怪獣の日

監督:中川和博

観客賞(京都)

レンタル可能

優れたSF映画は現実の陰画。
この怪獣への対処法は、この国の現実そのもの

内閣府からの発表で映画は始まります。太平洋沖に現われた未知の怪獣は、自衛隊と米軍による作戦でなんとか活動を停止させることに成功したと。そして、その遺骸がやがて日本の沿岸に漂着すると…。これは、その沿岸の町を舞台にした、さまざまな立場の人々を描いた物語です。
無策な政府、その政府からの補助金を目当てに、怪獣を建屋で囲んで観光名物にしようとする住民一派。全く未知の生態であるが故、完全に死んでいるとは確約できないと、反対する主人公たち…。そこで交わされる議論と対立は、明らかなメタファーとなって鑑賞者に投げかけられます。そう、この映画は決して無邪気な特撮エンタテインメントではありません。作り手の静かな怒り、商業映画ではなかなか見受けられない気骨というものを、是非ご覧ください! これぞ怪獣映画スピリッツ!
文:真壁成尚(映像ディレクター)

  • 2014年/30分/カラー 英題:Day of the Kaiju
  • 撮影:田中平太/録音:米澤 徹/照明:藤井聡史/VFX:上田倫人/CGI:田村 健
  • 出演:イワゴウサトシ、三沢幸育、山下ケイジ、高木公介、松澤輝朝、たなべ勝也

海外映画祭

2015年 ヘルシンキ・シネ・アジア映画祭2015 フィンランド
2015年 フレッシュ・ウェーヴ国際短編映画祭 香港

レンタル可能作品

料金:15,000円(税別) 貸出フォーマット:ビデオ

レンタル方法はこちら