ブルームーンカフェ

監督:神酒大亮

レンタル可能

2人は、男の部屋でいいムード。照明はほの暗く、ソファベッドに並んで座り、お酒もちょっぴり入って、女の子もごきげんうるわしい。「行けるかな、いや、行けるでしょう!」、男が心の中でこぶしを握りしめ、彼女のスカートの中に指をはわせていった時…。なんと、友人と温泉旅行に行ったはずの、男の同棲相手が帰って来た!間一髪で、男が女の子を隠したのはソファベッドの下。そんなことはまったく知らない同棲相手の女の子は、今夜に限ってやる気まんまん。さっきまでオトすつもりでいた女の子の存在を真下に感じながら、男はいつもの彼女と、せざるを得なくなる。その時、ベッドの下の彼女は…。
普通に会話していてテーブルの下で足を絡め合うような裏腹なエロスを、ストーリーでも映像でも見事に描写。「いかに触覚を感じさせるかに腐心した」という監督の意図は充分に反映されているといっていいだろう。また、説明的なセリフを省きながらも、緩急のリズムを使い分け、スパイスを効かせたストーリーは、単なる浮気の顛末物語に終わらず、三人三様の感情のアップダウンに深みを加えた。それでもどこかに軽さが残るのは、そこはかとなく漂うユーモアのせい。ラストシーンでニヤリと笑うか、「女ってコワイ」と思うか、あるいは「男ってダメ」とため息をつくかで、観た人の恋愛観がわかるはず。

  • 2000年/25分/カラー/b-cam 英題:BLUE MOON CAFE
  • 監督・脚本:神酒大亮
  • 音楽:ハマダオウイチロウ 撮影:神酒大亮、森木宏明 衣装:井上雪子、木内さとこ メイク:宮崎 渚、井上雪子
  • 出演:河村竜也、木内さとこ、佐金志摩

レンタル可能作品

料金:15,000円(税別) 貸出フォーマット:ビデオ

レンタル方法はこちら