1. ホーム
  2. 最新情報
  3. あと2日!開催迫るPFF in 京都。イベント情報をアップしました!

最新情報RSS

2015/09/30

あと2日!開催迫るPFF in 京都。イベント情報をアップしました!

東京開催の興奮冷めやらぬ中、PFF初の試みの連続開催が実現!
今週末10月3日(土)より、京都開催始まります!


<PFF in 京都ならではの4つの特徴>
■京都会場限定特別プログラムに注目!
全国の会場で上映する「PFFアワード2015」入選20作品に加え、京都では

・「特集 サミュエル・フラー」企画から、最後の映画作品である『ストリート・オブ・ノー・リターン』をフィルムで上映。
・「京都賞」受賞作品を特別ピックアップ!13年の受賞作『カワツヒロアキ君、はい!』と14年受賞作『怪獣の日』を一挙上映。
『怪獣の日』を監督した中川和博さんの参加した『進撃の巨人』も前後編公開されました。また、今週末香港で開催される香港フレッシュ・ウェーブ映画祭にて招待が決定!中川監督も香港に飛びます。
・人気のPFFスカラシップ作品『バーバー吉野』『川の底からこんにちは』を特別上映!

0930_kyoto.jpg

『ストリート・オブ・ノー・リターン』(監督:サミュエル・フラー)


■ゲスト続々来場決定!監督に感想を直接伝えよう
会場の京都シネマには、PFFアワード2015の入選監督6名が集結!
質疑応答の時間や会場ロビーで、ぜひ直接監督たちと交流してください。
詳しくはイベント情報ページをご覧ください。

【イベント情報ページはこちら】


■PFF史上初!学生による映画祭運営
今年の京都開催は、PFF史上初の試みとして、立命館大学の学生たちが映画祭の運営を行います。
2015年度立命館大学シチズンシップ・スタディーズ講座「映画館とは?PFFぴあフィルムフェスティバル運営サポートプロジェクト」の受講生たちが、「PFFアワード2015」のプログラム組合せや、トークの司会進行をはじめ、「PFF in 京都」を丸ごと運営!
入選監督と同世代も多い若い力が、今年の京都開催を盛り上げます。ぜひご注目ください。


■お得なフリーパスを購入して、PFFアワード2015を全作品観よう!
お得な「PFFアワードフリーパス」を購入すれば、
PFFアワード2015の全20作品に加え、上記「京都賞プログラム」も鑑賞可能です。
そのうえ公式カタログまでついてくる、という、破格の料金設定!

前売券の販売は、10月2日(金)まで。
ぜひお早めにお買い求めください。


第37回PFF
京都:10月3日(土)~9日(金) 京都シネマ
神戸:10月31日(土)~11月3日(火・祝) 神戸アートビレッジセンター
名古屋:11月12日(木)~15日(日) 愛知芸術文化センター
福岡:2016年4月開催予定 福岡市総合図書館
【公式サイト】

ページ上部へ