1. ホーム
  2. PFFディレクターBLOG
  3. 雑誌「ぴあ」の最終号販売中

PFFディレクターBLOGRSS

2011/07/24 16:11:34

雑誌「ぴあ」の最終号販売中

雑誌「ぴあ」の最後を飾る特別号が先週書店に並びました。おまけに39年前の創刊号復刻版がついている豪華な一冊です。
「ぴあ」という雑誌名と、「ぴあ」という会社名が同じなために、「ぴあという会社が終わるのでは?ひいてはPFFが終わるのでは?」というご心配をおかけしている気配を感じていますが、終わるのは雑誌だけですので大丈夫です。
無くなると不便を感じる雑誌ぴあ。完全保存版のぴあ最終号是非お買い求めください。
そして、なくなる前にPFFも是非一度ご体験ください。九月二十日から十日間に向け、映画祭貯金をどうぞよろしくお願いします〜!でもPFFまだ続くんですけど。”現在進行形”のときに話題になりたい私たちです!
なんだか宣伝な内容になってしまいました…
ここ数日は、以前少しお話した「映画屋とその仲間たち」の有志との岩手宮城まわりに初参加できました。車を運転しない私には大型車での移動そのものも得難い体験でした。デコトラが皆無なことが淋しかった深夜の高速道路です。

プロフィール

PFFディレクター
荒木啓子 Keiko Araki

雑誌編集、イベント企画、劇場映画やTVドラマの製作・宣伝などの仕事を経て、1990年より映画祭に携わる。1992年、PFFディレクターに就任。PFF全国開催への拡大や、PFFスカラシップのレギュラー化、海外への自主製作映画の紹介に尽力。国内外で映画による交流を図っている。

最新記事

アーカイブ

ページ上部へ