1. ホーム
  2. PFFディレクターBLOG
  3. シネマヴェーラで足立正生特集が

PFFディレクターBLOGRSS

2010/05/31 19:40:55

シネマヴェーラで足立正生特集が

adachi.jpgチラシ完成が明日に迫り、ただいま発送や配布の準備に追われるPFF事務局です。
6/19(土)~7/9(金)に、渋谷シネマヴェーラで足立正生特集「足立正生の宇宙」が開催されます。
http://www.cinemavera.com/index.html

全19作品でラインナップされたこの特集は、日大映研時代の貴重な自主映画も含め、足立正生監督作品を中心に構成されていますが、足立正生脚本&若松孝二監督作品も5作品上映されます。『日本暴行暗黒史 異常者の血』『性犯罪』『ゆけゆけ二度目の処女』『新宿マッド』『性輪廻 死にたい女』です。
みたい。

また、PFFで上映する『胎児が密猟する時』にも登場する主人公丸木戸定男が活躍する「性教育ピンク映画」シリーズ3本『堕胎』『避妊革命』『性地帯(セックスゾーン)』もあり、1960年代後半のむちゃくちゃでアナーキーな若松プロの熱が伝わる特集でもあります。
そんなわけで、PFFからのDMにも、足立特集のチラシを同封する計画浮上中です。こんなに沢山通ったら、夏のPFFまでに皆様の映画貯金が尽きるのでは・・・と心配でもありますが、お伝えしてみました。
この特集チラシ、なかなかにきっぱりと「革命」なデザインで、映画のスチル使用ゼロなところが、非常に面白いです。

PFFスカラシップ作品『家族X』はクランクアップして、皆様精算に追われています。PFFは、明日からカタログ制作に入ります。こうして、新たなステップに入る6月のPFF事務局です。
これから、ゲストの追加情報や、短編スペシャルでの上映作品情報など、公式サイトでアップしていきます。また、ここでも詳しい作品情報をお伝えします。


プロフィール

PFFディレクター
荒木啓子 Keiko Araki

雑誌編集、イベント企画、劇場映画やTVドラマの製作・宣伝などの仕事を経て、1990年より映画祭に携わる。1992年、PFFディレクターに就任。PFF全国開催への拡大や、PFFスカラシップのレギュラー化、海外への自主製作映画の紹介に尽力。国内外で映画による交流を図っている。

最新記事

アーカイブ

ページ上部へ