ガンバレとかうるせぇ

監督:佐藤快磨

映画ファン賞(ぴあ映画生活賞)、観客賞(東京)、観客賞(名古屋)

レンタル可能

爽やかでも健やかでもない。
だから…簡単に、朗らかに、ガンバレとか言うな

映画(にかかわらず)において、「部活動のキャプテンと女子マネージャー」というのは割とよくあるシチュエーションなのだが、描写が丁寧であれば、無理して物語を作ろうとしなくても作品は成立するのだと改めて思う。
この作品の良さはまず、物語の中の人間にしっかりと実感があること。そして、その人間にほどよい色気が漂っていることだと思う。色気といってもそれは熟した男女の湿度の高さではなく、澄み切った空気に似た質感だ。全体的に抑えられた演出で、だからこそ匂い立つ人間の情なのだろうと思う。キャプテンとマネージャーの真剣な表情や物を見るときの視線は、ただ真っ直ぐなだけではない。情熱というのとも少し違う。それは静かな闘志のようなもので、青い炎のゆらめきに似ているな、と思う。しっかりと対象に向き合う者だけがする目つきだった。
文:森下くるみ(文筆家・女優)

  • 2014年/70分/カラー 英題:Don't Say That Word
  • 監督・脚本・編集:佐藤快磨
  • 撮影:加藤大志/録音:内田達也/プロデューサー:渡邊翔太
  • 出演:堀 春菜、細川 岳、布袋涼太、柳沼 侃、江國亮介、山城ショウゴ、石上真紀子、ミョンジュ

海外映画祭

2014年 第19回釜山国際映画祭 New Currents部門 韓国
2015年 第2回ジャパニーズ・フィルム・フェスティバル・インディア インド

レンタル可能作品

料金:15,000円(税別) 貸出フォーマット:ビデオ

レンタル方法はこちら