1. ホーム
  2. 最新情報
  3. 「映画×演劇×音楽」がコラボ!PFFアワード2015入選作品が劇場公開

最新情報RSS

2016/05/13

「映画×演劇×音楽」がコラボ!PFFアワード2015入選作品が劇場公開

20160513_1.jpg

『モラトリアム・カットアップ』柴野太朗監督

PFFアワード2015の入選作『モラトリアム・カットアップ』(監督:柴野太朗)が、
いよいよ6月11日(土)より、テアトル新宿にて劇場公開!

「モラトリアム・カットアップ・ショーケース」と題した今回の公開では、
『モラトリアム・カットアップ』や撮り下ろし新作の上映に加え、
映画館を舞台に、演劇音楽ともコラボした、大ボリュームの複合イベントが展開されます。

柴野監督に今回の企画について伺ったところ、
「映画に興味を持って観に来た人にも、フェスのようなイメージで、
新しい演劇や音楽に出会えるイベントにしたいと思った」と熱く語ってくれました!

ここで、8日間にわたるイベントの概要と見どころをご紹介します。

6月11日(土)&12日(日)の「映画×音楽」プログラムでは、
劇場内にバンドセットを持ち込み、主題歌など生演奏ライブを実現!
12日(日)には、柴野監督もDJで参加し、会場を盛り上げます。
【音楽ライブ情報】

13日(月)&14日(火)の「映画×演劇」プログラムでは、
出演者2人が主宰する2つの劇団による短編公演が上演されます。
いずれも今回のイベント用につくられたオリジナル作品。
映画館を舞台に、どのような演出がされるのか、楽しみです!
【演劇上演情報】

15日(水)からの4日間は「映画」がメインのプログラム。
特に16日(木)は、柴野監督が高校2年生で製作した『seven segment colors』、
東京学生映画祭ノミネートの『ひかりタイプ』を一挙上映する注目プログラムです!
その他、ゲストを招いてのトークイベントも行われるそうです。
【映画上映情報】

既存の映画イベントのイメージを壊す、
柴野監督の新たなチャレンジを、ぜひテアトル新宿で体感してください!

★イベントスケジュールはこちら
*新作の詳細情報やプログラム順等は、まもなく公式ホームページで発表されます。

『モラトリアム・カットアップ』
6月11日(土)~18日(土)、テアトル新宿にて8日間限定公開!
【公式サイト】


【PFFアワード2015入選作品 上映情報】

『モラトリアム・カットアップ』の他にも、5月は昨年の入選作品4本がイベント上映されます。
ぜひ、スクリーンでご覧ください!

『あるみち』(杉本大地監督)
先日の福岡開催で、福岡賞も受賞した『あるみち』が東京で上映!
上映機会が少ない作品ですので、どうぞお見逃しなく。監督のトークショーもあり。

<上映情報>
鶴川グローイングアップ映画祭「月イチ映画上映会」
会場:和光大学ポプリホール鶴川(東京都町田市)

『あるみち』
日時:5月17日(火)13:30~
【公式サイト】
20160513_2.jpg

『あるみち』杉本大地監督

『わたしはアーティスト』(藪下雷太監督)
SKIPシティDシネマ国際映画祭で短編部門グランプリを受賞した本作。
映画のスチルカメラマンとしても活躍中の藪下監督が、
かつてアルバイトをしていたテアトル新宿で、待望の凱旋上映です!

<上映情報>
「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭アンコール・ウィーク」
会場:テアトル新宿(東京)

『わたしはアーティスト』
日時:5月18日(水)21:00~
【公式サイト】
20160513_3.jpg

『わたしはアーティスト』藪下雷太監督

『したさきのさき』(中山剛平監督)『ゴロン、バタン、キュー』(山元環監督)
「MOOSIC LAB 2016」で、人気アイドル・神宿とコラボする新作『神宿スワン』が話題の中山剛平監督の『したさきのさき』と、期待の「MOOSIC LAB 2017 DIRECTORS?」枠で上映される、山元環監督の『ゴロン、バタン、キュー』。
PFFの会場でも人気の高かった2作品が上映されます。

<上映情報>
「MOOSIC LAB 2015-2017 ARCHIVE&PREVIEW」
会場:K's Cinema(東京)

『したさきのさき』
日時:5月26日(木)21:00~、30日(月)21:00~
『ゴロン、バタン、キュー』
日時:5月27日(金)21:00~
【公式サイト】

20160513_4.jpg

『したさきのさき』中山剛平監督
20160513_5.jpg
『ゴロン、バタン、キュー』山元環監督

ページ上部へ