啓子 Keiko Araki

雑誌編集、イベント企画、劇場映画やTVドラマの製作・宣伝などの仕事を経て、1990年より映画祭に携わる。1992年、PFFディレクターに就任。PFF全国開催への拡大や、PFFスカラシップのレギュラー化、海外への自主製作映画の紹介に尽力。国内外で映画による交流を図っている。

最新記事

アーカイブ

ページ上部へ