1. ホーム
  2. PFFディレクターBLOG
  3. 若松孝二特集企画詳細です

PFFディレクターBLOGRSS

2010/05/28 17:41:58

若松孝二特集企画詳細です

若松孝二特集~こわくない!!はじめての若松体験~
と題して、今回のPFFで若松孝二監督の特集を行います。



『キャタピラー』@若松プロダクション


『逆情』


『新宿マリア』


『血は太陽よりも赤い』


『性の放浪』


『聖少女拷問』


『胎児が密猟する時』


『性賊/セックスジャック』


『寝取られ宗介』
若松孝二の「名前は知っていても、作品をみたことがない」人の数は驚くほど多いと感じ続けてきたことがきっかけです。"若松監督は怖い"というイメージが先行していることも感じるのですが、作品をご覧になるとすぐわかるのが、監督の子供のような直感とフットワークの軽さ、若者のような「今これを映画にしなくては」という使命感、そして、年を経たこその、次代を担う人たちへの暖かいまなざし。そして、その映画は簡潔で明確なのです。
この機会に、是非、独自の道を歩む若松監督の初体験を、特に女性にしていただきたいと考えています。(ちなみに、最新作『キャタピラー』の助監督は若い女性ばかりですよ)

さて、ラインナップです。100作品を超えるといわれるフィルモグラフィーの中から、今回は、ソフト化されていない作品を中心に、監督の思い出も伺いながら6作品を選びました。ニュープリント制作が実現した作品もあります。
また、現在活躍中の監督たち3名が、自分の一番印象に残った若松作品を選び、上映後、若松監督に直接作品について伺うという「MY BEST WAKAMATSU」企画も実施します。

<PFFのためのニュープリント作成作品>
『逆情』1964年、
『新宿マリア』1975年*公開時のタイトルは『売春婦マリア』ですが、脚本タイトルである『新宿マリア』が若松監督のなかでは映画イトルです。

<未ソフト化作品>
『血は太陽よりも赤い』1966年、
『性の放浪』1967年、
『聖少女拷問』1980年

<名作>
『腹貸し女』1968年
MY BEST WAKAMATSU<石井岳龍監督選&対談>『胎児が密猟する時』1966年
MY BEST WAKAMATSU<瀬々敬久監督選&対談>『性賊/セックスジャック』1970年
MY BEST WAKAMATSU<阪本順治監督選&対談>『寝盗られ宗介』1992年

また、7月15日には「前夜祭特別上映」として、最新作『キャタピラー』を東京で初めて一般上映です。若松監督、主演の寺島しのぶさん、大西信満さんが舞台挨拶に登場します。

この『キャタピラー』、6月にまず沖縄で公開が始まります。米軍上陸が日本で最初に行われたのが6月の沖縄だったからです。8月には、広島と長崎で原爆投下の日の公開、東京は終戦の日(の前日の土曜日)の公開と、非常に覚えやすいスケジュールでの公開が控えています。
また、この12月には、存命中の映画監督としては異例の、40作品にのぼる回顧展がパリのシネマテークで開催されることも決定したそうです。
その衰えることのない世界の理不尽さに対する怒りと、行動への情熱を、今回の特集をきっかけけに、もっと知りたくなる方が増えることを願っています。
・・・・と書くと、また、"怖い映画ばかり"だと思われてしまうんだろうなあ・・・と困っています。


『キャタピラー』
>>公式サイト

プロフィール

PFFディレクター
荒木啓子 Keiko Araki

雑誌編集、イベント企画、劇場映画やTVドラマの製作・宣伝などの仕事を経て、1990年より映画祭に携わる。1992年、PFFディレクターに就任。PFF全国開催への拡大や、PFFスカラシップのレギュラー化、海外への自主製作映画の紹介に尽力。国内外で映画による交流を図っている。

最新記事

アーカイブ

ページ上部へ