1. ホーム
  2. PFFアワード
  3. PFFアワード2016

PFFアワード

PFFアワード作品紹介

PFFアワード2016

作品名 監督名 作品名 監督名
観客賞(東京)
『ヴァニタス』
内山拓也 エンタテインメント賞(ホリプロ賞)、観客賞(京都)
『DRILL AND MESSY』
吉川鮎太
『おーい、大石』菊沢将憲 『波と共に』川添ビイラル
『回転(サイクリング)』山本 英 『人間のために』三浦 翔
『傀儡』松本千晶 『バット、フロム、トゥモロー』鈴木竜也
『限界突破応援団』渡邉 聡 準グランプリ、ジェムストーン賞(日活賞)、日本映画ペンクラブ賞、観客賞(名古屋・福岡)
『花に嵐』
岩切一空
審査員特別賞
『シジフォスの地獄』
伊藤 舜 『福島桜紀行』鉾井 喬
グランプリ
『食卓』
小松 孝 審査員特別賞、映画ファン賞(ぴあ映画生活賞)、観客賞(神戸)
『また一緒に寝ようね』
首藤 凜
『楽しい学校生活』前畑侑紀 『もっけのさいわい』中泉裕矢
『ツケモノの子』阿部 平 『山村てれび氏』阿部理沙
審査員特別賞
『溶ける』
井樫 彩 『私の窓』渡邊桃子

応募総数 483本 入選 20本

観客賞(東京)

『ヴァニタス』

監督:内山拓也

大学に入学した柴原は、伊藤、橘、永井という3人の男子生徒と体育館で出会い、友人になる。学校では一緒にいる4人だが、それ以外の関わりはなく、普段何をしているかはお互いに知らない。生活のため続けるバイト、怪しげな先輩を介した怪しげな仕事、誰にも言えない心の悩み、そうしたものが積み重なって4人は少しずつ離れていく。4年間の学生生活の終わりに、彼らを待ち受けているものとは。大学の校舎を通り抜けていくロングショットからつながる、天井が高く抜けのいい体育館。冒頭に描かれた空間は、解放的で自由というよりも、むしろどこか空々しく空虚な大学生活を象徴するように、作品全体を覆っている。

2016年/104分/カラー 英題:Vanitas
監督・脚本・編集:内山拓也
脚本:村山辰寛/撮影:満若勇咲/編集:井手内 創/録音:川本太郎/助監督:伊藤和馬/音響:中林純也/音楽:中林純也、芝軒千紘、大川隆一郎
出演:細川 岳、小川ゲン、YASU、野川雄大、伊藤公一、川瀬陽太、渋川清彦

劇場公開
海外映画祭
2017年 第41回香港国際映画祭 (香港)

【貸し出し対象作品】料金:15,000円(税別)/貸し出しフォーマット:ビデオ

『おーい、大石』

監督:菊沢将憲

平和活動に少しあきあきしていたキクザワが、荒川の橋の下で暮らしていたオオイシと再会する。彼らは、そこら辺の葉っぱの煙を吸って黄色い蝉と出会ったり、魚を釣ったり、劇をやったり、懐中電灯でシグナルを送り合ったりして過ごす。だが翌日オオイシは、タップを踏みながら川沿いの道の向こうに消えていく。なんだかまったく現実感のない川向こうのスカイツリーを前に、二人の男は夢のように曖昧な時間を過ごす。世界の平和、帰るべき場所、いなくなった友達。そんなあやふやなものたちすべてに向かって、明滅する懐中電灯のあやふやなメッセージを、彼らは必死に送っている。

2016年/26分/カラー 英題:Hey, Oishi
監督・脚本・撮影・編集・録音・音楽:菊沢将憲
出演:大石貴也、菊沢将憲、清原 惟

【貸し出し対象作品】料金:15,000円(税別)/貸し出しフォーマット:ビデオ

『回転(サイクリング)』

監督:山本 英

中田盛雄と藤井圭子の姉弟は、隣り合う一軒家に暮らしている。エアロバイクや賛美歌の練習、ゴルフの打ちっ放しをして散歩する、お互いの家を行き来して、一緒にご飯を食べる。それぞれに規則的に決まった日課をこなす日々。そんな単調な日々がある日そっくりそのまま入れ替わってしまったとしたら、彼らの生活はどう変化するのか。なにげない日々の日課をとらえた一見ドキュメンタリー風の映像が、ある地点で一変する。同じような繰り返しの中で生まれる決定的なズレ。どこかSFチックな時空の回転の向こう側で、被写体の本当の習性が滲み出る。

2016年/16分/カラー 英題:Cycling
監督・脚本・撮影・編集:山本 英
録音:山本理香子
出演:中田盛雄、藤井圭子、チーズ

劇場公開
海外映画祭
2017年 フレッシュウェーブ国際短編映画祭2017 (香港)

【貸し出し対象作品】料金:15,000円(税別)/貸し出しフォーマット:ビデオ

『傀儡』

監督:松本千晶

高校時代の恋人を謎の転落死で失った藤真。12年後、記者となった彼は「事故死で処理させれた未解決事件」として恋人の事故を記事にするよう上司から命じられる。調査のために彼女が住んでいた村を訪れた藤真は、当時容疑者として疑われていた男が彼女の遺族と共に暮らしているという、異様な光景を目にすることになる。タイトルバックのダムの空撮からすでに漲る不穏な空気。あたかも捜査を妨害するかのように非協力的な村人たち。ふと気づけば謎に包まれているのは過去だけではなく、悪夢のように歪んだ現在に、主人公も観客たちも包まれている。

2016年/77分/カラー 英題:Kairai(Marionettes)
監督・脚本・編集:松本千晶
撮影:杉本康貴/録音:亀井耶馬人/照明:古田恭大/演出部応援:石井 将/制作:望月ひかる
出演:木口健太、二階堂 智、石崎なつみ、戸田昌宏、烏丸せつこ、渋川清彦、谷川昭一朗、泉水美和子

【貸し出し対象作品】料金:15,000円(税別)/貸し出しフォーマット:ビデオ

『限界突破応援団』

監督:渡邉 聡

三年生と二年生がそれぞれ一人づつしかいない舞蹴高校応援団の今後の活動は三人の新入生にかかっている。だが肉体労働のバイトやバンドの練習で団の活動に参加しないくせ者ぞろい。しかし一年生の一人・シドウには、応援王と呼ばれ、応援団界に君臨する男・ジンクを越えるという野望があった。彼を中心に血の滲む特訓を重ねる応援団は、舞蹴高校野球部を勝利に導くことができるのか……?昭和の特撮への愛を感じさせるエフェクトと演出が生む、熱いストーリー。見る者の心を動かし、試合を左右する、日本一の応援を見届けろ!

2016年/30分/カラー 英題:Breakthrough Cheering Squad
監督・脚本・編集:渡邉 聡
撮影:角 洋介/録音:三好悠介/グラフィックデザイン:須藤史貴/美術:永島彩奈/照明:今岡宏朗
出演:小早川翔哉、岡本教生、高畠 聡、的野将幸、篠原美玖、阿高直毅、村上 遼、深見明日果

【貸し出し対象作品】料金:15,000円(税別)/貸し出しフォーマット:ビデオ

審査員特別賞

『シジフォスの地獄』

監督:伊藤 舜

ある朝、石井の勤める砂利選別作業所に新人がやってくる。まったく仕事が出来ない後輩をなんとか指導しながら、石井は辞めて行った先輩のことを思い出す。新人は初日の昼休みを待たず、会社の業務を混乱に陥れて逃走する。石井は彼を追いかけるが見失う。冬だというのに、セミが騒々しく鳴いている。砂利の大きさを手作業ではかり分別するという、不毛を絵に描いたような仕事は、もちろん現代における労働の隠喩である。その一方で砂利の手触りや背後で鳴り響く騒音は、奇妙な現実感を観客に突きつける。その石はかつてイルカとして太古の海を泳いでいたかもしれないのだ。

2016年/19分/カラー 英題:The Hell of Sisyphus
監督・脚本・撮影・編集:伊藤 舜
録音:安藤豪汰
出演:水野友博、神木政明、森 幸子、桑田明久

【貸し出し対象作品】料金:15,000円(税別)/貸し出しフォーマット:ビデオ

グランプリ

『食卓』

監督:小松 孝

年金生活を送る父・政夫と、ニートで詩人の息子・広志。彼らが暮らす一軒家では、食事も別々で、家族らしい交流もない。そこにネットの結婚相談所で政夫と知り合った寿美子が、妻として共に住むことになり、彼らの家族のかたちは変わっていく。酒を止めようとする政夫、三人が囲む食卓。だがそれが理想の家族生活であるわけでは決してなかった。タイトルにある食卓は、かつてそう思われていたような家族の団欒を提供する場所ではない。だが、「食べる卓」である役割から解放されてフライパンアートの置場となった食卓は、ちょっとだけ自由になれたようにも、見える。

2016年/47分/カラー 英題:OUT OF THE FRYING PAN
監督・脚本・撮影・編集・録音:小松 孝
出演:村田元生、信耕ヒロ子、渡部直也

劇場公開
海外映画祭
2017年 第35回バンクーバー国際映画祭 (カナダ)

【貸し出し対象作品】料金:15,000円(税別)/貸し出しフォーマット:ビデオ

『楽しい学校生活』

監督:前畑侑紀

チャイムが鳴り、休み時間が始まる。徐々に教室はざわつきはじめ、生徒たちはめいめいに自分の居場所に集まっていく。黒板の前に立つ女の子。誰かが誰かの誕生日を祝って歌っている。壁に書かれた落書きの文字が誰かを呪っている。机の上に綺麗に置かれた教科書とノート。そして私は机に落書きを始める。一人の女の子の視線で、学校の休み時間を切り取ったアニメーション。ほのぼのとしたタイトルとは裏腹に、一部しか焦点の合わない映像と歪んだ音響によって、ありふれたはずの光景が見たことない景色に変わる。当たり前の時間を生きることの、居心地の悪さ。

2016年/5分/カラー 英題:School is Fun
監督・脚本・撮影・編集・録音・出演:前畑侑紀

【貸し出し対象作品】料金:15,000円(税別)/貸し出しフォーマット:ビデオ

『ツケモノの子』

監督:阿部 平

たくあん大好き女、小梁川慧の食卓から突如たくあんが消えてしまう。食卓だけではない。慧以外の人々の記憶から、世界からたくあんが消えた。慧はたくあんの消えた世界でたくあんを探し求めるのであった。たくあんと出会った思い出の海を訪れ、たくあんによく似た漬物を買い占めても、たくあんは帰ってこない……。私が好きなのが、私を好きでいてくれるこの人だったらよかったのに。でも私が好きなあの人は私の前から消えてしまった……。どれだけ追い求めても叶えられることのない、そんなたくあんへの思いを描いた新感覚恋愛映画。

2016年/22分/カラー 英題:Takuan Girl
監督・脚本・撮影・編集・録音・BGM:阿部 平
助監督:高橋愛子/撮影:津村 弦、鈴木拓実/録音:高橋愛子、津村 弦、鈴木 拓実/主題歌:MANAMI
出演:支倉早紀、赤間太一、道脇 萌、小室 慶、杉山侑也、おじいちゃん

【貸し出し対象作品】料金:15,000円(税別)/貸し出しフォーマット:ビデオ

審査員特別賞

『溶ける』

監督:井樫 彩

田舎町に住む高校生・真子は、学校生活や友人関係のストレスを、密かに近所の川に飛び込むことで解消している。ある日、川に飛び込んだところを東京からやって来た従兄弟の孝太郎に見られてしまう。夏を一緒に過ごすことになった年上の従兄弟の存在、親友との微妙な関係、全然見えない将来のこと。ゆっくりと彼女の生活が変わっていく。人気のない自然は彼女にストレス解消の場を与えてくれるが、同時に田舎の生活の息苦しさが彼女を押し潰そうとする。否応なく近づいてくるが、拒否したい大人への入口。ここから出て行けば自由になれる?

2016年/45分/カラー 英題:Tokeru
監督・脚本:井樫 彩
撮影:髙野隼平/照明:仁藤 咲/録音:瀬能瑞生/編集:小林美優/助監督;水野 愛/プロデューサー:川村尚寛/美術:内田紫織/記録:髙橋茉莉菜/制作:阿久津祥乃/撮影助手:井野雅貴/照明助手:岩間瑠菜/録音助手:山本 睦、西岡竜希
出演:道田里羽、ウトユウマ、小山梨奈、速水今日子、坂本雅子、赤瀬一紀、増田優子、青木三奈

劇場公開
海外映画祭
2017年 第70回カンヌ映画祭
シネフォンダシオン部門
(フランス)

【貸し出し対象作品】料金:15,000円(税別)/貸し出しフォーマット:ビデオ

エンタテインメント賞(ホリプロ賞)、観客賞(京都)

『DRILL AND MESSY』

監督:吉川鮎太

大学の映像学科に通う雪緒は、女の体を様々な流動物で汚す様子を撮影している。ある日、彼は何気なく覗いた彫刻室で、一心不乱に石膏像を破壊している女・真衣と出会う。汚すことに美を見出す男と、壊すことで完成させる女。ふたりの芸術性と欲望は似ているのか、正反対なのか。一方、彼らの住む街では、通り魔が横行している……。女を汚したい男、男を壊したい女といういささか紋切り型めいた取り合わせだが、その二人が真正面から出会うことで発生する欲望のベクトルの変化がダイナミック。倒錯とはアクションである。

2016年/40分/カラー 英題:Drill and Messy
監督・脚本・編集:吉川鮎太
撮影:米倉 伸/録音:斎藤大貴、篠原茉莉
出演:佐々木詩音、吐山ゆん、劇団子供鉅人、西本マキ、新谷惇泰、中田凌輔

【貸し出し対象作品】料金:15,000円(税別)/貸し出しフォーマット:ビデオ

『波と共に』

監督:川添ビイラル

瀬戸内海に浮かぶ小さな島。丘の上のロッジを経営する美代子は、彼女の甥のケンジ、そしてミャンマーからやってきた青年アウンと三人で暮らしている。生まれ故郷の福島を離れ、この島に移り住んできた美代子。ミャンマーからの難民であるアウン。そして一緒に暮らしながらも、アウンに気を許すことができないケンジ。彼らの静かな生活。政治的な情勢から国を追われた者。災害による環境の悪化や、経済的な理由から住み慣れた土地を捨てた者。同じように故郷から遠く離れて暮らす彼らは、どこが似ていてどこが違うのだろうか。

2016年/26分/カラー 英題:With the Waves
監督・脚本・撮影・編集:川添ビイラル
録音:井辻悠輔、坂本幸太朗/照明:青木ありさ/アシスタント:稗田 梓、浅田絵美子
出演:尾崎 紅、川添ウスマン、中村 礼、正木かほ、井辻悠輔、稗田 梓、浅田絵美子

【貸し出し対象作品】料金:15,000円(税別)/貸し出しフォーマット:ビデオ

『人間のために』

監督:三浦 翔

授業でシュプレヒコールを叫んだ先生は大学を辞めさせられた。真相を知るべく、都市の中に先生を探す生徒たち。演劇部員の里子は過激な反政府活動に熱中している。部員たちが革命のためのリハーサルを行う中、里子は政府のお役人を殺してしまう。里子を裁くため演劇部員による裁判が行われる。現実の社会情勢とフィクション、ドキュメンタリーと演劇の狭間で、学生たちは都市を舞台に変えていく。政治と芸術が併走していた時代への憧れなのか、それともまったく新しい時代の幕開けなのか。彼らはあらかじめ失われた彼ら自身の言葉を、探し続ける。

2016年/62分/カラー 英題:For the Human Condition
監督:三浦 翔
撮影:宮崎 輝/音楽:上田由至/製作:兒崎汐美、窪田悠希、原山果歩、石原 桜、宇都広樹、平原麻奈美
出演:楠田ひかり、吉水佑奈、小野寺里穂、伊藤隼平、城 李門、秦 良介、三浦 翔、堤 正喜、廿楽龍太、山川咲子、本村宗一朗、孫 沢群、谷口亮介

【貸し出し対象作品】料金:15,000円(税別)/貸し出しフォーマット:ビデオ

『バット、フロム、トゥモロー』

監督:鈴木竜也

地方都市の大学生・生男は、ある日の試験中、同級生・兎美にカンニング行為を摘発される。留年が決定し、それまで通りのダラダラとした生活を続けていけなくなる生男。一方、生男を自宅に居候させている伸太は、兎美に密かな想いを抱いている。些細な掛け違いが、彼ら3人の生活を次第に大きく変えていく。無気力で惰性に満ちた学生生活は、ほんの些細な出来事で瓦解していく。運命を狂わされるのは主人公ただ一人では済まず、周囲の人間もその緩やかな崩壊に巻き込まれていく。それでもきっと、明日から、なんとかなるさ?

2016年/61分/カラー 英題:But,From,Tomorrow
監督・脚本・編集・音楽:鈴木竜也
撮影:福田健人/録音:松本 樹、松崎光博、宍戸健太、佐藤佑哉、佐藤安稀、木村 成、高橋大輝、尾野村有紀
出演:鹿野颯斗、木暮春奈、長谷川航平、佐々木 茜、志鎌和典、大森健太郎、黒田恵利、藤原さくら、八巻一則、鈴木咲耶香、畠山梨奈、鈴木竜也、前田寛人、児玉 希、鈴木敏枝

【貸し出し対象作品】料金:15,000円(税別)/貸し出しフォーマット:ビデオ

準グランプリ、ジェムストーン賞(日活賞)、日本映画ペンクラブ賞、観客賞(名古屋・福岡)

『花に嵐』

監督:岩切一空

大学入学後、誘われるがまま映画サークルに入った"僕"は、部室に置いてあったカメラを借りて映像日記を撮り始める。新しい環境の中、行く先々で"僕"の前に必ず現れる一人の女の子。新入生?上級生?なんとなく気になってしまう彼女に、"僕"は未完に終わった映画の続きを撮ってほしいと頼まれる。新しい環境で次々と出会う女性に振り回される、巻き込まれ型主人公。擬似ドキュメンタリーのような体裁をとりながらカメラを回し続ける"僕"は、次第にまだ存在しないフィクションの一部になっていく。

2016年/76分/カラー 英題:The Blooming
監督・脚本・撮影・編集:岩切一空
録音:石川領一
出演:岩切一空、里々花、小池ありさ、篠田 竜、半田美樹、不破 要、吉田憲明

劇場公開
海外映画祭
2017年 高雄フィルムアーカイブ「日本爆裂。獨立時代- PIA影展映畫大賞」 (台湾)

【貸し出し対象作品】料金:15,000円(税別)/貸し出しフォーマット:ビデオ

『福島桜紀行』

監督:鉾井 喬

桜前線に沿って福島県内を移動しながら、桜の咲く風景と桜に関わる人の声を記録した紀行ドキュメンタリー。福島県の桜は太平洋側から咲き始め、内陸部に向かい一ヶ月かけて県内を横断していく。なかなか復興の進まない避難区域、徐々に客を取り戻しつつある観光地、人気のない山奥。さまざまな環境でさまざまな桜が咲く。人の住まなくなった街でも、以前と同じように咲く桜。見事な桜を見るために手入れをかかさない人たち。単純な人間対自然の図式を越えたところで、季節を告げる毎年の営みが、人の住む里を渡っていく。

2016年/30分/カラー 英題:Traveling Fukushima with Cherry Blossoms
監督・撮影・編集:鉾井 喬
音楽:林 そよか/音楽録音:蓮尾美沙希/題字:松﨑龍翠/整音:高橋郁美
出演:原田雄一、星 光子、星 明正

【貸し出し対象作品】料金:15,000円(税別)/貸し出しフォーマット:ビデオ

審査員特別賞、映画ファン賞(ぴあ映画生活賞)、観客賞(神戸)

『また一緒に寝ようね』

監督:首藤 凜

会社員の南と、働きもせずに彼女に養われている彼氏・荻野。彼はある事件をきっかけに、天井にコウモリがびっしり張り付いているという幻覚を見るようになっていた。南は、彼の幻覚に付き合いながらも、高校時代からの知り合いである小西の家をひそかに度々訪れていた。同棲相手と高校時代の先輩との間の三角関係、というあらすじからは想像できない荒唐無稽な展開。恋愛とは、自分が相手をどう思うかや、相手にどう思われるかじゃない。どうすれば恋愛というファンタジーを誰かと共に信じることができるか、なのだ。

2016年/43分/カラー 英題:Let's Sleep Together Again
監督・脚本・編集:首藤 凜
撮影:渡邊雅紀/助監督:羽鳥 稜
出演:池田夏海、末次延蔵、小西耕一、水谷駿介、福島祥子、尾高和音

【貸し出し対象作品】料金:15,000円(税別)/貸し出しフォーマット:ビデオ

『もっけのさいわい』

監督:中泉裕矢

マンションの一室に暮らす夫婦、正史と加奈子は最近些細なことで喧嘩してばかり。ある日家の中でヤモリを見つけた加奈子は、玄関に清酒をお供えする。それが彼女の実家では「もっけのさいわい」を呼び込む儀式だったからだ。その後、一人の男が訪ねて来て、自分は「もっけのさいわい」であると名乗り、彼らの家に居座るようになる。擬人化された「もっけのさいわい」をめぐるほのぼのとしたファンタジー。大それた奇跡などではない、ほんの些細な幸運をめぐるストーリーだが、幸福なんて意外とそんなものなのかも。

2016年/45分/カラー 英題:Mokke no saiwai (Good Fortune from Mokke)
監督・編集:中泉裕矢
脚本:緒方健児/撮影:高瀬秀芳/録音:生見司織/整音:國分 玲/美術:大槻真子/制作:岩野文明
出演:緒方健児、志賀聖子、中野博文、遠藤恭葉、岡野優介

【貸し出し対象作品】料金:15,000円(税別)/貸し出しフォーマット:ビデオ

『山村てれび氏』

監督:阿部理沙

山村家にある1台のアナログテレビの名は山村てれび氏。てれび氏はある日、地デジ化の影響で捨てられる悪夢を見る。同じ日、長女・市子は一人暮らしを始めるために家を出て行った。最新型デジタル対応テレビに立場を奪われてしまったてれび氏だったが、山村家の愛犬の供養のために久しぶりに帰ってきた市子とともに、彼は最初で最後の旅に出ることになる。テレビが真ん中に置かれた茶の間、というどこにでもある家族の風景。それを覚えているのは家族たちだけなのではない。風景の真ん中にあったテレビもまた、彼らを見つめ返し、記憶していたのだ。

2016年/21分/カラー 英題:Mr.TV Yamamura
監督・脚本・編集:阿部理沙
撮影:小林万平/録音:茂木祐介/撮影助手:岩見周平/演出部:市原 悠、浅井一仁、大江悠太、中谷 宏、原田 淳
出演:merii、阿部俊介、阿部真理、阿部好文、阿部ベティ(犬)、家塚愛子、小林萌夏、野澤大地、石川多摩川

劇場公開
海外映画祭
2017年 フレッシュウェーブ国際短編映画祭2017 (台湾)

【貸し出し対象作品】料金:15,000円(税別)/貸し出しフォーマット:ビデオ

『私の窓』

監督:渡邊桃子

東京から長野に帰ってきた美岬は、床屋を営む祖父と暮らしはじめる。祖父から麻雀をならい、友達と会う。なんということもない彼女の生活のすぐそばには、いつもそこから街が見通せる床屋の大きな窓があった。そして美岬は、再び東京へ出ることに決めるのだが……。とりたてて劇的な事件はなにも起こらない41分間。中盤に差し挟まれる長野から東京への移動も、都会と地方の差をいたずらに大仰に強調することはなく、幼馴染の親友とのダンスも、公園で行う自転車の練習も、同じように身近にある愛おしい時間として積み重なっていく。

2016年/41分/カラー 英題:My Windows
監督・脚本・編集:渡邊桃子
撮影:七澤瑞希/録音:飯田碧衣
出演:北村美岬、渡辺 勇、宮下直也、松本沙羅、高橋由佳

【貸し出し対象作品】料金:15,000円(税別)/貸し出しフォーマット:ビデオ

ページ上部へ