第31回ぴあフィルムフェスティバル

JAPAN国際コンテンツフェスティバル

上映作品紹介

  1. ホーム
  2. 上映作品紹介
  3. 名古屋会場 招待作品部門

名古屋会場

招待作品部門 大島渚講座

1960~70年代、日本のみならず、世界の映画人は皆“オオシマ”を意識しながら映画をつくっていた。あらゆる映画づくりが行き詰まりを感じる今、現在こそ、そのオリジナルな力に迫らんと企画された大島渚講座。
第一線で活躍中の映画監督たちが、大島作品の凄さを解説するということの面白さに、東京会場で大きな反響を呼んだこの企画を、名古屋では2講座展開します。

協力:東京国立近代美術館フィルムセンター

大島渚

1932年京都府出身。
59年、『愛と希望の街(原題:鳩を売る少年)』で監督デビュー。『絞死刑』(68年)『少年』(69年)『儀式』(71年)など政治的考察を力強く投影した異色作を連発。国際的な注目を浴びる。代表作に、『愛のコリーダ』(76年)、『戦場のメリークリスマス』(83年)、『御法度』(99年)など。

『帰って来たヨッパライ』
※カラーでの上映です。

『帰って来たヨッパライ』講座 講師:一尾直樹(映画監督)

映画化権争奪戦となった超ヒット曲「帰ってきたヨッパライ」の作者フォーク・クルセダーズに「大島渚しかいない」と請われ始まったナンセンス・コメディ。日本海沿いの街を旅する気楽な大学生3人が韓国からの亡命軍人たちに命を狙われ逃げ続ける。時間と空間のポップセンス炸裂。

上映作品:『帰って来たヨッパライ』

1968年/80分/カラー 出演:フォーク・クルセダーズ(加藤和彦、北山 修、端田宣彦)、佐藤 慶、車大善、渡辺文雄、緑 魔子、殿山泰司、小松方正、戸浦六宏

名古屋
11月27日(金) 14:15

『新宿泥棒日記』
※パートカラーでの上映です。

『新宿泥棒日記』講座 講師:一尾直樹(映画監督)

当時の最先端都市新宿に、多彩なカリスマたちを被写体として置き、時代の「アングラ」な熱気を切り取ろうとした意欲作。ドキュメントとフィクションの融合は、素人とプロの俳優の拮抗とも重なり、他に類をみないワンダーランドの現出を成功させた、ポップ&アートな一作。

上映作品:『新宿泥棒日記』

1969年/94分/白黒・パートカラー 出演:横尾忠則、横山リエ、田辺茂一、高橋 鐵、佐藤 慶、渡辺文雄、戸浦六宏、唐 十郎、四谷シモン、若林美宏、状況劇場の人々(麿 赤兒、大久保 鷹、不破万作、九頭 登、藤原マキ、李 礼仙)

名古屋
11月27日(金) 16:30
一尾直樹(映画監督)
1965年三重県出身。名古屋大学に入学し、なんとなく映画研究会に入部。8ミリフィルムで撮影した作品を「映画」と呼び、そこに写っている女子学生を「女優」と呼ぶ「自主製作映画」の世界に衝撃を受け、卒業後も名古屋と自主映画から離れられなくなる。ラジオドラマ脚本や演劇などにも浮気しつつ、2000年、当時非常勤講師として勤めていた専門学校名古屋ビジュアルアーツ(NVA)の協力で『溺れる人』(主演/片岡礼子・塚本晋也)を製作。PFFやプサン、バンクーバー他の国際映画祭に招待され好評を博する。今夏クランクアップした6年越しの新作にも、NVAの卒業生が多数参加した。現在は愛知淑徳大学で映画ゼミを担当。大島 渚に目覚めたのは『戦場のメリークリスマス』('83年)からではなく、なぜか『マックス・モン・アムール』('87年)から。その後、名古屋シネマテークやシネマスコーレでの回顧上映で60,70年代の「とんでもない」大島作品に出会う。

招待作品部門 第19回PFFスカラシップ

1984年に始まったPFFの育成プログラム「PFFスカラシップ」。
コンペティション部門「PFFアワード」の入賞者によるオリジナル1作品を、PFFがトータルプロデュースする最新作です。

川の底からこんにちは

2009年/35ミリ/112分/カラー
監督・脚本:石井裕也 出演:満島ひかり、遠藤 雅、相原綺羅、志賀廣太郎、岩松 了
PFFパートナーズ[ぴあ、TBS、TOKYO FM、IMAGICA、エイベックス・エンタテインメント、USEN]提携作品 特別協賛:コダック株式会社 助成:文化芸術振興費補助金

上京5年目、5つの職場で、5人目の彼氏、健一とその連れ子、加代子と悶々とした日々を送る佐和子。しじみ加工会社を営んでいる父、忠男が病に倒れたとの連絡を受け、仕事を辞め、実家に戻る決心をした佐和子だが…。
佐和子を演じるのは『愛のむきだし』で強い印象を残した満島ひかり。彼女を中心に、さまざまな年代の登場人物たちが自分勝手にわがままに、しかし一所懸命に生き抜く姿を活写する、人間味溢れる群像劇が誕生した。

名古屋
11月27日(金) 19:00
石井裕也

1983年生まれ。
日本大学大学院芸術学研究科映像芸術専攻修士課程修了。PFFアワード2007にて『剥き出しにっぽん』がグランプリを受賞。海外では香港アジア・フィルム・アワード第1回「エドワード・ヤン記念」アジア新人監督大賞を受賞。その後、第19回PFFスカラシップ企画コンペにて権利を獲得。

ぴあ TBS IMAGICA 財団法人 本庄国際リサーチパーク研究推進機構 江原道 早稲田大学 芸術文化振興基金 経済産業省 NPO法人映像産業振興機構(VIPO) 社団法人日本映画製作者連盟 財団法人日本映像国際振興協会 協同組合日本映画監督協会 独立行政法人国際交流基金 デジタルde「みんなのムービー」Project ヒューマントラストグループ