第32回ぴあフィルムフェスティバル

JAPAN国際コンテンツフェスティバル

上映作品紹介

招待作品部門【福岡会場】

映画をつくること、観ることを一層面白くさせる、刺激的な作品をセレクトします。
東京で好評を博した企画をもとに、福岡のために新たに作品を加え再構成しました。

死なない子供、荒川修作

80分/2010年/カラー
監督:山岡信貴 音楽:渋谷慶一郎 製作:リタピクチャル
出演:荒川修作(コーデノロジスト)、佐治晴夫(宇宙物理学者)、天命反転住宅の居住者
ナレーション:浅野忠信

2005年に出現した極彩色の奇怪な建築物「三鷹天命反転住宅」。
ここに住むと身体の潜在能力が引き出され、人間は死ななくなるという。この建物を創り上げた荒川修作という男の言葉から浮かび上がってくる、あらゆる知性が想像しえなかった衝撃の生命論が明らかにされる。

福岡
11月4日(木)15:15~

『shikasha』

平林勇作品集 2002~2010

8作品/約120分
監督:平林 勇
【上映作品】『PENIS』『TEXTISM』『HELMUT』『ドロン』『17個の空間と1匹のウジ虫で構成された作品』『BABIN』『aramaki』『Shikasha』

並み居る国際映画祭の短編部門で最も注目される日本人作家平林勇監督作品を一挙に上映!監督自身のセレクトによる、唖然呆然の力作8本を通し、今、何が世界で求められるのか、何に力を注ぐべきかが見えてくる。

福岡
11月5日(金)14:00~

『頭山』 © Yamamura Animation

山村浩二・短編アニメーションの世界

全8作品/約70分
監督:山村浩二
【上映作品】『水棲』『ひゃっかずかん』『バベルの本』『頭山』『Fig』『年をとった鰐』『こどもの形而上学』『カフカ 田舎医者』

短編アニメーションの世界的巨匠、山村浩二監督の作品を、監督自らが選んで一挙に上映する贅沢なプログラムが実現!87年から2007年まで、20年の歴史が堪能できるめったにないチャンスです。

協力:ヤマムラアニメーション、松竹

福岡
11月6日(土)12:45~

『失われた古代文明』

ワンピース2010・夏コレクション

10作品/約60分
監督:鈴木卓爾、矢口史靖
出演:田中要次、唯野未歩子、森下能幸、寺十 吾、宇野祥平、猫田 直、塩野谷恵子 他

1つの場面をワンカットで、カメラを動かさずに撮影する。その上編集・アフレコも一切しない、というミニマムな作業量で作り上げられた短編作品群、『ワンピース』。ある映画のワンシーンとして作られるエチュードではなく、1つの物語として完成されています。
この至難の条件に15年以上取り組み続けているのは、鈴木卓爾(『ゲゲゲの女房』他)、矢口史靖(『ウォーターボーイズ』他)両監督。
限られた空間、時間、手法の中で生まれる大胆な発想に、「やられた!」と手を叩いてしまうこと間違いなし!
“物語を構築する力”を見せ付けられる全10作品をお届けします。

福岡
11月6日(土)14:30~

※やむを得ない事情により、来場ゲストが変更になる場合がございます。

PFF前夜祭特別上映
PFFアワード2010
PFFスカラシップ
招待作品部門

若松孝二特集

日本映画新作プレミア

イ・サンウ特集

ジョン・カサヴェテス特集

短編スペシャル

招待作品部門【京都会場】
招待作品部門【福岡会場】
招待作品部門【神戸会場】
招待作品部門【名古屋会場】
ぴあ TBS 公益財団法人ユニジャパン 東京国立近代美術館フィルムセンター ホリプロ 文化庁 社団法人日本映画製作者連盟 NPO法人映像産業振興機構(VIPO) 協同組合日本映画監督協会 セガサミーグループ 財団法人 本庄国際リサーチパーク研究推進機構 ポスト・イット 早稲田大学