news introduction story cast&staff interview comment trailer theater home
運命じゃない人 introduction
 

どこにでもいる気弱そうなサラリーマン宮田武は、人から頼みごとをされても断れず、どんなに騙されても疑うことを知らない“日本一のいい人”。そんな彼が、振られた彼女を忘れるため、ほんのちょっと勇気をだした一晩のほのぼのした物語───かと思いきや!物語は予想もつかない展開を見せます。宮田が過ごした一晩を、彼を取り巻く人々の視点から見ていくことにより、まったく違う夜に変わっていくのです。巻き起こる事件の数々、お互いの意外な関係性、そして彼らを翻弄する2,000万円の行方が明らかになっていき、まるでパズルのピースがどんどんはまっていくようなカタルシスをもたらすのです。そしてすべての謎が解けた爽快感の後、宮田の純情が起こす小さな奇跡に、誰もが幸せな気持ちになることでしょう。

監督は本作が劇場用長編デビュー作となる内田けんじ。高校在学時に映画制作への道を志し、サンフランシスコ州立大学芸術学部映画科に入学。帰国後、自主製作した『WEEKEND BLUES』がPFFアワード2002にて企画賞(TBS)とブリリアント賞(日活)をダブル受賞。第14回PFFスカラシップの権利を獲得し本作を制作しました。
緻密に練り上げた脚本と構成力で、ほのぼのとした日常をエンターテインメントに昇華させるその才能は、今までにいないタイプであり、日本映画の新しい時代の訪れを感じさせます。その才能は海外でも認められ、2005年カンヌ国際映画祭 批評家週間への出品も決定。PFFスカラシップ作品としては初の快挙となりました。

 
サスペンスなのに、ハートフル、これぞ新しいニッポン的エンターテインメントムービー!
 
このページのトップへ