1. ホーム
  2. PFFスカラシップ
  3. 第24回PFFスカラシップ作品『サイモン&タダタカシ』

PFFスカラシップ

PFFスカラシップ作品紹介

第24回PFFスカラシップ作品『サイモン&タダタカシ』

©2017 PFF パートナーズ(ぴあ ホリプロ 日活)

2017年/DCP/83分/カラ― 英題:Saimon & Tada Takashi 配給:日活
公式サイト:http://saimon-movie.com/

解説
「PFFアワード2014」で革新的でチャレンジングな作品に贈られるジェムストーン賞を受賞し、劇団「兄貴の子供」の主宰など劇作家としての顔も持つ小田学が贈る、バカで切ない男子高校生の青春ロードムービー。親友に想いを寄せる主人公・サイモンを演じたのは、本作が映画初出演&初主演となる新星・阪本一樹。対するタダタカシは、2018年にデビュー20周年を迎え、映画・ドラマ・舞台とマルチに活躍する俳優・須賀健太が熱演。ほか『風に濡れた女』で第26回日本映画プロフェッショナル大賞 新進女優賞を受賞した間宮夕貴や、井之脇 海、田中日奈子、山本圭祐、大島蓉子、菅原大吉ら個性派な俳優陣が揃った。高校生最後の夏休み、想いが交差するサイモンとタダタカシの旅の行方は―。

ストーリー
工業高校3年生。卒業後は大学に進学するサイモンと、実家の工場を継ぐタダタカシ。男だらけの生活に焦ったタダは、サイモンと共に“運命の女”を探すための旅に出る。ギター片手に全力で突き進むタダに対し、秘めた想いを伝えられないサイモン。夜空に流れ星が降った日、それぞれの想いを抱えた旅は、予測できない結末へと進みだす。

小田学写真

監督:小田 学

Director:Manabu Oda

1980年生まれ。埼玉県出身。
日活芸術学院演出コース出身。卒業制作で監督した『二人乗り』が小津安二郎生誕100周年記念蓼科高原映画祭に入賞。以降、数々の作品で映画賞の受賞・入賞し、2013年に製作された『ネオ桃太郎』で528作品応募のなかから革新的でチャレンジングな作品に贈られる「PFFアワード2014」ジェムストーン賞を受賞。2006年に劇団「兄貴の子供」を旗揚げし舞台演出家としても活躍中。本作が長編映画初監督作品となる。

劇場公開
2018年 3月24日~4月13日 東京 シネ・リーブル池袋
3月24日~4月13日 大阪 シネ・リーブル梅田
3月24日~4月6日 兵庫 シネ・リーブル神戸
3月31日~4月20日 京都 京都シネマ
4月14日~27日 愛知 名古屋シネマテーク
4月21日~27日 神奈川 シネマ・ジャック&ベティ
5月26日~6月1日 新潟 シネ・ウインド
6月16日~22日 北海道 シアターキノ
6月23日~29日 宮崎 宮崎キネマ館
6月23日~7月6日 栃木 宇都宮ヒカリ座
順次公開予定 群馬 シネマテークたかさき
監督・脚本・編集 小田 学
製作 矢内 廣/堀 義貴/永山雅也
プロデューサー 田中 正/紀 嘉久/竹内一成
撮影 鈴木周一郎
照明 志村昭裕
録音 反町憲人
音楽 小田切雄亮
美術・装飾 遠藤雄一郎
小道具・持道具 福田弥生
衣装 宮本まさ江
ヘアメイク 松本智菜美
音響効果 赤澤勇二
VFX 島田欣征
アニメーション 岩井澤健治
フィギュア特撮 飯塚貴士
スクリプター 吉野咲良
助監督 今村瑛一/菊地夢高
制作担当 細谷 力
主題歌 どついたるねん「静かなるドン」(SPACE SHOWER MUSIC)
製作 PFFパートナーズ(ぴあ/ホリプロ/日活)/制作プロダクション/日活/ジャンゴフィルム/配給/日活
出演 阪本一樹/須賀健太/間宮夕貴/井之脇 海/田中日奈子/山本圭祐/大島蓉子/菅原大吉
ページ上部へ