第31回ぴあフィルムフェスティバル

JAPAN国際コンテンツフェスティバル

上映作品紹介

  1. ホーム
  2. 上映作品紹介
  3. 神戸会場 招待作品部門

神戸会場

招待作品部門 イーストウッド!

東京で好評を博した招待作品企画「イーストウッド!~映画監督クリント・イーストウッド誕生~」。
PFFin神戸では、残念ながら映画監督デビュー前後作品の上映は出来ませんが、名匠と呼ばれるようになった近年の作品から、もっとも観客を幸せな気分に導く『スペースカウボーイ』を上映します。イーストウッドの卓越した映画技術を堪能してください。

協力:ワーナー ブラザース映画

クリント・イーストウッド

1930年5月31日サンフランシスコに生まれる。
兵役中に映画の仕事に興味を持ち、54年ユニヴァーサル・スタジオのスクリーンテストに合格し俳優契約。2年間で7本の映画に端役出演後契約解除。その後もアルバイトをしながらRKO映画やテレビの出演を続け、59年テレビシリーズ「ローハイド」の準主役ロディ・イェーツ役に抜擢され人気を不動のものにする。64年、主演に招かれたイタリア+スペイン+西ドイツ合作西部劇「荒野の用心棒」がヨーロッパで大ヒット。暫くイタリアでの主演を続ける。67年自身の製作会社「マルパソ」設立。以後、映画を中心とした活躍を続け、当たり役「ダーティハリー」(71年)でアメリカNo.1マネーメイキングスターとなる。その後も様々な挑戦を続け、現在まで53本の主演や監督作品をヒットさせてきた稀有な巨匠。

※カラーでの上映です。

製作+監督+主演

スペース カウボーイ

SPACE COWBOYS 2000年/130分/カラー/日本語字幕付
出演:トミー・リー・ジョーンズ、ドナルド・サザーランド、ジェームズ・ガーナー、ジェームズ・クロムウェル

宇宙への夢を屈辱的に断たれた「チーム・ダイダロス」は40年後に思わぬチャンスに遭遇する。旧ソ連の巨大な通信衛星墜落の危機。それを止められるのは彼らだけだ!孤独なダーティ・ヒーローを演じ続けたイーストウッドが、21世紀を迎えのびのびと撮りあげた“チーム”の物語。

神戸
11月27日(金) 14:00

招待作品部門 祝・新作公開 園子温+鈴木卓爾

園 子温監督『ちゃんと伝える』と、鈴木卓爾監督『私は猫ストーカー』の神戸公開を祝して、2監督のPFF入選作品を特別上映します。80年代末、浜松の自主映画サークル「シネマ・ヴァリエテ」を取り巻く才人のひとり鈴木監督と、後に、彼らとの縁も深まる園監督は、奇しくもどちらも自分にカメラを向ける作品で鮮烈な印象を残します。
今回の上映は、貴重な8ミリフィルムです。時代の勢いを感じてください。

※カラーでの上映です。

1986年・第9回ぴあフィルムフェスティバル入選

俺は園子温だ!!

1984年/32分/カラー 製作・監督・脚本・撮影・出演:園 子温 出演:中川ろここ、大岡一生

カメラに向かい、作者が今日の日記をつけるように喋りだす。静かな日々の記録が綴られていくのかという観客の予測は次々と裏切られ、最後に……自己の存在証明を過激に追及しながら同時に映画の存在そのものにも鋭く迫ろうとする園子温は、80年代の寺山修司とも呼ばれた。

※カラーでの上映です。

1988年・第11回ぴあフィルムフェスティバル審査員特別賞

にじ

1988年/70分/カラー 製作・監督・撮影・出演:鈴木卓爾

部屋の中、授業中の教室、旅先、どこにいても、作者の顔がカメラに語りかける。そして、ノコギリのようにバイオリンを弾くじーじとの出会い。カメラとじーじが向き合ったとき珠玉の時間が現出する。(この年からPFFは、コンペティション形式となり「入選」のみではなく賞も設けられる)

神戸
11月27日(金) 16:30

招待作品部門 第19回PFFスカラシップ

1984年に始まったPFFの育成プログラム「PFFスカラシップ」。
コンペティション部門「PFFアワード」の入賞者によるオリジナル1作品を、PFFがトータルプロデュースする最新作です。

川の底からこんにちは

2009年/35ミリ/112分/カラー
監督・脚本:石井裕也 出演:満島ひかり、遠藤 雅、相原綺羅、志賀廣太郎、岩松 了
PFFパートナーズ[ぴあ、TBS、TOKYO FM、IMAGICA、エイベックス・エンタテインメント、USEN]提携作品 特別協賛:コダック株式会社 助成:文化芸術振興費補助金

上京5年目、5つの職場で、5人目の彼氏、健一とその連れ子、加代子と悶々とした日々を送る佐和子。しじみ加工会社を営んでいる父、忠男が病に倒れたとの連絡を受け、仕事を辞め、実家に戻る決心をした佐和子だが…。
佐和子を演じるのは『愛のむきだし』で強い印象を残した満島ひかり。彼女を中心に、さまざまな年代の登場人物たちが自分勝手にわがままに、しかし一所懸命に生き抜く姿を活写する、人間味溢れる群像劇が誕生した。

神戸
11月27日(金) 19:00
石井裕也

1983年生まれ。
日本大学大学院芸術学研究科映像芸術専攻修士課程修了。PFFアワード2007にて『剥き出しにっぽん』がグランプリを受賞。海外では香港アジア・フィルム・アワード第1回「エドワード・ヤン記念」アジア新人監督大賞を受賞。その後、第19回PFFスカラシップ企画コンペにて権利を獲得。

ぴあ TBS IMAGICA 財団法人 本庄国際リサーチパーク研究推進機構 江原道 早稲田大学 芸術文化振興基金 経済産業省 NPO法人映像産業振興機構(VIPO) 社団法人日本映画製作者連盟 財団法人日本映像国際振興協会 協同組合日本映画監督協会 独立行政法人国際交流基金 デジタルde「みんなのムービー」Project ヒューマントラストグループ