1. ホーム
  2. 最新情報
  3. SHIBUYA TSUTAYAのPFFコーナー新展開!塚本晋也監督&池谷 薫監督がセレクト

最新情報RSS

2015/06/25

SHIBUYA TSUTAYAのPFFコーナー新展開!塚本晋也監督&池谷 薫監督がセレクト

IMG_5826.JPGSHIBUYA TSUTAYA 4F PFFコーナーは、本日よりリニューアルしました。
「なんだこの撮影は!」と驚嘆した作品をご紹介する<撮影>に特化したシリーズ第4弾。

そんな20作品をセレクトしてくださったのは、製作、監督、脚本、撮影、照明、美術、編集、主演と全てに関与して映画を創造する塚本晋也監督と被写体の視点に寄り添うドキュメンタリー作品を撮り続けている池谷 薫監督です。

監督たちを魅了し、脱帽させた作品の数々を独自の観点でおススメします。
PFFコーナーで作品をチェックして、映画の画を浴びる夏の到来を感じてください。


◎塚本晋也監督
1960年東京生まれ。14歳で初めて8ミリカメラを手にする。
『電柱小僧の冒険』でPFFアワード1988グランプリを受賞。
89年『鉄男』で劇場デビューと同時に、ローマ国際ファンタスティック映画祭グランプリ受賞。
主な作品に、『バレット・バレエ』(99年)、『六月の蛇』(03年)、『ヴィタール』(04年)、『悪夢探偵』(07年)など。
12年『KOTOKO』では、第68回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門最高賞を獲得した。

最新作『野火』
7月25日(土)より渋谷ユーロスペースほか全国ロードショー
【公式サイト】


◎池谷 薫監督
1958年東京生まれ。同志社大学卒業後、数多くのテレビ・ドキュメンタリーを演出する。
02年劇場デビュー作『延安の娘』は、ベルリン国際映画祭など世界30数カ国で絶賛され、
カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭最優秀ドキュメンタリー映画賞ほか多数受賞。
2作目の『蟻の兵隊』(05年)は中国残留日本兵の悲劇を描き、記録的なロングランヒットとなる。
12年『先祖になる』では、文化庁映画賞大賞を受賞。

最新作『ルンタ』
7月18日(土)より渋谷シアター・イメージフォーラムほか全国ロードショー
【公式サイト】

『蟻の兵隊』は、戦後70年アンコールモーニングショーとして
2015年7月18日(土)~31日(金)ポレポレ東中野にて上映されます。
【公式サイト】


SHIBUYA TSUTAYA
渋谷駅より徒歩1分。渋谷スクランブル交差点正面。
TEL:03-5459-2000
営業時間:朝10:00~深夜02:00(全館)
(映画前売り券販売は、23:00まで)
「SHIBUYA TSUTAYA映像フロア」twitterアカウント

ページ上部へ