1. ホーム
  2. PFFディレクターBLOG
  3. 2011年10月

PFFディレクターBLOGRSS

2011/10/24 01:20:17

東京国際映画祭が始まりました

先週、金曜夜は、激しい雨に驚きながら、翌日の初日の準備に忙殺されているであろう東京国際映画祭(TIFF)のことを考えていました。現場の施工はじめ、大がかりな対策が必要な大規模な映画祭ですから、無事好天で迎えた初日の安心はいかばかりかと思います。他人事ながら「よかったな~」と。天気が気になる仕事、それは映画祭です。いや、殆どの仕事はそうなんですけど・・・("好天"と"荒天"は一字違いで同じ音なのが皮肉ですね)
土曜日は『家族X』トークイベントがあったりで、まだ参加できていないTIFF。折角の都内での映画祭ですから、会期中できるだけ多くの映画を観たいものだと考え、遅ればせながらプログラム検討に入っています。(また今年も出足が遅れました)
TIFFでは、26日13:20から、TOHOシネマズScreen6にて、PFFアワードグランプリ作品『ダムライフ』の特別上映があります。その上映前のシンポジウムでは、昨年の「日本映画・ある視点」部門の作品賞を受賞した『歓待』のプロデューサーを迎え、その後の作品展開についてじっくりお話を伺うそうです。昨年は"自主映画"というテーマのもと、私もシンポジウムに参加したこともあり「日本映画・ある視点」部門の作品は全て拝見したのですが、『歓待』傑作です。このブログをお読みの方で、多分未見の方はおられないとは思いますが、近年の日本映画で、国内外で素晴らしく評判となった作品のひとつですので、世界展開を目指す方々には参考になるお話が聞けるのではないでしょうか?
また、本日、19:00からは、六本木アカデミーヒルズ49オーディトリアムにて、「海外映画祭プログラマーサミット」が開かれるそうです。「ユニジャパンエンターテインメントフォーラム2011」の一環です。二時間に渡り、日本映画を頻繁に招待する海外映画祭のプログラマー5名が日本映画について話をするそうです。
そもそも、直前に開催される釜山国際映画祭に参加して、東京国際映画祭までの日々を近隣国での作品探しに使う、という<韓国・日本を含むアジアの旅>を設定するプログラマーは少なくありません。こんな企画がもっと増えるとパネラーにとっても経済的に助かる、お互いハッピーな企画だなあと思いました。今回のパネラーには、ベルリン国際映画祭のフォーラム部門ディレクター、ロッテルダム映画祭のアジア・アフリカ担当プログラマーも。どちらもPFF作品を長年招いてくださっている映画祭ですが、開催時期の近い映画祭ですので、近年はプレミア合戦がヒートアップしており、どちらにどの作品を観ていただくか、私の悩みのひとつになっています。
あるパネラーに「今回のサミットでは"共存共栄"をテーマにどう作品を分け合うかを話しあうのはどうか?」と冗談を言ってみましたら、「まず私の映画祭が欲しいものをとるので、残りをみなさんで分けるのはどうですか?という話になるだろうねえ~」と、予想どおりの冗談が戻ってきて、一緒に笑いました。ああ、どれだけ映画を獲ってこれるか、が大切な映画祭プログラミングの仕事。そことはちょっと違う映画祭PFF。他の映画祭のディレクターと立場が違うなあといつも感じる、いささか仕事内容を説明するのが難しいPFFです。

それはさておき、PFFでは、映画祭を運営しながら、映画祭に出品もするということを続けています。作品をディレクターやプログラマーにみせることの出来る時期と、その映画祭の監督や作品に対する扱いについて、とをあわせて、これまで20年以上の経験を元に、積極的に作品を出品したい、監督を招待していただきたい映画祭のリストめいたものができています。
プレミア上映に伴う監督招待の場合は、旅費、宿泊費、通訳、上映のクオリティ、観客の反応などさまざまな要素を元に考えますが、PFF関連作品の監督は、殆どの場合「初めての海外映画祭体験」となるのでそこが重いポイントになります。つまり、前提として「海外体験の少ない、言葉に不自由な、経済的に豊かでない、若い監督の参加。もしかしてひとりで参加する。」という条件を想定してすすめます。更に、その作品は、制作会社も宣伝会社もついていない、自主映画です。
現在のところ、上記の前提の監督にとって、完璧なサポート体制は、バンクーバー国際映画祭ではないかと思います。極端なことを言うと、お金を持たず、英語を喋れず空港に降り立ったそのときから、帰国の途に着くまで、経済的にも心理的にも全くぜんぜん心配のない映画祭です。
次に、ベルリン国際映画祭フォーラム部門も、上映のクオリティはもとより、言葉の面でのゲストサポートが素晴らしいです。更に、ここは、「アルセナール」という会員制の映画館(2スクリーン)を経営しており、フォーラム部門の上映作品からいくつかが、アルセナール含む、ドイツ語圏のアートシアターネットワークで公開されるチャンスがあります。つまり、ドイツ語字幕つきプリントを作成し、上映し、その収益分配がその後継続して行われるのです。実は、PFFも、ぴあフィルムライブラリー(PFL)を、このフォーラムの運営に感化されて始めたのです。多くのPFF作品を、アルセナールで上映していただいています。ただ、ここ数年、監督招聘予算が削減され、往復航空券の出ない場合があります。
ロッテルダム映画祭はベルリンの直前ですが、活気溢れる、若い監督には大変楽しい映画祭です。映画を浴びるように観るという点からも、狭い場所に20スクリーンあまりがひしめき、チケット発券ルールも結構ゆるく、映画漬け可能な映画祭です。ロッテルダムはホテル代が高いので、そこが、もし招待日数以上の滞在をする時は、悩みかもしれません。
釜山国際映画祭。観客の黄色い歓声とサインください!攻めに、「映画監督はもてる」と思わせてくれる映画祭です。この熱気は、全州映画祭もそうですが、韓国でしか得られないと思います。
このあたりの映画祭で最初の上映を設定できるといいなあと思っています。
勿論、他にも素晴らしい映画祭がたくさんあります。作品や監督の条件で、ベストの映画祭は全く変わるでしょう。そして、何より一番大切なのは「最初に作品ありき」。作品を熱望されて、がスタートラインです。

と映画祭の話をしてきましたが、しかし、東京は毎日が映画祭とも言えるなあとしみじみ思います。
22日土曜日の『家族X』トークの隣では、富田克也監督の(空族の、と書くべきか)『サウダーヂ』初日が熱気に包まれて展開されていました。毎回舞台挨拶ということで、ロビーは、関係者というかスタッフというか、上下左右に走り回る走り回る。興奮が伝わる伝わる。その様子をみていると、2階のオーディトリウム渋谷と、3階のユーロスペース、この3スクリーンで展開される一週間のイベントの数、ゲストの数は、映画祭よりすごかったりするのではないか?改めて考えました。4階のシネマヴェーラも入れると、更に。しかし、映画館ですからスタッフの数は限られています。運営の苦労を思うと、しみじみ感服です。全国的に、映画館運営の業務は増え続け、人は減り続け、みな、ものすごい労働量なのが伝わります。映画館で映画をみることに、少しでも貢献できたらと思います。

映画祭と映画館公開で映画をみよう!と言ったばかりなのに~!なんですが、恒例の渋谷TSUTAYAでのPFFコーナー企画の更新が迫りました。10月25日からは、先日、ベネチア映画祭で新人俳優賞を受賞した染谷将太さんと、ただ今ユーロスペースで公開中『サウダーヂ』富田克也監督のおふたりの選ぶ<冬でも熱くなる映画>です。必見の作品が並んでいます。ご期待ください。

2011/10/15 23:54:17

スペシャルメンションとは何か

映画祭のコンペで「スペシャルメンション」という授与が起きることがあります。
これは何なのか。日本語に直せば何がいいのか。長年考えているのですが、適当な言葉を見つけられず、「スペシャルメンション」という英語をそのまま使っています。もしかすると「審査員特別表彰」などが、一番近い日本語かもしれません。
近年、スペシャルメンションもオフィシャルな表彰として、証明証(表彰状のようなもの)が用意されたり、審査員コメントが公式に出されたりしますが、10年前くらいまでは、表彰式でアナウンスされるのみだった記憶(スカラシップ作品『BORDER LINE』がいただいた頃)があります。
スペシャルメンションは、つまり、審査員からの「私たちは、賞を一つに決めなくてはならないかったので、決断をしましたが、あなたの作品は受賞作品と遜色がありませんよ」という意思表示です。ですけれども、賞ではないので、「受賞」ではなく、「授与」という表現を使います。*殆どの映画祭は、コンペの審査員にグランプリ一本を選んでもらうので、他の作品にも触れたくなるのが審査員の心情と言えます。

昨日ご紹介した吉野耕平監督の『日曜大工のすすめ』は、なんと、釜山国際映画祭の短編コンペでスペシャルメンションだったそうです。そのことをツイッターで知ったという吉野監督。最先端?と申しましょうか、本人にいち早く知らせる方法はなかったのかな?と思うのですが、そのお話しを聞いた後に出かけた、ぴあが主催する落語のイベント「rakugoオルタナティブ」シリーズで、同様の話を聞きました。間もなく真打昇進となる春風亭一之輔さん。決定は、やはりツイッターで知ったそうです。なぜそうなったか、を調べてみると、師匠の一朝さんの携帯が電池切れで、何度も試みられた、協会からの真打決定電話を受けられなかったからだとか・・・その間に、協会のHPに発表された真打決定ニュースを見た人からのツイッターで昇進を知ったと・・・・
昨日今日と、いろいろ賞の発表について考えさせられることが重なり、ちょっと不思議な気持ちです。

本日の落語会は、立川志らく師匠の「名人の噺とは江戸の風が吹く噺なのではないか」(←乱暴なまとめですいません)という言葉に触発されて企画されたもので、昼、夜と立川志らく師匠が二席づつ登場なさいました。昼のゲストは故・桂枝雀さんのお弟子さんの桂雀々さん、夜のゲストは、春風亭一之輔さん。この落語オルタナティブシリーズは、ちょっと違った視点からの落語会企画で、とても刺激的。毎回通うことは全然できていませんが、できるだけ参加したいと思っている企画です。落語初体験の方をお誘いしたい会でもあります。

そしてまだ風邪が治らず、鼻声でふがふがしてるのですが、PFF東京開催準備佳境な頃から現在まで数か月、ちょっと世の中の動きから隔絶されてたかも?と慌てている昨今です。で、発令されてましたね。暴力団排除条例・・・・詳細把握できていませんが、なんだかすごい・・・そんなときに、新・文芸坐で行われる岡田茂プロデューサーの特集上映。チラシをしみじみみちゃいました。殆ど観てるけど、またみたい。やくざ映画の灯よ永遠に!です。未見の方、必見です。映画は「何が起きてもOK」「何を描いてもOK」な創造物でいて欲しいと、青臭いことを改めて思います。こんなときですから、『青春墓場』シリーズの奥田庸介監督の新作でありメジャーデビュー作品となる『東京プレイボーイクラブ』、未見ですが、期待が高まるばかりです。

2011/10/15 02:04:17

ああ釜山

今日は(もう"昨日"ですね)釜山の閉幕だなあと考えながら、水キムチの作り方を書いた本を読んでいました。好きなのにめったに遭遇できない水キムチですから、自分でつくってみようと思った次第です。米のとぎ汁からつくるとは知りませんでした・・・
そして、釜山滞在中の北川仁監督(『ダムライフ』でコンペに参加中)から、クロージングセレモニー途中にPFF事務局に届いた連絡で、受賞はないようだと知りました。
・受賞者には内示があるらしい
・受賞者とそうでないものは、入るゲートが違うようだ
・受賞者でないものには、通訳がついていないようだ
それらを考えあわせて、受賞はないようだ。
という、ここには箇条書きしましたが、なかなか臨場感あふれるメイルでした。
PFF制作の『タイムレスメロディ』が釜山でグランプリをいただいたときには現地にいた私ですが、内示は一切ありませんでした。あれからもう12年。そういえば、その時代は、グランプリ作品は韓国での配給が行われるという特典もありました。会場も、今の海沿いのリゾートタウン、海雲台ではなく、釜山タワーのある街中でした。今は遥かに大きな映画祭となった釜山。オーガナイズに効率が求められるようになり、いろいろとやり方を変えてきたのでしょう。何はともあれ、内示のある映画祭はそれほどないと思います。通訳がついているかついていないかで、受賞があるかどうかバレる、というケースは、何度か体験したことがあります。ああ、そういえば、こんなことやら、あんなことやら、そんなことやら、いろいろありましたね。PFF作品と一緒に世界の映画祭を旅してみて、賞の発表を待つ身になった体験が、表彰式の構築のアイデアを与えてくれたとも言えるなと再確認です。

釜山には、今年もたくさんの日本の映画人が参加していたわけですが、15分の短編映画『日曜大工のすすめ』が短編のコンペティションに招待された、PFFの予告編や、映画祭の先付映像を近年創って下っている映像作家、吉野耕平さんも、2泊3日の駆け足滞在をしてきたと聞きました。初めての海外映画祭参加は、なんだか凄い体験になったようで、映画祭スタッフに「多分賞とってないと思うから最後まで居なくていいよ」と言われたとか・・・。「目がシロクロする」って、こんなときに使うといい表現かなあ・・・と申しましょうか、ぶったまげました。すごすぎる釜山。ワイルドです。

その『日曜大工のすすめ』は、先日お伝えしたNO NAME FILMSというタイトルで上映される10本の短編の一本です。公益財団法人ユニジャパンが「若手映像作家育成」のために行う制作で、監督とプロデューサーとペアで参加し、映画製作を一貫して学ぶという趣旨。15分という長さは厳しく決められています。こちらはデジタル作品ですが、もうひとつ、同じ趣旨でVIPO制作の30分の短編映画制作プロジェクトがあります。こちらは35ミリフィルムでの制作を経験するという趣旨で、予算もぐっと上がります。
どちらのプロジェクトも、共通するのは「公的資金で制作されている」こと。それが何を意味するかと申しますと、「収益をあげてはならない」ということ。つまり「商品としての映画」として、市場に出してはならないのです。となると、ものすごくアヴァンギャルドで過激な作品が出現してほしいのが、映画祭上映作品を探す私の望みです。が、一方、どちらも「若手映像作家育成」のためのプロジェクトですので、それなりに、市場で通用する作品が期待されるという、非常に難しいポジションを持つわけです。さはさりながら、NO NAME FILMSと題された10作品上映は、監督たちが自主上映を行うことを決めた訳です。

今、映画で最も困難な過程は、作品の公開を多くの人に知ってもらう、観に来てもらう。ということです。これは、予算のない映画にとっては、砂漠で道に迷うような途方に暮れる行程です。書きながら胃が痛くなります。今週、風邪から8割がた回復して、まず、渋谷ユーロスペースで公開中の『家族X』のトークを見に行きました。佐々木敦さんと吉田光希監督の対談。すごく面白かった。前作の『症例X』で何か"自分の映画"を掴んだ
と感じた吉田監督が、『家族X』では、誰もが知っている俳優さんたちと、『症例X』と同じつくり方ができるかどうか、も、ひとつの挑戦だったと。そして、次作では、全く違うことをやってみるかもしれないと。楽しみになりました。が、この対談、満席でのトーク、とはいきませんでした。そして、外に出てふと気づくと、2階のオーディトリウム渋谷ではワン・ビン特集が。ちょうど監督のトークがあったようで、東京っていろんな人がいっぺんに集ってるというの、久しぶりに街に出て再認識です。星の数ほどあるイヴェントから、どうやって自分の作品を選んでもらえばいいのか・・・う~ん。
あ、ワン・ビン監督の新作『無言歌』は、昨年の東京フィルメックスで上映され、それを観た配給会社ムヴィオラが公開を決定しました。「公開プリントで観ると、細部までくっきり状況がわかって、全然印象が違うので必ず再見するように」とムヴィオラの方に言われていますが、まだまだ強烈に記憶されている映画です。『無言歌』と『一命』、今の日本に、効くと申しましょうか、どちらも強烈です。

あ、なんだか話が飛んでしまいました。
作品をつくる、公開劇場を探す、というところまでは、随分とチャンスが増えたと思うのですが、その後の、公開=宣伝する。人を映画館に呼ぶ。ということは、更に困難になってきています。ここには、映画をつくることとは、別の情熱、別の仕事が必要なので、エネルギーを振り絞って一度は出来ても、複数回はなかなかハード。いい方法はないものだろうか、と、このことも、いつも頭を離れない課題です。

また話は変わりますが、ユーロスペースでは、フレデリック・ワイズマン特集も始まりますね。これまた3時間当たり前~という長い映画ばかりですが、ウッディ・アレンも欠かさず観るというワイズマンのドキュメンタリー。「俳優として演技のアイデアを盗みに行くのかな?」という話になるほど、普通の人々の顔、行動、たまりません。それと、関係ないですが、ワイズマン監督、お顔がですね、ヨーダに似ておられるのです。それでファンな私かも?しかし、ご本人は、びっくりしたのですが、大柄なんです。勝手に小さい人と思っていた自分を反省しました。


2011/10/12 14:21:18

そして『サタンタンゴ』台北へ

第33回PFF東京開催終了から10日があっという間に過ぎました。事務局は映画祭の後片付けに集中しています。そんな中、会期中にひいた風邪を押さえこんだと思ったら、終了後に復活して珍しくダウンしてしまった私。健康だけがとりえだったのに、とほほです。これを人はエイジングと呼ぶ・・・・のだとしみじみ実感中。そしてやっと今、年内開催の決まった神戸会場の準備、来春の「ミューズシネマセレクション 世界が注目する日本映画たち」のプログラミング、そして、今月更新の、TSUTAYA渋谷店PFFコーナーの展開に着手しました・・・・遅い・・・
と言ってる間に、PFFアワード入選作品が招待されたバンクーバー国際映画祭と、釜山国際映画祭が始まりました。バンクーバーのアジア映画を対象にしたコンペ「ドラゴン&タイガーアワード」は、前半に展開され、結果の発表がありましたが(ニュースをご参照ください)、釜山はまだ数日を待たなければなりません。
コンペの発表を待つのは、実に辛いものです。両映画祭に参加しなくなって3年。現地で結果を待つのと、日本で待つの、どちらが辛いかと申しますと、実は日本にいるほうが、気が重いことを発見しています。実際コンペに並ぶ作品を観ることができること、異国の喧騒や人との交流を楽しむこと、など、現地のほうが、気持ちを整理できるチャンスが多いからでしょうか。健康だったら、ここで早速山形国際ドキュメンタリー映画祭に飛んでいって、気分転換と映画漬けになりたいところだったのですが、その山形ももう終わりです。なんということでしょう。こちらも2回連続不参加です。
「健康に勝る宝なし」を実感する秋。寝てる間におそろしい小説を読みすぎて、悪夢ばかりみてたのも、敗因でしょう。あまりにリアルな夢の数々に、「予知夢?」とか呟いている私です。思い出すたびに怖い。いっそ脚本にでもしてみようかと思うくらいです。

そんな無駄話はさておき、『サタンタンゴ』のプリントが、台湾の台北に旅立ちました。
11/3~26に開催の台北金馬映画祭での上映です。インターバルのところで、3つのプログラムに分けて(part 1,2,3という表記にしてました)上映するそうです。なるほど。
かつては、金馬賞(台湾映画アカデミー賞と申しましょうか・・・)を持つ、この映画祭しか台湾にはなく、90年代にはPFFの作品も上映していただいたものですが、昨今はすっかりご縁の薄くなってしまった映画祭だっただけに、名前を聞くにとても懐かしい映画祭です。
そして、台北、加えて北京。近年私の愛する美味二都。名前を書くだけで行きたくなります。
健康回復すると、食欲も出るってことでしょうか・・・

話は突然変りまして、緊急連絡です。渋谷ユーロスペースにて11月19日(土)より始まる「NO NAME FILMS」。PFFアワード入選監督含む、10監督の15分の短編映画が一挙に上映されます。次代の新鋭を求めるプロデューサーたちに是非目撃して欲しい10作品です。


2011/10/01 17:55:37

そして34回へ

昨夜、コンペティション部門「PFFアワード2011」各賞を発表する表彰式をもって、「第33回PFF ぴあフィルムフェスティバル」の東京開催が終了しました。このあと、「PFFアワード2011」入選17作品は、年明けのPFFin名古屋、神戸、京都、福岡開催で上映されるとともに、国内外の映画祭出品をすすめていきます。それらの情報は、随時PFFのHPにて、ニュースとしてアップします。
そして、本年の表彰式での各賞へのコメントは、ただいまHPにアップしております。加えて、最終審査員からの総評も、追って掲載していきます。

昨夜のフィルムセンターでの表彰式には、現在来日中のドバイ映画祭とサンダンス映画祭のプログラマーが客席におられました。同時通訳で表彰式の様子をご覧になっておられましたが、檀上で賞を発表する皆様の、作品に対するコメントの正直なこと、誠実なことに、非常に感動したとのこと。「PFFの審査は若者の人生を変えてしまうかもしれないので、ものすごく緊張する」と、最終審査員の皆様が毎回おっしゃいますが、私たちは大変な重課をお願いしているのだなと、改めてありがたく、感謝した次第です。
また、塚本監督、阿部プロデューサーの指摘なさった「似た作品が多い」という現実。これは予備審査の段階でも話題になります。ある種の均質化が促されている現実を破壊する作品、これが更に切実に求められている昨今。34回にはどんな作品が登場するのか、期待が高まります。
そして、たまに話題になるのが、入選監督たちの表彰式でのスーツ姿。2008年の30周年から、びしっと決めた写真が残るように、「特別な、自分にとってのフォーマルな服装で参加して、表彰式で日常と違う特別な気分になろう!」と話している表彰式。スーツを選ぶ監督が多いのは、私たちには不思議はないのですが、「若いクリエイターが何故スーツ?」と思う人がいるのも確か。「スーツ=クリエイティブではない」とは全く思わない私たち。むしろ、非日常的で面白いと思ったりするのですが、いかがでしょうか?

表彰式の後は、入選監督たちと、全ての作品をご覧いただいた、予備審査員、パートナーズ各社審査員、最終審査員との懇親会がフィルムセンター内特設会場で行われます。その後、監督たちは、各人のスタッフやキャストの皆様と打ち上げに、PFFスタッフはスタッフ打ち上げが待っています。海外や東京を遠く離れた土地での映画祭では、合同での打ち上げも可能ですが、PFF入選作品はほぼ東京近郊在住者による作品群。膨大な人数になるであろう打ち上げは、PFF事務局体力の限界で実現できません。それぞれいい夜になることを祈って、三々五々フィルムセンターを去るのでした。

*やはり表彰式後にオーディトリウム渋谷に駆けつけて『サタンタンゴ』を観るのは無理でした。オーディトリウム渋谷からの報告によると、上映はつつがなく終わり、PFFでの上映前売り券をお持ちながら、台風で来場できなかったお客様も参加できたそうで、ほっとしているところです。


ページ上部へ