PFF
HOME
第25回 ぴあフィルムフェスティバル | 東京 | 仙台 | 名古屋 | 大阪 | 神戸 | 福岡 | 大分 | 
コンペティション部門
「PFFアワード2003」
第13回PFFスカラシップ作品
「バーバー吉野」
PFFスカラシップ作品
劇場公開記念
「他、3本。」
「青〜chong〜」
最新日本映画連続上映
発見!TVからの新作家
〜NONFIXトーク〜
25周年記念特別企画
巨匠たちのファーストステップ
韓国人気監督の
ファーストステップ
WORLD NOW
〜世界が見える傑作
 ドキュメンタリー〜
特別協賛企画
TOPPAN PRESENTS
「デジタル映像の未来を探る」
タイムテーブル&チケット
アクセス
デイリーレポート
  PFF TOKYO  
     
 
発見!テレビからの新作家
7/17(木) 3:30pm 「在日親子 〜日本で生きるということ」「在日親子 〜俺たち在日3世、旅立ちの時」
7/17(木) 7:00pm 「一億総個性化計画」「今おまえに伝えたいこと」
7/18(金) 3:30pm 「異色漫画誌33年の軌跡 〜ガロの時代を読む」「僕の好きな秋の色」
7/18(金) 7:00pm 「在日ボクサー徳山昌守 〜Korea Is One」「犬を飼う」
テーマも手法も“固定しない”というフジテレビの深夜ドキュメンタリー番組「NONFIX」。
ディレクターたちが、各々やりたい企画を持ち込み自由に制作できるという番組だけあって、
「ディスタンス」の是枝裕和監督や「A」の森達也監督も、この番組で腕を磨いたという。
そんな「NONFIX」の作品群から秀作を2本ずつ上映し、テレビから飛び出す才能をいち早く紹介!
また、各作品の作り手と著名クリエイターによる対談も行なう。
「NONFIX」公式ホームページ http://www.fujitv.co.jp/jp/nonfix/

「在日親子 〜日本で生きるということ〜」
「在日親子 〜俺たち在日3世、旅立ちの時〜」
7月17日(木) 3:30pm〜
井ノ川 泉ディレクター、郭正勳(「在日親子」出演)によるトークあり。
トークテーマ:「取材する人、される人」
「在日親子 〜日本で生きるということ〜」
2001年度作品
ディレクター:井ノ川 泉 プロデューサー:田野 稔
(制作:グループ現代)

川崎市に住む在日2世の父母とその子供達の姿を通して、家族とは何か、これからの在日はどう生きていくのかを探っていく力作。
「在日親子 〜日本で生きるということ〜」
「在日親子 〜俺たち在日3世、旅立ちの時〜」
2003年度作品
ディレクター:井ノ川 泉 プロデューサー:田野 稔
(制作:グループ現代)

在日コリアン家族の2年後を追う。ワールドカップ開催や拉致問題等、社会状況の変化の中、特に3世である息子達の成長を見つめる。
「在日親子 〜俺たち在日3世、旅立ちの時〜」
井ノ川 泉ディレクター 井ノ川 泉 プロフィール

新潟大学教育学部小学校教員養成課程 卒業
1991年 (株)グループ現代入社 ADを経てNHKBSのドキュメンタリー番組など演出、1996年退社。退社後、様々なアルバイトをしながらフリーター生活。2000年「在日親子」でディレクターとして復帰。

<ディレクター作品>
1993年 朝日ニュースター フリーゾーン2000「中国人強制連行 花岡事件」
1995年 NHK BSスペシャル「産む・産まない 35歳 私の選択」
1996年 NHK BSスペシャル「日本への遺言 〜20世紀の生き証人 加藤シヅエ〜」
2001年 フジテレビ NONFIX「在日親子〜日本で生きるということ〜」
2003年 フジテレビ NONFIX「在日親子〜俺たち在日3世旅立ちの時〜」
「一億総個性化計画」
「今おまえに伝えたいこと」
7月17日(木) 7:00pm〜
是枝裕和(映画監督)、金光修(BSフジ編成局長)によるトークあり。
トークテーマ:「NONFIXとは」
「一億総個性化計画」
2001年度作品
ディレクター:佐野達也 プロデューサー:仁木啓介
(制作:テレビマンユニオン)

1989年、新学習指導要領実施。そして個性の名の下に失われたモノ、増えたモノ。一億総個性化計画10年間の軌跡。
「一億総個性化計画」
佐野達也ディレクター 佐野達也 プロフィール

1974年、京都生まれ。1999年にテレビマンユニオンに参加。「世界ふしぎ発見」などのアシスタントを経て2001年、NONFIXでディレクターデビュー。現在は「世界ウルルン滞在期」を制作している。
「今おまえに伝えたいこと」
2003年度作品
ディレクター:野溝友也 プロデューサー:仁木啓介
(制作:テレビマンユニオン)

日本経済を支えてきた父が家族の前から姿を消す。家族とは何なのか?実父の失踪をTVディレクターとなった息子が“取材”する。
「今おまえに伝えたいこと」
野溝友也ディレクター 野溝友也 プロフィール

1972年、長野県伊那市出身。テレビマンユニオン、フジテレビなどでフリーのアシスタント・ディレクターとなる。2001年よりテレビ朝日『グレートマザー物語』のディレクター。「大林宣彦編」「井上康生編」などを担当し現在に至る。
「異色漫画誌33年の軌跡〜ガロの時代を読む」
「僕の好きな秋の色」
7月18日(金) 3:30pm〜
重村 一(スカイパーフェクト・コミュニケーションズ代表取締役社長)によるトークあり。
トークテーマ:「メディア新時代のドキュメンタリー」
「異色漫画誌33年の軌跡〜ガロの時代を読む」
1997年度作品
ディレクター:原 佳弘
出演:鈴木砂羽、竹中直人、糸井重里、蛭子能収、田口トモロヲ
(制作:ホリプロ)

1964年に創刊し漫画界に一石を投じたガロの廃刊に至る軌跡を、関わった人々の証言をもとにたどる。ガロの存在意義とは?
「異色漫画誌33年の軌跡〜ガロの時代を読む」
  原 佳弘 プロフィール

1963年 福島県会津若松市出身

〜過去5年間に演出したNONFIX〜
 1997年 「ガロの時代を読む 異色漫画誌33年の軌跡」
 1998年 「ピンク四天王 Hと哲学の交錯」
 1999年 「古本屋のおやじ 此処ハ人神保町」 (ATP賞2000優秀賞受賞)
 2000年 「キャンパスの記憶 絵画の森の探偵たち」
「僕の好きな秋の色」
1997年度作品
ディレクター:仁木啓介 プロデューサー:大森裕子
(制作:テレビマンユニオン)

自分自身も色盲であるディレクターが、色盲差別の現実を訴える。同時に色彩豊かな映像が、テーマとの見事なコントラストを描く。
「僕の好きな秋の色」
仁木啓介ディレクター 仁木啓介 プロフィール

1967年、兵庫県出身。番組制作会社、フリーランスを経てテレビマンユニオンに参加。ディレクター作品は「世界ウルルン滞在記」(MBS)「情熱大陸・冨永愛」(MBS)「時空警察捜査一課」(日本テレビ)など。現在はプロデュースも兼務。
「在日ボクサー徳山昌守 〜Korea Is One〜」
「犬を飼う」
7月18日(金) 7:00pm〜
小坂宗生ディレクター、原 佳弘ディレクター、仁木啓介ディレクターによるトークあり。
トークテーマ:「テレビドキュメンタリーで僕らが目指すこと」
「在日ボクサー徳山昌守 〜Korea Is One〜」
「在日ボクサー −徳山昌守− Korea Is One」
2001年度作品
ディレクター:小坂宗生 プロデューサー:中島常人
(制作:共同テレビ)

世界チャンピオンの徳山は在日朝鮮人3世。揺れ動く朝鮮半島情勢を背景に、在日韓国籍の婚約者を心の支えとして闘う彼の姿を活写。
「在日ボクサー徳山昌守 〜Korea Is One〜」
小坂宗生ディレクター 小坂宗生 プロフィール

1972年生まれ 東京都大田区出身
共同テレビジョン所属

作品歴
『土曜SPマグロ大特集』『スポーツ感動列伝2001』『おはよう茨城』『FEVER!』『皇室ご一家SP愛子さま密着500日』など
「犬を飼う」
1999年度作品
ディレクター:池田雅之 プロデューサー:岸善幸
(制作:テレビマンユニオン)

死にゆく老犬と、限界まで生かそうする飼い主である老夫婦の老犬介護生活記録。犬を飼うということの本質に迫る感動作。
「犬を飼う」
池田雅之ディレクター 池田雅之 プロフィール

1970年、福島県出身。番組制作会社、日本テレビなどのAD・取材ディレクターを経てテレビマンユニオンに。ディレクター作品は「NON-TV」(TBS)「ザ・ノンフィクション」(CX)など。
 
     
   
※「ぴあフィルムフェスティバル 公式ホームページ」は、一部Flashを使用しています。
Macromedia FlashPlayerをお持ちでない場合は、上のアイコンよりダウンロードしてお楽しみください。