1. ホーム
  2. 最新情報
  3. SHIBUYA TSUTAYAのPFFコーナー新展開!橋口亮輔監督&鶴岡慧子監督がセレクト

最新情報RSS

2015/08/25

SHIBUYA TSUTAYAのPFFコーナー新展開!橋口亮輔監督&鶴岡慧子監督がセレクト

tsutaya0825.jpgSHIBUYA TSUTAYA 4F PFFコーナーは、本日よりリニューアルしました。
「なんだこの撮影は!」と驚嘆した作品をご紹介する<撮影>に特化したシリーズ第5弾。

今回は、言葉を越える"画"をテーマに、2人の監督が20作品を選びました。
『ぐるりのこと。』から7年、オリジナル脚本による待望の最新作『恋人たち』が11月に公開を控える橋口亮輔監督と「PFFアワード2012」でグランプリを獲得した『くじらのまち』がベルリン国際映画祭ほか世界10ヵ国以上で上映され、劇場デビュー作『過ぐる日のやまねこ』が9月19日から公開の新鋭・鶴岡慧子監督です。

監督たちが憧れる撮影方法、圧巻のシーンを惜しみなく紹介くださいました。
ぜひPFFコーナーで作品をチェックして、お気に入りの一本に出会ってください。


◎橋口亮輔監督
1962年長崎県出身。『夕辺の秘密』が「PFFアワード1989」にてグランプリを受賞。第6回PFFスカラシップ作品『二十歳の微熱』(92年)は劇場記録を塗り替える大ヒット。01年『ハッシュ!』は65カ国以上で公開される。『ぐるりのこと。』(08年)では、今や日本の映画界には欠かせない俳優の一人となったリリー・フランキーに新人賞をもたらした。『恋人たち』が7年ぶりの長編となる。

『恋人たち』
11月、テアトル新宿ほか全国ロードショー
公式サイト


◎鶴岡慧子監督
1988年長野県出身。立教大学現代心理学部映像身体学科在学中、卒業制作としてつくった初長編監督作品『くじらのまち』が「PFFアワード2012」でグランプリを受賞。その後、東京藝術大学大学院映像研究科映画専攻監督領域に進み、長編2作目となる『はつ恋』がバンクーバー国際映画祭ドラゴン&タイガーアワードにノミネートされる。最新作『過ぐる日のやまねこ』は第23回PFFスカラシップ作品。


第23回PFFスカラシップ作品
『過ぐる日のやまねこ』
9月19日(土)より渋谷ユーロスペースほか全国ロードショー
公式サイト


SHIBUYA TSUTAYA
渋谷駅より徒歩1分。渋谷スクランブル交差点正面。
TEL:03-5459-2000
営業時間:朝10:00~深夜02:00(全館)
(映画前売り券販売は、23:00まで)
「SHIBUYA TSUTAYA映像フtwiロア」tterアカウント

ページ上部へ